タイをよく知る筆者が教える、プーケットの観光完璧ガイド







3泊4日の場合のモデルコース

世界的にも有名なタイのプーケット。
海に囲まれたこの場所にきたら、やはりビーチを楽しむ人が多いはず。
三日間プーケットに滞在し、楽しむにはこんな過ごし方はいかが?

まず、到着した最初の日、1日目はプーケットの島をくまなく探索しましょう。
日本語もしくは英語が話せるガイドさんによって、繁華街を歩くツアーなどに参加されてもよいですね。
どこに、どんなものがあるのかをだいたい知ることができますよ。

夕方には、レディーボーイと呼ばれるオカマ達によるキャバレーショーを見にでかけましょう。

二日目は、海でのんびりすごしましょう。
様々なマリンアクティビティをすることが,できますよ。
カヌーで熱帯雨林にでかけるのもいいですね。

三日目は、ピピなど近場に日帰り旅行に出かけることをお薦めします                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                             

7泊8日の場合のモデルコース

とにかくのんびり過ごすのが、プーケットへの旅行の目的となるのではないでしょうか?

きれいな海と自然に身を委ねて、ただのんびりするのが一番です。
7日あると、もしかしたら飽きてしまうかもしれませんが、日本に帰ると懐かしく感じ、もっと長くステイしたいと思うかもしれませんね。

一日目は、プーケットの島を周遊してみましょう。
半日ガイドと使ったツアーでもいいですし、国内にいる間に予約したものでもいいでしょう。
現地でホテルスタッフにきいて、周遊ツアーがないか確認するのも手ですよ。

その日は夜は、ゆっくりと寝て明日に備えましょう。

二日目。
ちょっとしたショーを見にでかけてみませんか?Fanta SEAはプーケットのテーマパーク一つです。

夜間のテーマパークなので、昼間はプーケット町中でのんびりしましょう。

3日目 007として知らえるジェームズ・ボンド。
その彼に関連した場所を訪れてみませんか?ジェームズ・ボンド・アイランド・ツアーと呼ばれるこのツアーは、プーケットではとても人気のツアーのひとつ。
実際の島の名前は、こh TapuまたはNail Islandといいます。

ボンド映画に使われたのは、1974年のこと。
007 黄金銃を持つ男という映画ですので、訪れる前に映画で予習してみては?

4日目 モンキーテンプルと呼ばれる場所へでかけてみましょう。
周辺にはブッタケイブと呼ばれる場所があり、洞窟の中に、呼び名の通り、ブッタがいます!

5日目 クラビやピピなど、プーケットをハブにして周遊をしてもおすすめですね。
残り5~7日をそのようにして過ごしてもいいかもしれません。

プーケットでのんびりがいいひとは、お気に入りのビーチへいってみましょう。
ビーチでリンアクティビティをすると疲れてクタクタになるかもしれませんね。

5~7日までの3日間は、日中は、ビーチ、夜は近隣でシアターという感じでもいいかも。
一日ぐらいはどこかにマーケットなどモールで土産探しをいれてみてはいかが?

プーケット観光で行きたいおすすめ観光スポットはここ!

1.夜に開園のテーマパーク FantaSEA show

1.夜に開園のテーマパーク FantaSEA show

image by iStockphoto / 52669272

夜間のイルミネーションなどを上手に利用したショーが見ものの、テーマパークであるファンタシー・ショー。
昼間はビーチでのんびりすごして、夜にエネルギーをためておいてください。
テーマーパークではタイの文化に様々な角度から触れることができますよ。
象に乗ったりすることもでき、小さな子供連れのファミリーにもおすすめ。
豪華絢爛なカーニバル、レストラン、どれをとってもタイの魅力を感じることができます。

バイキング式のレストランは、幅広い年齢層で訪れた時に便利。
プーケットの夜は、ぜひ一度このテーマパークで過ごしてくださいね。








FantaSEA showの住所・アクセスや営業時間など

名称 FantaSEA show
住所 99 Moo 3 Kamala Kathu Chang Wat Phuket
営業時間・開場時間 17:30−22:30
利用料金や入場料 ショー+ブッフェ 大人2,200バーツ 子供2,000バーツ
参考サイト http://www.phuket-fantasea.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

FantaSEA showのスポットページ

2.お土産におすすめの魔除けなどが買えるオールドタウン アムレットマーケット

ずらりと並んだ露天商の数に圧倒される人もいるかも知れませんね。

とにかく小さな露店が沢山ならんでいますよ。

アムレットセンターは20数年前にできたのですが、露店スタイルでずっと営業をしている人もいます。
どちらを好むかは人ぞれぞれですかね。

クオリティも、価値も値段も様々なので、自分がいいなと思うものを、色んな店を覗いて購入してくださいね。

アムレットマーケットの住所・アクセスや営業時間など

名称 アムレットマーケット
名称(英語) Amulet Market
住所 Ratsada Road, Tambon Talat Nuea, Amphoe Mueang Phuket, Phuket
営業時間・開場時間 店舗による
利用料金や入場料 店舗による
参考サイト http://www.phuket.com/magazine/buddha-amulets.htm
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

アムレットマーケットのスポットページ

3. エクステリアが独特なJui Tui 神社

毎年秋の収穫祭時期になるとベジタリアン・フェスティバルがおき、ものすごい人で混雑するのが、Jui Tui神社前。
神社の門は何度かリノベされていて、とてもカラフルで、フォトジェニックな建物となっていますので、是非訪れてほしい場所ですよ。

一度見たら忘れることができない装飾の神社です。
おみくじなどもあるのですが、残念なことに、タイ語か中国語のみ。
くじを引いて、単純に土産として持ち帰るのもいいですね。
タイにある中華系文化に触れることができる場ですよ。

Jui Tui 神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 Jui Tui 神社
名称(英語) Jui Tui Shrine
住所 289 ระนอง Ranong, ตำบลตลาดเหนือ Amphoe Mueang Phuket, Chang Wat Phuket
営業時間・開場時間 8:00−20:30
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.phuket.com/temples/jui-tui-shrine.htm
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Jui Tui 神社のスポットページ

4.歴史や文化を学ぶならThai Hua Museum

プーケットのシンボル的な建物として知られるこちらは、元は学校。
シノポーチギースタイルの白亜な建物は必見。
何度か名前を変えながら学校として存続していましたが、現在は、過去の歴史を教える素敵なギャラリー/博物館として活用されていますよ。

タイフア博物館の住所・アクセスや営業時間など

名称 タイフア博物館
名称(英語) Thai Hua Museum
住所 28 Krabi, Tambon Talat Nuea, Amphoe Mueang Phuket
営業時間・開場時間 9:00−17:00
利用料金や入場料 200バーツ
参考サイト http://thaihuamuseum.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

タイフア博物館のスポットページ

誰にも教えたくない!プーケット観光の穴場スポットはここ!

次のページでは『1.静かなビーチ Ao Yon beach 』を掲載!
次のページを読む >>

Writer:

学生時代を英国で過ごしたため、英国映画と英国音楽が大好きなライターです。今も機会があるごとに英国をはじめ、欧州へぶらりと一人旅に出かけます。暮らしたことがある欧州の国を中心に、旅行へ出かける人に役立つ情報をお届けします。

この記事のカテゴリ

アジア
タイ王国

関連記事を見る

アジアの記事を見る

【タイ】パタヤ観光ならここ!グルメ・ショッピング、地元で人気のレストランも一挙に紹介
ホーチミン観光完璧ガイド!行ってわかったグルメもフォトジェも全部紹介
秀吉に「武士の鑑」と称賛された清水宗治の切腹!毛利家が惜しんだその忠義の人生
自転車で一周して決めた!台湾観光スポットランキングBEST15
戦国時代のハイスペック男子「宇喜多秀家」が八丈島で迎えた最期
世界遺産「カトマンズ」の魅力と歴史。ヒマラヤに抱かれし栄光の都
高層ビルファン必見!ニューヨーク高層建築の歴史を辿る旅
中国最大の国際都市・上海の成り立ちと歴史的スポット6選
【プーケット観光で行きたい!】タイの楽園リゾートで見られる歴史的スポット10選
インド旅行で行きたい、定番&歴史的観光スポット13選
「黄巾の乱」をざっくり把握!三国志のきっかけとなる話です
【三国志】今さら聞けない「赤壁の戦い」をざっくり把握