ホーチミン観光完璧ガイド!行ってわかったグルメもフォトジェも全部紹介

8.やっぱり食べたい!地元民が行くシーフードレストラン

まだまだ続くベトナム旅。
ここからはローカルからも観光客からも人気のシーフードレストランをご紹介。

8-1.ガイドブックでもおなじみ「クアン94」

104484:8-1.ガイドブックでもおなじみ「クアン94」

撮影/橋詰真紀

ベトナムホーチミンでこれまでシーフードレストランには何度か行っているので、今回はローカルにも人気の「クアン94」へ。
ここはカニがメインで日本のガイドブックなどにも掲載されています。
104538:

撮影/橋詰真紀

こちらでのおすすめは、脱皮したばかりのやわらかいカニを揚げて食べる「ソフトシェルクラブ」ああ、これ日本で食べたらめちゃめちゃお値段するのじゃないですか。
カニチャーハンにもカニたっぷり。
カニ爪もオーダー。
104486:

撮影/橋詰真紀

日本で食べるといったいいくら?なんて思いながらカニカニカニ。
あっという間に間食しました。
普段ここはとっても混んでいるお店なんですが、ちょうど私が行った時間が2時半を過ぎていたので、ゆっくりと過ごすことができました。
メニューも日本語表記してあるから安心です。
ここもビールを頼んで3,000円ぐらい。
ああホントにベトナムだとお金を気にせず楽しめます。

8-2.おいしくて激安シーフードが食べられる「26 De Tham Restaurant」

104542:8-2.おいしくて激安シーフードが食べられる「26 De Tham Restaurant」

撮影/橋詰真紀

中心エリアからはちょっと遠いのですが、こちらのレストランは口コミで大人気、しかも激安と聞きつけ、これは行くしかないでしょ!とタクシーで出かけました。
104488:

撮影/橋詰真紀

口コミサイトで見た写真のお店「26 De Tham Restauran」は向かいの大きなビルに移転していました。
お店の入口の水槽にいるカニを自分でサイズを選びます。
金額もその場で教えてくれるので安心。






104491:

撮影/橋詰真紀

店内はもっとローカルな食堂をイメージしていたんですが、思った以上に衛生的。
私たちが行った時は日本人はほとんどいませんでした。
とにかくローカル色が強い。
メニューには日本語表記はありませんが、英語と写真が表記されていたのでオーダーも楽チン。
スタッフの中で一人だけ日本語が分かるお兄さんがいましたよ。
さすがにローカルに人気とあって、この日は日本人客は私たちだけでした。
104485:

撮影/橋詰真紀

オーダーしたのはこちら。
蛤のスープと青菜の炒め物に、カニのガーリック炒め、ホタテの上にナッツ等が乗っているグリル。
ガーリックの聞いた青菜の炒めも好きで私は必ずオーダーするんです。
蛤のスープもレモングラスの香りが効いていて、一回食べたら絶対ハマる味ですよ。
カニはそりゃもうおいしいです。
硬いからちょっと食べにくいけど(笑)今回カニばっかり食べてますけど、エビもおススメですよ。
104520:

撮影/橋詰真紀

104521:

撮影/橋詰真紀

で、ちょっとだけやっちゃった感じが麺みたいなものも食べたかったので、頼んだらペンネと野菜の炒め物みたいのが出てきちゃいまして。
なんじゃこりゃ?って感じですが、味はまあまあ?うーん。
ちょっと微妙(笑)まあこれも旅の思い出ですね。
104490:

撮影/橋詰真紀

さてお会計となりレシートを持ってきてもらったら、金額見てびっくり。
なんとビール5本飲んでこれだけ食べて約3,000円!ホーチミンにはシーフードのお洒落なレストランはあっちこっちにあって、そこで食べたときでさえも一人3,000円ぐらいだったので安いって思っていたのに、これだけ飲んで食べて二人で3000円とは!ここはこれまでのシーフードのお店の中で最安値で、おいしくてホント良かったです。
次のページでは『9.ベトナムホーチミンにはお洒落でかわいいお土産がいっぱい!どれにしようか迷っちゃう』を掲載!
次のページを読む >>