ベトナム観光で行きたい!花が咲き乱れる美しい湖がある高原リゾート「ダラット」の魅力

年間を通じ穏やかな気候のダラット。ホーチミンから飛行機で1時間足らずで行くことができ、地元ベトナムの人々が新婚旅行で訪れることも多いそう。ベトナムの静かなリゾート地ダラットを紹介します。


人造湖を取り囲む美しい町

人造湖を取り囲む美しい町

image by iStockphoto

ダラットの町の中心には大きな湖があり、その周辺を整然とした町並みが囲んでいます。
標高1500m。
年間の平均気温は18度から23度。
最高でも25度と快適な気候です。
ダラットとはダラ族の渓谷という意味で、もともとは彼らダラ族だけが住むだけの高原でした。
ダラ族は現在もこの地に生活していますが、ダラ族の民族衣装も特別なイベントがなければ見られなくなりました。

ダラットの住所・アクセスや営業時間など

名称 ダラット
名称(英語) Dalat
住所 Đà Lạt, Lâm Đồng, Việt Nam
営業時間・開場時間
利用料金や入場料
参考サイト http://www.lamdong.gov.vn/vi-VN/dukhach/danh-lam-thang-canh/Pages/default.aspx
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ダラットのスポットページ

フランス植民地時代に開発された

フランス植民地時代に開発された

image by iStockphoto

この高原の素晴らしさに気付いたのが、フランス人の医師アレキサンドル・イエルサンでした。
パストゥールの弟子でもあった彼は、気候の良いサナトリウム建設を考えていました。
ダラットを見つけたのは1893年。
彼はさっそく当時のフランス総督に保養地の建設を進言し、総督のポール・ドメールがリゾート開発を推進することになりました。
1922年、ダラットの象徴とも言うべきランビアン・パレス・ホテルが完成。
このホテルは1995年からソフィテル・ダラット・パレスと名を変え、今も湖の見える素晴らしい場所で営業しています。

ソフィテル・ダラット・パレスの住所・アクセスや営業時間など

名称 ソフィテル・ダラット・パレス
名称(英語) Dalat Palace Hotel
住所 2 Trần Phú, Phường 3, Tp. Đà Lạt, Phường 3
営業時間・開場時間 チェックイン14:00 チェックアウト12:00
利用料金や入場料 1泊1室 150USD〜
参考サイト http://www.royaldl.com/index.php/en/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ソフィテル・ダラット・パレスのスポットページ

花が咲き乱れる美しいスアンフォン湖

花が咲き乱れる美しいスアンフォン湖

image by iStockphoto

ダラットの町の中央にある湖は人造湖です。
1920年代に、川を堰き止めて作られましたが、当初は大湖と呼ばれていました。
50年代の中頃からスアンフォン湖と呼ぶようになりますが、17世紀に活躍したベトナム詩人の名前です。
1周が約5km。
花が咲き乱れる美しい湖の風景が自然を詠った詩人のイメージと重なりこの名前が付きました。
湖の周辺には散策の道があり、カフェでは湖を見ながら休息する市民がたくさんいます。

スアンフォン湖の住所・アクセスや営業時間など

名称 スアンフォン湖
名称(英語) Xuan Huong Lake
住所 Xuan Huong Lake, Dalat, Lâm Đồng, Vietnam
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://w3.lamdong.gov.vn/EN-US/TOURIST/FAMOUS-LANDSCAPE/Pages/Xuan-Huong-lake.aspx
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

スアンフォン湖のスポットページ

交通の便が良いダラット

交通の便が良いダラット

image by iStockphoto

北部のサパとはいろいろな意味で対照的です。
標高もほぼ同じで、リゾートとしてほぼ同じ時期に開発されていましたが、その後たどった道程は大きく異なります。
フランスが撤退したあと、急にさびれてしまったサパに対し、王朝が姿を消すという激動の歴史の中でも、ダラットは生き残ってきました。
大都市サイゴン(現ホーチミン市)から4~6時間でアクセスできることが大きく、ハノイから1日かけてやっとたどり着くサパとはこの点が違っていました。
今は使われていませんが鉄道が早くからあったことも大きな要因ですが、そして何よりもグエン王朝最後の皇帝バオダイが残した足跡が大きかったようです。


貴族たちが利用した高級リゾート地だった

貴族たちが利用した高級リゾート地だった

image by iStockphoto

気候の良いダラットはリゾート開発された当初より、貴族や高級官僚が避暑地として使う場所となり、ランビアン・パレス・ホテルにはマレー虎や象のハンティングのために多くの貴族たちが集まりました。
このホテルはハンティングを楽しむためのものでした。
貴族や官僚たちがプライベートな時間を利用して狩りに集まり、密談なども行われていました。
王室も頻繁にこの地を利用していました。

皇帝バオダイが愛した町

皇帝バオダイが愛した町

image by iStockphoto

グエン王朝第13代皇帝に就任したバオダイは、この地でよく過ごしていました。
ランビアン・パレス・ホテルもよく利用していました。
大きな晩さん会がホテルで開催された記録が残っており、事実かどうか定かではありませんが、この時に後に皇后になるナム・フォンとめぐり会ったと言われています。
バオダイはこの町を愛し、湖の周りに咲くバラやジャスミンの花は、バオダイが植えさせたものと言われています。

ダラットの中で一番にぎやかな市場

ダラットの中で一番にぎやかな市場

image by iStockphoto

静かなダラット中で、一カ所だけ全く違う賑わいを見せているのがダラット市場です。
4階建ての建物で、1階が野菜類や生鮮食料品の市場で、2階が食堂、3階、4階が衣料品や家庭用品の売り場となっています。
市場の中は細い通路で仕切られ、建物中に無数の店が密集しています。
あふれるように商品が並び、通路は真っすぐ歩けないほどの混雑ぶり。
建物の内部だけでなく外の通路にも無数の露店が並び、歩道が隠れてしまうほどです。
この市場であらゆる物を買いそろえることができます。

関連記事を見る

アジアの記事を見る

戦国時代のハイスペック男子「宇喜多秀家」が八丈島で迎えた最期
世界遺産「カトマンズ」の魅力と歴史。ヒマラヤに抱かれし栄光の都
高層ビルファン必見!ニューヨーク高層建築の歴史を辿る旅
中国最大の国際都市・上海の成り立ちと歴史的スポット6選
【プーケット観光で行きたい!】タイの楽園リゾートで見られる歴史的スポット10選
インド旅行で行きたい、定番&歴史的観光スポット13選
「黄巾の乱」をざっくり把握!三国志のきっかけとなる話です
【三国志】今さら聞けない「赤壁の戦い」をざっくり把握
一生に一度は行ってみたい!昔に栄えた古の街並みがそのまま残る「旧市街」16選
【韓国釜山2泊3日の旅】本当は教えたくない!?韓国リピーターがおすすめする定番から穴場、最新スポットまで
【バリ島観光】「癒やしの楽園」バリ島の悠久の歴史がわかる観光スポット15選
美術館からオリンピックの跡まで。韓国・ソウル観光で見られる近代建築・歴史スポット