アユタヤに今すぐ行きたい10の理由

アユタヤは首都バンコクから北へ約76キロの場所にあります。ここは1767年にビルマ軍に破壊されるまでの約400年間のアユタヤ王朝を観れる都市です。歴史・自然・動物など、アユタヤの色々な魅力をご紹介したいと思います。

アユタヤ島の中心に浮かぶ?世界遺産

アユタヤ島の中心に浮かぶ?世界遺産

image by iStockphoto / 70169923

川に囲まれて島状になった場所が「コ・ムアン」と呼ばれる世界遺産に登録された歴史公園です。
かつては寺院だった遺跡や、王宮跡を整備して造られた博物館などが見どころ。
一部の遺跡では夜にライトアップ、魅力的な演出がされています。

交通手段はゾウに乗る!?

交通手段はゾウに乗る!?

image by iStockphoto / 71902591

徒歩での遺跡巡りもいいですが、ゾウに乗って遺跡を観て回ることができます。
中2階くらいの高さから観ることができるので写真を撮るには丁度いいアングルだと思いますよ。
ただし、ゾウの気分で移動することをお忘れなく…。

アユタヤ島外縁でみる遺跡など

アユタヤ島外縁でみる遺跡など

image by iStockphoto / 99523507

ここにはアユタヤ王朝以前の遺跡が数多く残っています。
その他に16世紀初めごろに御朱印船貿易に携わった日本人町跡もあり、異国の地で日本人がどのような生活を送っていたのかを知ることもできます。

心地よい風をうけながらリバークルーズ

心地よい風をうけながらリバークルーズ

image by iStockphoto / 92929643

アユタヤの景色をリバークルージングで眺めるのもお勧め!数社によるリバークルーズが毎日運航していてチャーターも可能。
ランチやディナーをしながら遺跡を観るのは至福のひと時を感じられることまちがいなし。






歴代の国王たちが夏に過ごしたバンパイン宮殿

歴代の国王たちが夏に過ごしたバンパイン宮殿

image by iStockphoto / 58330444

アユタヤの中心地からチャオプラヤー川を南へ約17キロメートルの場所にある、アユタヤ王朝24代の王が建てたバンパイン宮殿です。
離宮にはパビリオンと呼ばれる様々な建築様式の館や庭園があるので時間に余裕があれば足をのばされてはいかがでしょう。

バン・パイン宮殿の住所・アクセスや営業時間など

名称 バン・パイン宮殿
住所 Tambol. Baan-lenn, Bang Pa-in District Ayuthaya
営業時間・開場時間 現地時間8:00~15:30
利用料金や入場料 100バーツ
参考サイト http://www.thailandtravel.or.jp/detail/sightseeing/?no=583
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

バン・パイン宮殿のスポットページ

テーマパーク!?『アユタヤ・クローン・サプア水上マーケット』

テーマパーク!?『アユタヤ・クローン・サプア水上マーケット』

image by iStockphoto / 35396202

タイでは運河を利用した水上マーケットが盛んでしたが、インフラが整備されたことにより一時期閉鎖されていました。
現在はその良さが見直されテーマパークという形で復活!実際にボートに乗って趣を堪能されてみませんか。

タイの伝統芸能『SEPPA』

タイの伝統芸能『SEPPA』

image by iStockphoto / 73906073

水上マーケット中央にはステージが設けられ舞踏や生演奏による『SEPPA』が催されます。
アユタヤの水上マーケットでのみ披露されているそうですから必見の価値あり!お芝居は言葉は分からなくても魅了されますよね。
次のページでは『アユタヤ銘菓を堪能!』を掲載!
次のページを読む >>