【タイ】パタヤ観光ならここ!グルメ・ショッピング、地元で人気のレストランも一挙に紹介

9.パタヤで食べたい!タイ料理

パタヤはタイ料理の屋台やレストラン、ファストフード等グルメも充実しています。
今回はタイ通の友達に紹介された、地元の人が行くシーフードレストランやお洒落なタイ料理レストラン等に行ってきました。

9-1.地元民がおすすめするシーフードレストラン「ムンアロイ ナクルア」

107862:9-1.地元民がおすすめするシーフードレストラン「ムンアロイ ナクルア」

撮影/橋詰真紀

海沿いのパタヤではやっぱりシーフードは欠かせません。
でもセントラルエリアのシーフードレストランは観光客も多いせいか、金額も結構お高めなんですって。
やっぱり観光客向けよりも、パタヤの地元の人が行くレストランに行ってみたいものですよね。

というわけで地元民に人気の「ムンアロイ」に行きました。
とにかくここはいつもパタヤの人でいっぱいの人気レストランなので、この日も予約をして出かけました。

107861:

撮影/橋詰真紀

このお店の何が凄いって、店自体が海の上に建っているんです。
写真で見て頂くと一見ガラス窓がありそうなんですが、実はすぐ目の前が海という完全なオープンエア。
気を付けないと海に落ちちゃう?!という感じですが、ロケーションはバッチリです。
107860:

撮影/橋詰真紀

そんな素敵なロケーションの中で飲むビールはもちろん最高!パタヤは暑いから、ビールもいっぱい飲めちゃいますね。
107859:

撮影/橋詰真紀

実は私、タイ料理の中で苦手な料理があったんです。
それは「トムヤンクン」だって前に食べた時、なんていうか酸っぱくて辛いっていうか。
でもせっかくタイに来たならば本場のトムヤンクンにチャレンジ!
107990:

撮影/橋詰真紀

一口食べると「めちゃめちゃ、ウマーーーー!」あれれ?ココナッツミルクが入っているせいか、クリーミーで酸味も少なめ、エビの旨味も凝縮されてる。
しかもあんまり辛くなくて、おいしーーー。
ちょっとびっくりするぐらいトムヤンクンの見解が変わりました。
107857:

撮影/橋詰真紀

大好きなカニ。
さっきまで水槽に泳いでいた新鮮なカニの炒め物。
ちょこっとパクチー風味。
そりゃもうおいしいですわ。
107858:

撮影/橋詰真紀

もちろんカニやエビもお腹いっぱい頂きました。
こちらはタイ通の友達と一緒に3人で行って5,000バーツ(約17,500円)あれれ?思ってたよりいいお値段。

ビールも3人でいっぱい飲んだのと、どうやらカニが5,000円ぐらいしたみたいで、少し予算オーバーだったかも。
でもカニ以外はお手頃価格なので、通常ならば一人3,000~4,000円程度で十分楽しめるそうですよ。







9-2.お洒落なタイ料理レストラン「Mai Thai Cuisine(マイタイキュイジーヌ)」

107875:9-2.お洒落なタイ料理レストラン「Mai Thai Cuisine(マイタイキュイジーヌ)」

撮影/橋詰真紀

ホテルの近くで見つけたお洒落なタイ料理レストラン「Mai Thai Cuisine(マイタイキュイジーヌ)」どちらかというと欧米人のお客さんも多い感じ。
お店の雰囲気も◎

パタヤはオープンエアのお店が多いんですが、ここはクーラーが効いていて快適です。

107880:

撮影/橋詰真紀

やっぱり食べたい「タイ風カレー」ここではイエローカレーをオーダー。
こちらの「イエローカレー」は、野菜がいっぱい具だくさん。
あれれ?またもや私の知っているタイ風のカレーとはちょっと違う感じ。
野菜がシャキシャキでカレーのスパイスが効いている感じ。
しかも辛くないので、マイルドな味でおいし~~!
107881:

撮影/橋詰真紀

空心菜とニンニクの炒め物。
アジア圏では私は必ずオーダーするんですが、間違いなくおいしい。
107883:

撮影/橋詰真紀

煮込んだ鴨の料理も。
これはちょとだけ八角の風味がして中華料理に近い感じでした。
うん、おいしーー。
お値段は二人で約3,000円ぐらいだったかな。
ここはパタヤのレストランの中では、まあまあ高級なお店の方だと思います。
「Mai Thai Cuisine(マイタイキュイジーヌ)」の素敵なディナーに満足でした。

9-3.やっぱり食べたい「グリーンカレー」&「ガバオライス」

107961:9-3.やっぱり食べたい「グリーンカレー」&「ガバオライス」

撮影/橋詰真紀

パタヤに来たらぜひ食べてみたいと思っていたのが、「グリーンカレー」&「ガバオライス」という訳でウォーキングストリート沿いにある地元っぽい、レストランに飛び込みでも入ってみました。
107959:

撮影/橋詰真紀

「本場のグリーンカレーって、絶対辛いに違いない!」なんて思って恐る恐る一口食べてみると、「あれ?全然辛くない」
107960:

撮影/橋詰真紀

ガパオライスも、唐辛子を食べると辛いけど基本的には全然辛くなくてびっくり。
タイ通の友人に聞くと、パタヤで食べるタイ料理はそんなに辛くないよとの事。
お店の人に「辛くして」とオーダーすれば、辛くしてくれるよとのこと。

ちょっとびっくりですよね。
やっぱり現地に行ってみないとわからないものですね。

110662:

撮影/橋詰真紀

ちなみにこの調味料ですが、右上の唐辛子が入っているものはめちゃめちゃ辛いです。
右下のものはお酢で左上は塩ではなくて、砂糖。
砂糖がこうやって調味料として出てくるのってなんだか不思議な気もしますが、これもタイの食文化なんでしょうね。

今回の旅では、辛いタイ料理には全く当たらず。
もしかしたら、日本のタイ料理の方が辛い?!かも(笑)なんだかタイ料理なのに辛くないという、なんとも不思議な体験をパタヤでしてきました。

次のページでは『10.パタヤの中心「セントラルフェスティバルパタヤビーチ」でショッピング』を掲載!
次のページを読む >>