タイ族最初の王朝がここから…!「スコータイ」はいつか行ってみたいタイの名所

タイの首都バンコクから北へ約440kmに位置するスコータイは、タイ族最初の王朝が開かれたことでも知られています。「幸福の夜明け」を意味する幸せの街スコータイで、ぜひ見ておきたい観光スポットを8選紹介します。


王朝の中心・スコータイ歴史公園

王朝の中心・スコータイ歴史公園
スコータイの街から西へ12kmほど行ったところにあるスコータイ歴史公園は、3重の城壁が連なる公園です。
城壁の内側にはワット・サ・シーやワット・マハタート、城壁の外側にはワット・シーチュムといった遺跡が残っており、約200件の遺跡が保存管理されています。

Sukhothai Historical Parkの住所・アクセスや営業時間など

名称 Sukhothai Historical Park
住所 Muangkao, Amphur Muang, Sukhothai 64210
営業時間・開場時間 毎日6:30~18:00、土曜のみ6:30~21:00(ライトアップは土曜のみ18:00~21:00)
利用料金や入場料 遺跡は北側・中央部・西側に分かれており、各遺跡ひとり100B、園内トラムひとり40B。
参考サイト http://www.thailandtravel.or.jp/detail/sightseeing/?no=251
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Sukhothai Historical Parkのスポットページ

レンタサイクルで気軽に・シーサッチャナライ歴史公園

レンタサイクルで気軽に・シーサッチャナライ歴史公園
シーサッチャナライの街にも200以上のさまざまな寺院や遺跡が残っています。
中でもワット・チャーンロームやワット・ナーンパヤ、ワット・カオ・パノム・プルーンなどが有名です。
スコータイ歴史公園とは異なり、遺跡のほとんどが城壁内に集まっているため、入口のレンタサイクルを借りれば気軽に遺跡を巡ることができますよ。

Si Satchanalai Historical Parkの住所・アクセスや営業時間など

名称 Si Satchanalai Historical Park
住所 Muangkao, Si Satchanalai, Sukhothai 64130
営業時間・開場時間 毎日8:30~17:00
利用料金や入場料 主要3か所の遺跡(中心部遺跡、チョムチューン考古学的発掘場、サンカローク窯跡)は各所ひとり100B、3か所通し券220B、園内トラムひとり20B
参考サイト http://www.thailandtravel.or.jp/detail/sightseeing/?no=260
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Si Satchanalai Historical Parkのスポットページ

幻想的な灯篭流し・スコータイ・ロイクラトン&キャンドル・フェスティバル

幻想的な灯篭流し・スコータイ・ロイクラトン&キャンドル・フェスティバル
スコータイ王朝時代、川の女神プラメー・コンカに感謝の気持ちをささげたことをきっかけに始まったロイクラトンは、タイの伝統的な灯篭流し祭りとして有名です。
毎年陰暦 12月の満月の夜には、さまざまな灯篭によってスコータイの街が彩られます。
幻想的な雰囲気がとてもロマンチックですよ。

サンカローク焼について知るなら・サンカローク焼博物館42番窯

サンカローク焼について知るなら・サンカローク焼博物館42番窯
シーサッチャナライ歴史公園から北西に約1.5kmの場所にあるコ・ノーイ村には、サンカローク焼にまつわる窯跡が200件ほど建ち並んでいます。
スコータイ王朝時代に生産されていたサンカローク焼は、インドネシアやフィリピンなどの東南アジアだけでなく、なんと日本にも輸出されていた歴史があるんです!

Museum for Kilns No 42の住所・アクセスや営業時間など

名称 Museum for Kilns No 42
住所 Si Satchanalai, Sukhothai 64130
営業時間・開場時間 9時から12時/13時から16時半
利用料金や入場料 20バーツ
参考サイト http://www.thailandtravel.or.jp/detail/sightseeing/?no=261
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Museum for Kilns No 42のスポットページ

焼き物や仏像が一堂に会する・サワン・ウォラナヨック・ナショナル・ミュージアム

焼き物や仏像が一堂に会する・サワン・ウォラナヨック・ナショナル・ミュージアム
サワンカローク市内にある博物館で、スコータイ市内からは約38kmの位置です。
ワット・サワンカラーム元住職の個人コレクションを中心とした、サンカローク焼や仏像などが展示されており、歴史深いバンコク王朝の仏像も見られます。

Writer:

神戸生まれ神戸育ちの駆け出しデザイナーです。一眼レフを持って街歩きするのが趣味で、美味しいグルメの食べ歩きや日帰りプチ旅行などをしながら、関西のあちこちを散策しています。そんな経験を活かして、住み慣れた大好きな街・神戸の情報を中心に、有名スポットから地元民ならではの穴場スポットまで、関西一円の新しい魅力をご紹介できればと思います!

この記事のカテゴリ

アジア
タイ王国
建築
絶景
自然・絶景

関連記事を見る

アジアの記事を見る

秀吉に「武士の鑑」と称賛された清水宗治の切腹!毛利家が惜しんだその忠義の人生
自転車で一周して決めた!台湾観光スポットランキングBEST15
戦国時代のハイスペック男子「宇喜多秀家」が八丈島で迎えた最期
世界遺産「カトマンズ」の魅力と歴史。ヒマラヤに抱かれし栄光の都
高層ビルファン必見!ニューヨーク高層建築の歴史を辿る旅
中国最大の国際都市・上海の成り立ちと歴史的スポット6選
【プーケット観光で行きたい!】タイの楽園リゾートで見られる歴史的スポット10選
インド旅行で行きたい、定番&歴史的観光スポット13選
「黄巾の乱」をざっくり把握!三国志のきっかけとなる話です
【三国志】今さら聞けない「赤壁の戦い」をざっくり把握
一生に一度は行ってみたい!昔に栄えた古の街並みがそのまま残る「旧市街」16選
【韓国釜山2泊3日の旅】本当は教えたくない!?韓国リピーターがおすすめする定番から穴場、最新スポットまで