タイでボランティアしている筆者が指南♪タイの観光完璧ガイド

気候が暖かい国だけに、バカンス気分たっぷり。マリンスポーツに観光名所と色々と楽しみがあるタイ。そんなタイに観光しにいくなら、より快適に過ごすことができる季節や、ユニークなお祭りが見れる時期にいきたいものですよね。タイでボランティアしている筆者が、おすすめのタイの旅行の仕方を教えます。
  • style="display:inline-block;width:336px;height:280px" data-ad-client="ca-pub-1386733479651016" data-ad-slot="6199981080">

タイ観光の前に知っておこう!

タイ観光でビザは必要?

タイ観光でビザは必要?

image by iStockphoto / 87566393

とにかく、海外に行くときは情報が一番新しいものがほしいので、外務省のページをチェックする癖をつけておくの一番。
そこには全て何が必要なのかが買いてあります。

日本国籍で日本のパスポートを持っている人が、観光としてタイ行く場合、30日以内なら、ビザは必要ありません。

また、日本からでなく、タイの近隣からの場合はケースがちがってきますので、大使館に確認をしておくことをおすすめします。

タイ観光はツアーの方が良い?会社は?

タイ観光はツアーの方が良い?会社は?

image by iStockphoto / 70849517

旅に慣れているか、慣れていないかによってこの判断はかなり変わってくるかと思います。
旅に慣れていない場合や、お金に余裕があるときは、アジアの国だと日本との物価、レートの違いもあるために、かなりラグジュアリーな旅が安価でできます。

国内大手のJTBでも、5万円台からバンコク4日間ほどの旅があり、ホテル代、航空便代込での値段でかなりのお値打ちとなっていますよ。

ツアーの場合行きたい場所にいけないこともあるので、オプションでどこまでカスタマイズできるかが、パッケージツアーを使うかの鍵となるのでは?

タイ旅行ってどのくらいの日数があれば楽しめる?

タイ旅行ってどのくらいの日数があれば楽しめる?

image by iStockphoto / 2356776

2日滞在、往復の移動に2日で、4日から楽しむことができます。
ただし、1都市のみと考えておいたほうがよいでしょう。

タイ旅行で必要な費用・予算は?(↑の日数を元に)

タイ旅行で必要な費用・予算は?(↑の日数を元に)

image by iStockphoto

タイに2日間滞在すると考えて自由行動のみとすると必要なのは、まずは滞在先でのホテルですが、日本円で1日一万円でホテル代、移動費、食費、拝観料すべておさまります。

なので、2日間で2万円。
航空券は、会社によってばらつきがありますが、5万前後で往復と思えば、10万あるとお釣りが来るでしょう。

タイ観光でおすすめの時期はある?

タイ観光でおすすめの時期はある?

image by iStockphoto

どの季節に行っても夏なのですが、4月が最も暑いといわれています。

快適なのは11月から3月です。
ただし、みたいお祭りなどの時期に合わせていかれるのが、ある意味おすすめの時期かといえます。

タイの有名なお祭りがある時期は下記のとおりです。

1月 旧正月

タイでも中国の旧正月をお祝いします。
チャイナタウンでは盛大なお祭りが開催されますよ。

2月 

○チェンマイ フラワーフェスティバル

○プーケット インターナショナル・ブルーズ・ロック・フェスティバル

3月 

○ナショナル・ムエタイ・ディ

○パタヤ・インターナショナル・ミュージック・フェスティバル

4月

○ソンクラン 

タイの水掛け祭りと呼ばれるこの祭りは、タイにとって新年を祝う盛大なフェスティバルとなっていますよ。

5月

○ロケット・フェスティバル

ヤソートン州イサン地区で開催されるロケットフェスティバル。
盛大で楽しいフェスティバルですよ。

10月

○バッファロー レース チョンブリ

○ヴェジタリアンフェスティバル

11月

○ランタンフェスティバル

タイ観光って夜がおすすめなの?なんで?

タイ観光って夜がおすすめなの?なんで?

image by iStockphoto / 78711259

暑い国なので、日中よりも、日が沈みかけたころから活動しても楽しく過ごすことができるタイ。
田舎の大きな寺には、簡易なレジャーシートを敷いて、そのままごろりとして過ごしている人もいるほど。

都会では、夕涼みな時間から町の灯がとてもきれいで、夜景を楽しむことができます。

また、ローカルなパブやバーなどでも開催される音楽イベント、ナイトショーを目当てに町にでてみるのもたのしいですよ。

屋台もライトアップされてとにかく楽しくすごすことができます。
寒く無いから、楽しめるタイの夜。
地元の人達のようにカラオケに参加したり、クラブで夜通し踊って過ごすのもいいかも。

attagirl

Writer:

学生時代を英国で過ごしたため、英国映画と英国音楽が大好きなライターです。今も機会があるごとに英国をはじめ、欧州へぶらりと一人旅に出かけます。暮らしたことがある欧州の国を中心に、旅行へ出かける人に役立つ情報をお届けします。

この記事のカテゴリ

アジア
アフリカ
タイ
マリ

アジアの記事を見る

アドリア海の女王と呼ばれるヴェネツィアが巨万の富を得たレヴァント貿易ってどんなもの?
漫画キングダムのその先は…?秦の始皇帝の歴史
韓国旅行なら「興仁之門 東大門/フンインジムン トンデムン」は外せない!行き方、料金や営業時間は?
ベトナム旅行は私に任せて!ホイアンの観光完璧ガイド
中国にヨーロッパが出現!?マカオの世界遺産全部解説!
ベトナム旅行は私に任せて!ホーチミンの観光完璧ガイド
高層ビルが立ち並ぶ広州の都市景観!中国観光「広州(コウシュウ)」で見たい絶景10選
ベトナム旅行は私に任せて!フエの観光完璧ガイド
台北らしさがギュッと詰まった街『永康街』で1日過ごすなら?おすすめ&行き方まとめ
台北観光の代表格!「故宮博物院」のおすすめ展示&行き方まとめ
ベトナム旅行ならベトナムの中華街「チョロン」は外せない!「ティエンハウ廟」他、見どころはここ
【台湾】隅々まで楽しめる「中正紀念堂」の見どころは?

関連記事を見る