密かに人気急上昇中・ベトナムの穴場スポット5選!

みなさんこんにちは!今回は近いようでよく知らない国、ベトナム。実はじわじわと旅行好きの間で話題になっているということで、穴場スポットをご紹介しようと思います。近年注目を浴びる東南アジアのリゾートですが、その中でもベトナムは人気急上昇中。ベトナムは注目度の高い国ランキングなと色んなランキングで上位に食い込んできています。東南アジアの中でも一番東にあり、日本からも非常に近い国。飛行機での所要時間も東京からだとたったの6時間と、所要時間を考えると陸路での国内旅行も同じようなもんですよね。人を惹きつける魅力がたくさんある、ベトナム。絶対行きたくなるベトナムの穴場スポットを厳選して紹介いたします。

人気急上昇!ムイネービーチ

人気急上昇!ムイネービーチ

image by iStockphoto

ムイネーはベトナム南部、ビントゥアン省のファンティエットにある場所で南シナ海に面していいます。
ムイネービーチの他に砂丘などがあり、30年ぐらい前からリゾート地として開発されています。
1年を通して平均気温は27℃程で冬場も暖かく、主に12月から5月が観光シーズンとされています。
ホーチミン市から海岸沿いに細長くあるムイネーはビーチ沿いにはリゾートが立ち並び、他のベトナムの都市とは一線を画してます。

都会の喧騒から離れ、ムイネービーチ周辺はゆっくりとした時の流れに身を任せることができますよ。

image by iStockphoto

Mui Ne Beachの住所・アクセスや営業時間など

名称 Mui Ne Beach
住所 Mui Ne, Phan Thiet 84062, Vietnam
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.muinebeach.net/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Mui Ne Beachのスポットページ

離島リゾート・フーコック島

離島リゾート・フーコック島

image by iStockphoto

べトナムとカンボジア国境を延長したところから西、カンボジア沖に浮かぶフーコック島。
ベトナム最大のこの島は手付かずの自然が豊かな素朴なリゾートアイランドです。
まだまだ未開発のビーチリゾートですが、逆にそれがフーコック島の魅力。

マリンスポーツやゲームフィッシングだけではなく、島内に数軒あるダイビングショップではダイブトリップも体験可能。
漁業を営む人々の生活や、地元の人々とのふれあいも楽しめそうな素朴な島です。
近年、人気がじわじわ出てきている理由として。
広大なビーチと美しすぎるサンセット。

ベストシーズンは11月から3月の間で、日本の寒い冬の時期なので、日本から離れて暖かさを感じたい人には絶対お勧めです。
ホーチミンからは約1時間、ハノイから約2時間10分、国内便でたどり着くことができるのも大きな魅力ですね。

image by iStockphoto







Phu Quoc Islandの住所・アクセスや営業時間など

名称 Phu Quoc Island
住所 Phu Quoc Island, Vietnam
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.phuquocislandguide.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Phu Quoc Islandのスポットページ

開発リゾート・ダナン

開発リゾート・ダナン

image by iStockphoto

古くから港町として栄えてきたダナン。
ここ10年でビーチリゾートの開発が行われすっかり生まれ変わりました。
今ではホイアンまで続くビーチ沿いにリゾートホテルが軒を連ねています。

美しくクリーンなビーチが続き、アジアということを忘れてしまいそうなくらいのリゾートタウンとなりました。
東南アジアならではの活気と、フランス統治時代の名残を感じさせる建築物、おいしいベトナム料理……と、旅の醍醐味をギュッと詰め込んだような夢のような場所ですね。

image by iStockphoto

Da Nangの住所・アクセスや営業時間など

名称 Da Nang
住所 Da Nang City, Viet nam
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://jp.danang.gov.vn/portal/page/portal/danang/japan
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Da Nangのスポットページ

まるで映画の世界!古都ホイアン

まるで映画の世界!古都ホイアン

image by iStockphoto

ホイアンはベトナムの中部にある、世界遺産にも登録された古都です。
戦争で大きな損傷を受ける事もなく、当時の古い街並を今も残している姿は、まるで映画の世界のよう。

日本や中国にも似た雰囲気が感じられるその訳は、戦国時代に日本人街が存在していたから。
チャンフー通りの西端には「来遠橋」という別名を「日本橋」がかかり、かつての日本人街に住んでいた住人がかけた橋なんだそうです。
ホイアンの公共ビーチ、アンバンビーチなどホイアンからちょっと足をのばせばたどり着けるビーチもたくさんあり、宿泊客以外でも無料で楽しめるところが目白押し。

ビーチ周辺には飲食店が並んでいますので、おいしいベトナムグルメに舌鼓を打ってみてはいかがでしょうか。

次のページでは『神秘の島・コンダオ島』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

アジアの記事を見る

【タイ】パタヤ観光ならここ!グルメ・ショッピング、地元で人気のレストランも一挙に紹介
ホーチミン観光完璧ガイド!行ってわかったグルメもフォトジェも全部紹介
秀吉に「武士の鑑」と称賛された清水宗治の切腹!毛利家が惜しんだその忠義の人生
自転車で一周して決めた!台湾観光スポットランキングBEST15
戦国時代のハイスペック男子「宇喜多秀家」が八丈島で迎えた最期
世界遺産「カトマンズ」の魅力と歴史。ヒマラヤに抱かれし栄光の都
高層ビルファン必見!ニューヨーク高層建築の歴史を辿る旅
中国最大の国際都市・上海の成り立ちと歴史的スポット6選
【プーケット観光で行きたい!】タイの楽園リゾートで見られる歴史的スポット10選
インド旅行で行きたい、定番&歴史的観光スポット13選
「黄巾の乱」をざっくり把握!三国志のきっかけとなる話です
【三国志】今さら聞けない「赤壁の戦い」をざっくり把握