ベトナム旅行なら私に任せて!ベトナムの観光完璧ガイド

食べ物・人・色使い・気温…、日本中どこを探しても同じところはないはずなのに、どこか懐かしさを感じずにはいられない国「ベトナム」。最近はベトナム料理のお店も街中に増えつつありますが、ベトナムの魅力はフォーや生春巻きだけではありません!心休まる場所や、ハッと目の覚めるような場所など、初めてなのに居心地の良い、不思議な感覚を味わう事が出来ます。そんな行く先々で全く違った表情を見せてくれるベトナムの魅力を、滞在体験のある筆者が深くそして広くご紹介します。

ベトナム観光の前に知っておこう!

日本とベトナム、同じアジアと言えども様々な面で大きく異なります。

どんな観光スポットが見ないのか、その場所へのどのように行くのかなど、前もって調べておくことで、現地で困らず存分に楽しめます。

その他現地の気温や準備するものなど、出発前に少し勉強しておきましょう。

ベトナムの観光って何をするの?

ベトナムの観光って何をするの?

image by iStockphoto

ベトナムならではのショッピングとグルメは、自信をもっておすすめできます。
キュートなオリエンタル雑貨のお買い物や、合間でベトナムコーヒーとスイーツを食べて、夜にはベトナム料理を堪能するコースは大満足できます。

しかし、さらにオススメしたいのは、日本では決して見る事の出来ない雄大な大自然と、色彩豊かな建物です。
そして長きにわたる中国からの支配、その後フランスに支配された歴史を持つベトナムならではの世界遺産や、異文化同志がぶつかって実現した色彩豊かな寺院は、圧巻の観光スポットになります。

3つのエリア、「ハノイ」「ダナン」「ホーチミン」を知ろう

3つのエリア、「ハノイ」「ダナン」「ホーチミン」を知ろう

image by iStockphoto / 51709808

ハノイは、ベトナム北部にある、首都であり生徒文化の中心地です。
ハロン湾のような雄大な自然と、歴史を感じる街並みを見る事ができます。

ハノイから飛行機で1時間ほど南に行くと、ダナンがあります。
ビーチリゾートがあり、比較的都会的ながら、五行山のようなベトナムらしいところも楽しめます。

そして、縦に長いベトナムの南に位置する最大の都市がホーチミンです。
おしゃれなカフェやレストランがあったり、新旧の文化を見る事ができて、その活気あふれる街並みは、観光客に人気があります。

ベトナムと日本の時差は?

ベトナムと日本の時差は?

image by iStockphoto

ベトナムと日本では、時差が2時間あります。
ベトナムに到着したら時計を2時間戻しましょう。
ちなみにベトナムは南北に長い国ですが、ベトナムの中での時差はありません。

ベトナムの気温は?おすすめの服装、おすすめの時期は?

ベトナムの気温は?おすすめの服装、おすすめの時期は?

image by iStockphoto

ベトナムは、南北に1200㎞と長い国ですので、場所によって気候は変わります。

ハノイは、夏には雨季がありかなり雨が降りますが、10月から2月は湿度も低く20度前後と涼しく過ごせるので旅行にはおすすめです。
ただし夕方になると12度ぐらいまで気温が下がる時がありますので、セーターなども持って行きましょう。

ベトナムの中央にあるダナンは、9月から12月が洪水になるほどの雨季に当たりますので注意が必要です。
2月から6月が乾季で過ごしやすく、30度を超えない程の夏で過ごしやすいでしょう。

ホーチミンは年中常夏で、半袖のみで過ごすことができます。
特に11月から3月が乾季で過ごしやすくお勧めできますが、日差しがかなり強いため、サングラスや帽子などの紫外線対策を万全にしましょう。

ベトナムのグルメといえば?

ベトナムのグルメといえば?

image by iStockphoto / 82349449

ベトナムで有名なグルメは、最近知名度も上がってきたフォーですよね。
お米でできたつるっとしたノド越しのフォーには、鶏肉・豚肉・牛肉の3種類がありますので、食べ比べをおすすめします。

その他、ベトナム風オムレツのバインセオや、生のままでも揚げてもおいしいライスペーパーで作った春巻きなど、日本人でも抵抗なく食べられるグルメがたくさんあります。
フランス料理と中華料理がいい具合にマッチしたグルメは、ベトナムにはまるポイントになる事間違いありません。

ベトナムの治安は大丈夫?

ベトナムは、東南アジアの国の中では比較的治安の良いほうだと言われています。
私が旅行した時も、女性同士で夜に街を歩いていても特に危険を感じる事はありませんでしたが、日本を一歩出れば注意が必要です。

特に注意したいのは、すり・ひったくりなど、バイクで近づいてきてカバンを持って行こうする為、怪我なども気を付けましょう。
又シクロ(自転車タクシー)やバイクタクシーの運転手と、金銭トラブルになる事がありますので、旅行会社を通じて利用しましょう。

ベトナムの国内線でホーチミンとハノイを行き来できる?時間は?

ベトナムの国内線でホーチミンとハノイを行き来できる?時間は?

image by iStockphoto

ベトナムの観光地を巡るには、列車やバス、飛行機などがありますが、ベトナムは南北にかなり長い為、短時間でスムーズに移動できる飛行機がオススメです。
ホーチミンにあるタンソンニャット空港から、ハノイのノイバイ空港間は、国内線で移動する事ができ、2時間少しで到着します。

ベトナムって南北で雰囲気違うの?ハノイとホーチミンの違いは?

ベトナムって南北で雰囲気違うの?ハノイとホーチミンの違いは?

image by iStockphoto / 26726665

ベトナムは縦にかなり長い国ですので、気温からして大きく違います。
ハノイには日本の秋のような涼しい時期がありますが、ホーチミンは年中30度越えの常夏です。

そのせいか、ハノイは全体的にしっとりとした雰囲気が漂い、政治と文化を中心にゆったりとした時間が流れます。
一方ホーチミンは経済が動く都市ですので年中活気があり、商業が盛んなのでバイクの数も多く、グルメやショッピングにうってつけの通りもたくさんあります。

ベトナム旅行ってビザは必要?

ベトナム旅行ってビザは必要?

image by iStockphoto

日本からベトナムに行く場合、滞在期間が15日以内の場合は、ビザは必要ありません。
一般的な旅行であればあまり該当しないと思いますが、30日以内に2回ベトナムに行く場合は、ビザの取得が必要になります。

ホーチミンについて知ろう!

ホーチミンってどんなところ?

ホーチミンってどんなところ?

image by iStockphoto / 80047105

ベトナムの南に位置するホーチミンは、フランスに占領されていた時代の名残を多く残すところから、「東洋のパリ」と呼ばれています。
その反面、街中は経済都市という事もありとても活気にあふれていて、たくさんのバイクが土煙を上げる姿は、ある意味とてもアジアらしい風景と言えます。

又ヨーロッパ建築と共に寺院もたくさんあり、様々な色彩が目に飛び込んでくる不思議な町並みや、その間に突然姿を現すおしゃれなカフェやレストランなど、環境客にも人気の旅行先となっています。

ホーチミン観光、2泊3日モデルケース

ホーチミン観光、2泊3日モデルケース

image by iStockphoto

1日目は、夕方ごろ空港に到着しタクシーで市街地へ向かいます。
ホテルに到着後は、夕食をどこで食べるかを決めながら街中を軽く散歩しつつ、街の雰囲気を見ておくのもいいでしょう。

2日目は、早めの出発で市街地観光へ出かけましょう。
サイゴン大教会やヨーロッパ建築の郵便局、ベトナム戦争の本拠地となった統一会堂などを回ります。
その後少し脚を伸ばしてベンタイン市場へ向かい、活気ある様子を見学しつつ、価格が非常に安いので気になるものをお買い物しましょう。
夕方近くからは、歴史博物館内で見られる水上人形劇を見て、一日の最後はマジェスティックサイゴンホテルの屋上にあるバーで、メコン川と市街地のステキな夜景を見れば、素敵な旅の締めくくりになりますね。

3日目は、午前中に時間があるならドンコイ通りでお土産探しついでに軽く街中を散策して、空港に向かいます。

ホーチミン観光、4泊5日モデルケース

ホーチミン観光、4泊5日モデルケース

image by iStockphoto

4泊5日の場合、1日目と5日目が移動日になりますが、2日目・3日目・4日目が終日フリーになりますので、存分に楽しめます。

2日目は、ベトナム観光の代名詞、メコンデルタツアーで、メコン川から見る雄大な景色を堪能しましょう。

3日目は、午前中に映画「ラマン」の舞台にもなった中華街「チョロン」で色彩豊かな寺院を見て、昼からは市内観光で、チョロンと市内の建築様式を見比べるのも面白いです。

4日目は、ドンコイ通りやべンタイン市場など、一日お買い物デーにすればお土産も迷わずに済みます。

ハノイについて知ろう!

ハノイってどんなところ?

ハノイってどんなところ?

image by iStockphoto

ベトナムと言えば、にぎやかで人懐こく、活気あふれるホーチミンを想像しますが、ハノイはこのイメージとはかけ離れています。
気候も日本の秋のような肌寒さを感じる時もあり、南国特有の賑やかさというよりはゆったりとした時間が流れます。

ベトナムの首都であるハノイには、ベトナムを建国したホーチミンさんの生家や遺体が安置さえている「ホー・チ・ミン廟」がある事からも、政治の中心とされています。

政治の中心のみではなく、ベトナム観光地の代表格でもあるハロン湾クルーズや旧市街地観光など、フランスの名残を感じられる観光スポットも多くあります。

ハノイ観光、2泊3日モデルケース

ハノイ観光、2泊3日モデルケース

image by iStockphoto / 100410129

1日目は、ノイバイク空港に到着後、タクシーでホテルのある市街地へ向かいます。
おそらくホテルに到着するのは夕方か遅い時間になる為、近くにあるロッテマートや近隣を散歩しつつ、ベトナムの空気を感じましょう。

2日目は、ハノイと言えば必ず行って買いたくなる、バチャン焼き物市場に行き、お気に入りを探してみましょう。
昼からはホー・チ・ミン廟やハノイ大教会など、市内観光をします。
時間があれば、外観がインパクト大のドンスアン市場まで足を延ばしてみるのも良いですね。

3日目は午前中にお土産探しもかねて、旧市街などでお買い物をして、帰路につきます。

ハノイ観光、4泊5日モデルケース

ハノイ観光、4泊5日モデルケース

image by iStockphoto / 42464524

1日目と5日目は移動日なりますが、中3日間は十分に時間が取れますので、少し遠出してベトナムらしい観光スポットを巡る事もできます。

2日目は、名前は知らなくても写真は見た事がある、ハロン湾クルーズの日帰りツアーに出かけましょう。
水辺に突き出た多数の岩と雄大の自然を満喫できます。

3日目は、自分へのご褒美プレゼントとお土産を調達するお買い物デーです。
午前中はバチャン焼き物市場へ、午後からは旧市街やドンスアン市場でベトナムらしい雑貨屋お土産物を探すのも良いですね。

4日目は、世界遺産のタンロン遺跡を含めた市内観光で、ゆっくりとハノイの街を堪能しましょう。
時間があれば水上人形劇を見るのもおすすめです。

ダナンについて知ろう!

ダナンってどんなところ?

ダナンってどんなところ?

image by iStockphoto

ハノイとホーチミンのちょうど真ん中ほどに位置するダナンは、近年ビーチリゾートとして脚光を浴びています。
「世界のきれいなビーチ6選」に選ばれたミーケビーチには高級リゾートホテルが立ち並び、白砂続く素敵な砂浜でゆったり過ごしたり、他のベトナムの都市とは違った楽しみ方ができます。

もちろんリゾートだけではなく、世界遺産やベトナムらしい観光地や、ランタン祭りで人気の高い都市、ホイアンもあり、多方面で存分に楽しめます。

ダナン観光、2泊3日モデルケース

ダナン観光、2泊3日モデルケース

image by iStockphoto

ダナンでの2泊3日なら、やっぱり日頃の喧騒から離れてリゾートホテルを予約して、ミーケビーチでのんびり過ごすのがおすすめです。

翌日の観光に備えて、初日の移動日はホテルでゆっくり過ごして英気を養いましょう。

2日目は、午前中をのんびり過ごしたら、せっかくベトナムまで行くのですから、ベトナムらしいところも見ておきましょう。
ダナンから車で一時間ほどのところにあるミーソン遺跡は、かつての王朝時代の面影を感じる事ができます。

3日目は朝早く起きて、ベトナムの有名観光地の1つでもある、五行山でマーブルマウンテンを見に行きましょう。
周囲にはお土産屋さんもありますので、お土産などを買っておくのがスムーズですね。

ダナン観光、4泊5日モデルケース

ダナン観光、4泊5日モデルケース

image by iStockphoto / 67975863

ベトナムの中央にあるダナンでは、1日目と5日目の移動日を除いても、中3日間をのんびりじっくり楽しむことができます。

2日目は、観光客に人気のホイアン観光へ出かけましょう。
たくさん見どころのある街ですので、一日かけて観光したら、タクシーでダナンに戻ってきましょう。

3日目は、ベトナム名所の1つでもある五行山をはじめとする市内観光に出かけます。
近くには白砂がキレイなノンヌオックビーチと周辺のカフェやお土産屋さんでお土産を買うのも良いですね。

4日目は、ダナンからタクシーで1時間ほどのところにある世界遺産、ミーソン遺跡を観光します。
ベトナムでは珍しいヒンドゥー教の影響を受けたミーソン遺跡では、とても不思議な雰囲気を体感できます。

ベトナム観光で行きたい観光スポットはここ!

寺院や世界遺産、自然や街並み、食べ物からお買い物まで、唯一無二のおすすめ観光スポットはたくさんありますが、中でもぜひ訪れてほしい場所を、おすすめポイントと共にご紹介します。

まるでジャングル探検、メコン川クルーズ

まるでジャングル探検、メコン川クルーズ

image by iStockphoto

同じ川でも、日本とは全く違う雰囲気を感じる事ができる、メコン川クルーズをご紹介します。

まず、川の黄土色と周辺にある木々の深緑、この日本では決して出会うことの無い2色のコントラストに驚かされます。
大きい船で小さな島に着いたら、昼食です。
ツアーによってはベトナム民族楽器の演奏が聴ける場合もあります。

だんだん川幅に合わせて船が小さくなり、最後は、映画「地獄の黙示録」の撮影が行われたジャングルを、小舟に乗って遊覧します。
うっそうとしたジャグルは、まさに「非日常」を体験できます。

エキゾチックを体感できる街、チョロン

エキゾチックを体感できる街、チョロン

image by iStockphoto

ホーチミンの中心部から少し外れにあるチョロンは、私たちが知っている中華街とは随分イメージが違います。

映画「ラマン」の撮影が行われたこのチョロンには、観光客が立ち寄れるような市場やレストランはありませんが、異国情緒という点では一見の価値があります。
特におすすめなのはティエンハウ寺です。
赤とエメラルドグリーンのコントラストや、天井から無数に吊られた渦巻状の線香は、一度見たら鮮明に記憶に残ります。
ただし、観光客向けの場所ではない為、訪れる場合は旅行会社などで現地ガイドについてもらいましょう。

ベトナム戦争の傷跡が残るクチトンネル

ベトナム戦争の傷跡が残るクチトンネル

image by iStockphoto

ベトナムと言えば、少しご年配に方にとっては「ベトナム戦争」のイメージが強いと思います。
今となっては観光だけならビザいらずで南北を自由に行き来できますが、かつては南北断裂の大きな戦争があり、その犠牲の上に今のベトナムがあります。

そのベトナム戦争に触れられる観光スポットが、ホーチミン北部の郊外にあるクチトンネル。
全長250㎞にわたる地下トンネルは、アメリカの攻撃から身を守るために作られたもので、なんとも言えないその雰囲気を体験する事ができます。

欲しいものは何でも揃うベンタイン市場

欲しいものは何でも揃うベンタイン市場

image by iStockphoto

ホーチミンの中心にあるベンタイン市場は、ある意味テーマパークのように、目に映るすべてに驚きます。
食べ物から衣類、雑貨や化粧品までありとあらゆるものが雑多に積み上げられ、どこから手を付けようか、迷ってしまうほどです。
1000以上の店舗がぎゅうぎゅうに並び、買いたいものは一通りそろっています。

観光客も非常に多く、売り子からの「買ってよ」アピールも強いので、行く前には買いたいものをある程度リストにまとめてから行く事をおすすめします。

自然の大パノラマ、ハロン湾

自然の大パノラマ、ハロン湾

image by iStockphoto

まるで水墨画の中に入ったような幻想的な世界遺産のハロン湾は、ベトナム北部のハノイから日帰りで行く事のできる観光スポットです。
林のように海海から突き出た奇岩の間を船で突き進めば、前を見ても上を見ても初めて見る景色に感動します。

又、ハロン湾周辺にある町ホンガイでは、龍が降り立ったという伝説のロンティエン寺や、魚介類が楽しめるハロン市場など、観光やグルメなど、色々と楽しむことができます。

ベトナムの歴史に触れるホーチミン廟(びょう)

ベトナムの歴史に触れるホーチミン廟(びょう)

image by iStockphoto

フランス支配からの独立、アメリカとの激戦を経て勝ち取った独ロつは、ホー・チ・ミン無くしては成しえませんでした。
そんな独立の英雄であり、市民からは「ホーおじさん」と慕われるホーチ・ミンの功績を知る事ができるのが、ハノイの中心地にあるホーチミン廟(びょう)です。

近代的なデザインの建物で、入り口でセキュリティチェックを受けて中に入ったら、ひんやりした室内に遺体が安置されています。
過酷な戦争の上に今の平和がある事に敬意を表して、ぜひ訪れてみて下さい。

大理石の連山、五行山

大理石の連山、五行山

image by iStockphoto

ベトナムのちょうど中間にあるダナンから、車で10分ほどのところにある五行山は、5つの連山でできていて、別名「マーブルマウンテン」と呼ばれるように、大理石でできています。
この五行山は、かつて栄えたチャンパ王国の聖地だったこともあり、今もその遺産が残る偉大な山であると同時に、ダナンを訪れる観光客には人気のスポットとなっています。

登山が中心の観光になりますが、山登りと侮るなかれ、途中にある洞窟や、天井から後光を浴びた仏像を見ながら登って行くと、最後には荘厳な景色が待っています。

橋全体がまるで龍のようなロン橋

橋全体がまるで龍のようなロン橋

image by iStockphoto

ベトナムを旅行していると、何かしらの龍をモチーフにした彫刻の寺院が多くあり、「かっこいい」の一言につきます。
しかしここでご紹介するドラゴンブリッジを見ずしてベトナムの龍は語れません。

ダナンにある全長666メートルのロン橋は、別名「ドラゴンブリッジ」と呼ばれているように、巨大な龍を模したデザインになっています。
夜には4つの橋がライトアップされ、その虹色に光る様子はとても幻想的なり、週末には、龍が火を噴くベントが催されていて、ドラゴン好きにはたまらないスポットです。

見た事ない色彩を体験、古都ホイアン

見た事ない色彩を体験、古都ホイアン

image by iStockphoto

ダナンから車で30分ほど行くとm世界遺産に登録されているホイアンという町があります。
かつて栄えたチャンパ王国の貿易港として栄えたこの町は、中国や日本などの様々な文化を程よくミックスした独特な文化となり、私たち日本人には懐かしいような新しいような不思議な気持ちになります。

中でも満月の夜に行われるランタン祭りは、たくさんのランタンの光を際立たせるため、町中の明かりを消して行われるため、より幻想的な光景を見る事ができます。

ベトナム初の世界遺産、フエ

ベトナム初の世界遺産、フエ

image by iStockphoto / 58278962

いきなり三国志の時代にタイムスリップしてしまったかのような景色に出会えるのは、ベトナムで初めて世界遺産になったフエという町です。

ベトナム最後の王朝「阮朝(ぐぇんちょう)」があった場所で、その外観は他の都市に比べ色味は少ないもの、どっしり構えたたたずまいは独特の雰囲気が感じられます。

又、一歩室内に入ると、思わず「かわいい」と言ってしまいそうな、柱にピンクの龍が巻き付くように彫ってあったリ、モザイク柄のタイルが敷き詰められていたりと、中々教務部会内装をしています。

ベトナム観光もいよいよ終わり。お土産を買うならこれ!

やっぱり旅の締めくくりは、日本に帰って旅自慢と共に周りに渡すお土産を買う事ですよね!できれば自分が納得できて、なおかつ珍しく、そして相手にも喜ばれるモノを選びたいものです。

そんな条件のそろった、お土産に最適なものを厳選してご紹介します。

苦みと甘みのバランスが絶妙なベトナムコーヒー

苦みと甘みのバランスが絶妙なベトナムコーヒー

image by iStockphoto

ベトナムの濃密な空気にふさわしい、コンデンスミルクが甘く濃いベトナムコーヒーはいかがですか?こうばしいベトナムコーヒーの粉と独特なコーヒーフィルターがセットになって、もらったらすぐに楽しむことができる人気のおみやげです。

意外に日本人にも会う333(バーバーバー)ビール


333バーバーバー ビール 瓶 355ml×24 ベトナム: 食品・飲料・お酒

333バーバーバー ビール 瓶 355ml×24 ベトナム: 食品・飲料・お酒

注):輸入ビールは取り寄せ商品ですのでお時間がかかる場合がございます。日付指定はご遠慮いただきます。ご了承のほどお願い致します★すっきりとして飲みやすいベトナムで有名なビール

image & description by Amazon

Amazonで見る

「333」と書いて「バーバーバー」と読む、ベトナム特産のビールです。
ホーチミンなどは特に年中常夏ですので、ビールたくさん飲む地域で、屋台でフォート一緒にビールを頼むと、缶のまま普通にでてきます。

味は、日本人にも飲みやすく癖もありませんので、アジアの独特な風味が苦手な方にも喜ばれるおみやげです。

キラキラ虹色に光る螺鈿(らでん)細工


[ベトナムお土産] ラデン 小物入れ (海外 みやげ ベトナム 土産): 食品・飲料・お酒

[ベトナムお土産] ラデン 小物入れ (海外 みやげ ベトナム 土産): 食品・飲料・お酒

貝の内側部分を切り出してはめ込む美しい模様が印象的なラデンの小物入れは贈り物に最適です。

image & description by Amazon

Amazonで見る

貝殻の裏側に虹色に光る部分があるのを見た事があると思いますが、その部分をはがして木や漆器に装飾するのを、螺鈿(らでん)細工と言います。

サンダルや一輪挿し、大きいものでは家具などにも用いられ、濃い色にあの独特なキラキラした装飾がアクセントになり、とても美しく光ります。

天然素材でやさしいAZIAL(アジアル)の石鹸


ハウス・ドクターイグルー アジアル フローラル 石鹸 (マンゴミント) [海外直送品][並行輸入品] | 洗顔せっけん 通販

ハウス・ドクターイグルー アジアル フローラル 石鹸 (マンゴミント) [海外直送品][並行輸入品] | 洗顔せっけん 通販

● 登録日:平成 27年 11月 23日 House Dr.Igloo Azial Floral Soap (Mango Mint) ● 製造会社:ナチュラルランデブー● 原産地:ベトナム● 内容量:100g● 主要成分:ココナッツオイル、米ぬかオイル、マンゴオイル、ペパーミントオイル、カカオシードバターオイル● 商品説明 :海水で抽出した天然塩成分であるhydroxide…続きを読む
image & description by Amazon

Amazonで見る

日本でも天然素材を原料とするコスメが人気ですが、そんなナチュラル思考の女性へのお土産にするなら、AZIAL(アジアル)の石鹸がおすすめです。

フランスの文化とベトナムの自然からできた石鹸は、水の代わりにアロエを使い、しっとりとした洗い上がりで喜ばれるおみやげになります。

水中花のような蓮茶


KUKU(クク) ハス茶 2g×24P | 中国茶 通販

KUKU(クク) ハス茶 2g×24P | 中国茶 通販

ベトナムでも有数のお茶の名産地BAOLOC(バオロック)。ここで生産された上質な茶葉のみをし使用しています。現地の農園と直接契約し、手間隙かけて大切に育て上げた茶葉を使用しています。手作りのにこだわり上質な茶葉にベトナムの蓮花で香りをつけました。くせがなく、口に広がるほのかな甘みが特徴です。ティーバックなので気軽に蓮茶をお楽しみいただけます。

image & description by Amazon

Amazonで見る

ベトナムの中部でよく使われる蓮は、その身は蒸し物に入れたり、お茶として飲んだりと使い道が色々ありますが、その中でもお土産として人気があるのが蓮茶です。

飲みやすい味ながら、蓮の甘い香りと、お湯に入れるとゆっくり花開くような様子は、見た目も楽しめます。

みんなに配りたい!インスタント麺


ベトナムお土産 インスタントフォー 10袋セット | ライスヌードル 通販

ベトナムお土産 インスタントフォー 10袋セット | ライスヌードル 通販

1袋あたり税込189円! リーズナブルに2つの味が楽しめるインスタントフォー

image & description by Amazon

Amazonで見る

ベトナムをあまり知らない人にとっては、あまり見た事のないものをもらっても、少し抵抗があります。
そんな時はズバリ、フォーのインスタント麺をおすすめします。
1袋で50円前後と安く、色々な味があるので、たくさん買ってよりたくさんの人にベトナムの事を伝えましょう。

今まで見た事のない景色を見に行こう

ベトナムを一言で言うと、「融合」という言葉が一番しっくりきます。
中国とフランス、場所によっては日本文化も融合し生み出された独特な文化は、懐かしいのに見たことの無い、不思議な雰囲気を味わう事ができます。
そんな他に類をみないベトナムの空気を、ぜひ体感してみて下さい。
photo by iStock

アジアの記事を見る

ベトナム旅行なら「バチャン」は外せない!村全体が陶器にあふれている「バチャン」でお気に入りを見つけよう
ベトナムでのんびりと過ごすならここ!「ファンティエット」で見た絶景10選
群雄割拠ハンパなし!中国の春秋時代の激動ぶりをご紹介
韓国旅行なら「昌徳宮(チャンドックン)・仁寺洞(インサドン)」は外せない!行き方、料金や営業時間は?
韓国旅行なら「ロッテ・ワールド・アドベンチャー」は外せない!行き方、料金や営業時間は?
【ベトナム】まるで探検気分!メコン川クルーズが楽しめる「ミトー」の町
ベトナム観光なら次はここ!メコン川、田園風景、水上住宅など「チャウドック」で見たい絶景10選
香港のお土産ならこれ!ぴったりのお土産が絶対見つかる20選
ベトナム観光なら、水上マーケットが体験できる町「カントー」を選択肢に
ベトナム観光で行きたい!花が咲き乱れる美しい湖がある高原リゾート「ダラット」の魅力
【台湾】海が見たくなったら「基隆」へ行こう!グルメ・絶景スポットガイド
「西門紅樓」にはメイド・イン・台湾のグッズがたくさん!行き方・観光情報まとめ