【台湾】隅々まで楽しめる「中正紀念堂」の見どころは?

台湾のガイドブックによく載っている「中正紀念堂」ですが、見どころは景色だけではないんです。広大な敷地には楽しめるポイントがたくさん!今回は「中正紀念堂」の見どころをご紹介します。

台湾を代表するスポット「中正紀念堂」

台湾を代表するスポット「中正紀念堂」

image by iStockphoto / 36284376

「中正紀念堂」は台湾を代表する観光スポットで、特に休日には観光客だけでなく、地元の人々がたくさん集まり、ピクニックをしたり運動をしたりして過ごしている憩いの場所となっています。
また、中正紀念堂の周辺には228和平公園や総統府などの観光スポットも密集しているので街歩きの拠点にも最適な場所です。

image by iStockphoto

「中正紀念堂」は台湾の歴史を象徴する場所

「中正紀念堂」は台湾の歴史を象徴する場所

image by iStockphoto

中正紀念堂の「中正」というのは中華民国の初代総統だった「蒋介石」の本名を指していて、中正紀念堂は1975年に亡くなった蒋介石への哀悼の意味を込めて建てられた紀念堂です。

正面中央にある白くて大きな本堂には蒋介石の像が設置されており、内部には台湾国旗や、蒋介石の遺品や功績を紹介する展示室、資料館などが開放されています。

image by iStockphoto








中正紀念堂の住所・アクセスや営業時間など

名称 中正紀念堂
住所 No. 21, Zhongshan S Rd, Zhongzheng District, Taipei City, 台湾 100
営業時間・開場時間 9:00−18:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.cksmh.gov.tw/jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

中正紀念堂のスポットページ

本堂のほかにも見どころはたくさん

本堂のほかにも見どころはたくさん

image by iStockphoto

中正紀念堂は非常に広大な敷地となっています。
本堂のほかに、国家の音楽ホールとオペラハウス、広場や庭園、池、運動コーナー、ギャラリー、お土産コーナー、図書館などが併設されているので、観光スポットであり、市民の憩いの場でもある、広く利用される場所になっているんです。
また、ここは中華民国の総統だった蒋介石を追悼する場所だということで、建物の随所に中華的なテイストを感じることが出来るスポットでもあります。

image by iStockphoto / 56453568

見どころはなんといっても衛兵交代式

見どころはなんといっても衛兵交代式

image by iStockphoto

本堂での一番の見どころといえばなんといっても衛兵交代式ではないでしょうか。
本堂の蒋介石像を警護している衛兵さんは、毎日9時から17時まで勤務していて、1時間ごとに交代式を行います。
ここの衛兵さんはイケメンが多いという噂があり、微動だにしない姿は非常にかっこいいですよ!
次のページを読む >>