美しき中央アジア最古の“青の都”「ウズベキスタン・サマルカンド」を訪れましょう

2500年もの歴史を持つ中央アジア最古の都市「サマルカンド」。街全体が世界遺産に登録され、ウズベキスタンの象徴とも謳われる青いタイルのイスラム建築群と抜けるように美しい青空の色から“青の都”としてその美しさは世界中の人に知られています。“イスラム世界の宝石”とも称されるサマルカンドの見所をご紹介します!

中央アジア最大のモスク「ビビニハムモスク」

中央アジア最大のモスク「ビビニハムモスク」

image by iStockphoto

レギスタン広場から徒歩約15分。
ブルーのタイルに覆われた中央アジア最大のモスクが「ビビニハムモスク」です。
ティムールのインド遠征を祝し建設されたこのモスクは、1399年からわずか5年という異例の早さで完成。
贅を尽くして豪華絢爛に建てられたモスクでしたが、その大きさと工事を急ぎすぎたために崩壊が相次ぎ、一時は廃墟のようになってしまった悲劇的なモスクです。
現在は修復され、美しい青いドームが観光名所となっています。

image by iStockphoto

モスクの中庭中央にはかつてオスマン・クラーンという世界最古のコーランを置いたとされるラウフ(コーラン書見台)があり、この書見台の周りを願い事をしながら3周回ると願いが叶うと言われています。
モスクに行かれた際には是非お試しを。

Bibi-Xonum machiti(ウズベク語)  ビービー・ハーヌム・モスク(ビビ・ハヌム・モスク)の住所・アクセスや営業時間など

名称 Bibi-Xonum machiti(ウズベク語)  ビービー・ハーヌム・モスク(ビビ・ハヌム・モスク)
住所 Bibikhonim Str., Samarqand, ウズベキスタン
営業時間・開場時間 不明
利用料金や入場料 400スム
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%8C%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%A2%E3%82%B9%E3%82%AF
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Bibi-Xonum machiti(ウズベク語)  ビービー・ハーヌム・モスク(ビビ・ハヌム・モスク)のスポットページ

ウズベキスタンを代表する、イスラム建築の集大成「レギスタン広場」

ウズベキスタンを代表する、イスラム建築の集大成「レギスタン広場」

image by iStockphoto

その美しさからウズベキスタンを代表する観光地で、かつてはサマルカンド商業の中心地ともされていた場所が「レギスタン広場」です。

image by iStockphoto

ティムールの孫・ウルグベクは、この広場を囲むように3つのメドレッセ(神学校)を建築。
天文学者でもあったウルグベクのデザインで正面に星の文様が描かれた「ウルグベク・メドレッセ」、偶像崇拝を否定するイスラム教義に反し黄鹿を追うライオンが描かれている「シェルドル・メドレッセ」、黄金の装飾がまばゆい「ティラカリ・メドレッセ」…この3つのメドレッセが生み出す見事な調和と広場一面に広がる精緻なモザイクは、これを見るだけでウズベキスタンに来た価値がある!と思うほど素晴らしい景色です。








image by iStockphoto

レギスタン広場の住所・アクセスや営業時間など

名称 レギスタン広場
住所 Registan St, Samarkand, Uzbekistan
営業時間・開場時間 現地時間09:00-19:00
利用料金や入場料 12ドル
参考サイト https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%AE%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E5%BA%83%E5%A0%B4
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

レギスタン広場のスポットページ

ティムール一族が眠る“支配者の墓”「グル・エミル廟」

ティムール一族が眠る“支配者の墓”「グル・エミル廟」

image by iStockphoto

1404年にティムールがトルコ遠征中に死亡した孫のムハンマド・スルタンを葬るために造った墓が「グル・エミル廟」です。
ここには、ティムールをはじめウルグベクなどのティムール一族や、ティムールを支えた将軍らも眠っています。
タジク語で“支配者の墓”を意味する「グル・エミル廟」は、中央アジアの覇者の眠る場所にふさわしく、廟内は全て金の装飾で埋め尽くされ、1996年に修復されたばかりのサマルカンドブルーのドームがひときわ輝く壮麗な建物です。

image by iStockphoto

ティムールの棺の裏には『私の墓を暴くと大きな災いが起こるだろう』と書かれており、ソ連による調査が行われたわずか数日後にドイツ軍がソ連に侵攻し第二次世界大戦が勃発しました。
これがティムールの警告の通りなのかは不明ですが、それ以後はティムールの墓の蓋は溶接され、二度と開けられていないとか。
嘘のような本当の話、ティムールの遺言というと何だか信憑性がありますね。
次のページでは『ティムールゆかりの人々の霊廟が並ぶ、様々な青が美しい「シャーヒジンダ廟群」』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

アジアの記事を見る

【タイ】パタヤ観光ならここ!グルメ・ショッピング、地元で人気のレストランも一挙に紹介
ホーチミン観光完璧ガイド!行ってわかったグルメもフォトジェも全部紹介
秀吉に「武士の鑑」と称賛された清水宗治の切腹!毛利家が惜しんだその忠義の人生
自転車で一周して決めた!台湾観光スポットランキングBEST15
戦国時代のハイスペック男子「宇喜多秀家」が八丈島で迎えた最期
世界遺産「カトマンズ」の魅力と歴史。ヒマラヤに抱かれし栄光の都
高層ビルファン必見!ニューヨーク高層建築の歴史を辿る旅
中国最大の国際都市・上海の成り立ちと歴史的スポット6選
【プーケット観光で行きたい!】タイの楽園リゾートで見られる歴史的スポット10選
インド旅行で行きたい、定番&歴史的観光スポット13選
「黄巾の乱」をざっくり把握!三国志のきっかけとなる話です
【三国志】今さら聞けない「赤壁の戦い」をざっくり把握