美しい建築物、歴史を感じる市街…ウズベキスタン「ブハラ」で見たい絶景

中近東の国・ウズベキスタン。その名前はニュースなどで小耳にはさむ程度で、国の知名度はけして高くはありません。しかし、それだけでウズベキスタンの魅力を決めてしまうのは早計というもの。ウズベキスタン、特にブハラの街には、壮麗なイスラム建築や歴史ある霊廟など、まるで映画のセットのような美しい見どころが多く点在しています。

ブハラの街のシンボル「カラーン・ミナレット」

ブハラの街のシンボル「カラーン・ミナレット」

image by iStockphoto

ウズベキスタンでも屈指の美しい街といわれるブハラ。
そのブハラを象徴する建築物が、この「カラーン・ミナレット」です。
その歴史は古く、12世紀はカラハーン朝に建てられたものだといわれています。
かつてヨーロッパやアジアを混乱に陥れた「チンギス・ハーン」も、この塔だけは破壊せずにいたというエピソードも。
ちなみに、カラーン・ミナレットには階段を使って上ることもできます。
塔の上から一望するブハラの街は非常に美しく、一見の価値あり。

image by iStockphoto

カラーン・ミナレットの住所・アクセスや営業時間など

名称 カラーン・ミナレット
住所 2 Eshony Pir Street, Bukhara 705000 ウズベキスタン
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/カラーン・ミナレット
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

カラーン・ミナレットのスポットページ

色鮮やかな民芸品であふれる市場「タキ・バザール」

色鮮やかな民芸品であふれる市場「タキ・バザール」

image by iStockphoto

ドーム型の屋根で覆われた、ブハラの街の商店街です。
この「タキ」とは「丸屋根」を意味する言葉だそう。
ブハラの街には、過去に5つのタキがあったそうですが、現在はそのうちの3つが現存しているとのことです。
市場内は、大きな荷物を持ったラクダや商人たちが楽に出入りできるような工夫や、空気や光を効果的に取り入れられるような工夫がなされています。

イスラム文化が香る美しい布地をはじめ、食器類やアクセサリー類などの商品もたくさん目にすることができます。
お散歩がてら、お気に入りのアイテムを手に入れてみませんか?

image by iStockphoto







タキ・バザールの住所・アクセスや営業時間など

名称 タキ・バザール
住所 Mekhtar Anbar St, Bukhara, Uzbekistan
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://www.lonelyplanet.com/uzbekistan/central-uzbekistan/bukhara/sights/markets-bazaars/taki-zargaron-bazaar
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

タキ・バザールのスポットページ

中近東最古のイスラム建築「イスマイール・サーマーニ廟」

中近東最古のイスラム建築といわれているのが、この「イスマール・サーマーニ廟」です。
一説によると、イスマール・サーマーニ廟が建てられたのは9世紀から10世紀ごろにかけてのことだそうで、当時の王朝を築いた王族たちの霊廟として使用されることとなりました。

かのチンギス・ハーンがブハラの街に攻め入ったときも、この霊廟は破壊されずに難を逃れたといわれています。
これは、霊廟自体が当時土や砂に埋もれていて軍勢に気付かれなかったためだとか。
1925年になって、イスマール・サーマーニ廟は再び人々の前に姿を見せることになりました。
現在は最古のイスラム建築として、その栄華を今に伝えています。

image by iStockphoto

イスマイール サーマーニ廟 (Ismoil Samoniy Maqbarasi)の住所・アクセスや営業時間など

名称 イスマイール サーマーニ廟 (Ismoil Samoniy Maqbarasi)
住所 Bukhara
営業時間・開場時間 現地時間7:00-18:00
利用料金や入場料 1000ソム
参考サイト http://4travel.jp/overseas/area/europe/uzbekistan/bukhara/kankospot/10412582/  http://www.advantour.com/uzbekistan/bukhara/samanid.htm
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

イスマイール サーマーニ廟 (Ismoil Samoniy Maqbarasi)のスポットページ

ブハラの街最大のモスク「カラーン・モスク」

ブハラの街最大のモスク「カラーン・モスク」

image by iStockphoto

かの有名な塔「カラーン・ミナレット」と繋がっているモスクです。
16世紀の王朝、シャイバニ王朝時代に建てられたモスクで、その規模はブハラの街最大を誇ります。
モスクの広さは約1ヘクタールで約1万人の信徒が同時に礼拝できる広さだといわれています。

象牙色の壁と空色の丸屋根は、イスラム文化の風情たっぷり。
多くの柱に支えられた回廊や美しい中庭も有名ですので、立ち寄った際はゆっくり中を見て回るのがおすすめです。

次のページでは『旧市街に佇む古代文明の跡地「アルク城」』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

アジアの記事を見る

【タイ】パタヤ観光ならここ!グルメ・ショッピング、地元で人気のレストランも一挙に紹介
ホーチミン観光完璧ガイド!行ってわかったグルメもフォトジェも全部紹介
秀吉に「武士の鑑」と称賛された清水宗治の切腹!毛利家が惜しんだその忠義の人生
自転車で一周して決めた!台湾観光スポットランキングBEST15
戦国時代のハイスペック男子「宇喜多秀家」が八丈島で迎えた最期
世界遺産「カトマンズ」の魅力と歴史。ヒマラヤに抱かれし栄光の都
高層ビルファン必見!ニューヨーク高層建築の歴史を辿る旅
中国最大の国際都市・上海の成り立ちと歴史的スポット6選
【プーケット観光で行きたい!】タイの楽園リゾートで見られる歴史的スポット10選
インド旅行で行きたい、定番&歴史的観光スポット13選
「黄巾の乱」をざっくり把握!三国志のきっかけとなる話です
【三国志】今さら聞けない「赤壁の戦い」をざっくり把握