ベトナム観光なら次はここ!メコン川、田園風景、水上住宅など「チャウドック」で見たい絶景10選

チャウドックはチャム族や中国人、クメール族の人々などが住んでいる多種多様な町。広大なメコン川と田園風景が美しいチャウドックの町を紹介します。

#1 カンボジアとの国境にある町

カンボジアとの国境にある町

image by iStockphoto

チャウドックはカンボジアとの国境にある町で、カントーから91号線を北へ約130kmのところにあります。
メコンデルタ(メコン川下流の三角州)は道路の整備が悪く、カントーから車で約6時間かかります。
チャウドックはカントーと同じメコン川沿いに町があるので、のんびりと船で川を上っていく方法もありますが、時間は車よりかかってしまいます。

チャウドックの住所・アクセスや営業時間など

名称チャウドック
名称(英語)Tp. Châu Đốc
住所Châu Đốc, tỉnh An Giang, Việt Nam
営業時間・開場時間
利用料金や入場料
参考サイトhttp://chaudoc.angiang.gov.vn/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

チャウドックのスポットページ

#2 細い運河が縦横に走るメコン川

細い運河が縦横に走るメコン川

image by iStockphoto

メコン川は流れに沿って細い運河が縦横に作られており、昔からメコン川の交通手段は船であったことがよく分かります。
チャウドックへ向かう道に沿うように運河が走り、運河沿いの道には切れ間なく家が並んでいます。
メコンデルタは運河沿いに幹線道路ができ、その周りに家が続く独特の風景を生み出しています。

メコン川の住所・アクセスや営業時間など

名称メコン川
名称(英語)Sông Cửu Long
住所tỉnh An Giang, Việt Nam
営業時間・開場時間24時間
利用料金や入場料無料
参考サイトhttps://vi.wikipedia.org/wiki/S%C3%B4ng_C%E1%BB%ADu_Long
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

メコン川のスポットページ

#3 多様な人種構成でできている町

多様な人種構成でできている町

image by iStockphoto

チャウドックの町並みは中国に似ていますが、町には頭に布を巻いたカンボジア・クメールの人も歩いています。
チャム族の村が対岸にあり、チャム族の村にはイスラム教のモスクがあります。
小さな町の中に仏教の寺院やキリスト教の教会などがそろっており、カントー同様複雑な構成となっています。

ダーフック村の住所・アクセスや営業時間など

名称ダーフック村
名称(英語)xã Đa Phước
住所xã Đa Phước, An Giang, Việt Nam
営業時間・開場時間
利用料金や入場料
参考サイトhttps://vi.wikipedia.org/wiki/%C4%90a_Ph%C6%B0%E1%BB%9Bc,_An_Ph%C3%BA
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ダーフック村のスポットページ

#4 メコン川を代表する風景

メコン川を代表する風景

image by iStockphoto

メコン川はゆったりと流れ、流れにはいろいろなものが浮いています。
上流からは土砂とともに、流木や浮き草などが流れてきます。
メコン川を流れてくるもので特に目立つのが浮き草。
カントーでもよく見かけますが、それほど目立つ量ではありません。
しかし、チャウドックでは大きな塊となって流れています。
雨季には、浮き草はさらに流れてきます。
流れがよどんだ川岸に浮き草が集まり、島のようになり、川幅を狭めるほど。
浮き草もメコン川を代表する風景のひとつです。


#5 夕映えに染まるメコン川

夕映えに染まるメコン川

image by iStockphoto

夕方になり太陽がゆっくり落ちて辺りが暗くなるにつれて、メコン川の流れは赤く染まります。
まわりの建物が黒い影となっていく中で、メコン川だけは赤く輝き、さらに暗さを増すと黄色くなり闇に消えていきます。
この夕陽を見るだけでもチャウドックに来る価値はあります。

#6 水上住宅が何件も並んでいる

水上住宅が何件も並んでいる

image by iStockphoto

メコン川の水の上に何件も水上住宅が並んで浮いています。
一見すると長屋のようにも見えますが、これはただの住宅ではなく、家の下の水中に金網を張ってそこに魚を貯める仕掛け、つまり生け簀になっています。
魚専用のエサを製造している家もあります。
漁師たちは収穫した魚をいったん自分の家に持ち帰り、生け簀で育てています。
養殖とは違います。
メコン川の水はここでも巧みに利用されています。

#7 高床式になっている家々

高床式になっている家々

image by iStockphoto

対岸にあるチャムの村は昔ながらの生活をしています。
もともとは漁師ですが、今は副業としてチャム独自のハンディークラフト製品を観光客に売っています。
家は高床式ですが、あまりベトナムでは見かけません。
高床式になっているのはメコン川の氾濫に備えて造られているためです。
雨季になると川の水量が増え、岸からあふれ出します。
運河周辺の家も同じように高い足をつけた家となっています。
チャウドックの川べりの家は、すべてこうした形です。
メコン川は多くの恵みを与えてくれていますが、同時に危険をもたらす川であることを物語っています。

関連記事を見る

アジアの記事を見る

【香港の歴史】4億年前から21世紀まで~できる限り調べてみました!
韓国の世界遺産を全部解説!一覧でわかる韓国の歴史
インドネシアの世界遺産一覧。世界最多の島嶼をもつ国の不思議な遺産の数々
”光り輝く島”との名を持つ「スリランカ」の世界遺産を全てご紹介
乱世の奸雄と呼ばれた「曹操孟徳」(曹操/そうそう)とは?
日本から飛行機で4時間に位置する群島国家、フィリピンの世界遺産を6件すべてご紹介
タイをよく知る筆者が教える、プーケットの観光完璧ガイド
バンコク観光の予算は?モデルコースや観光スポットは?タイに詳しい筆者が教える観光ガイド
年中パラダイス!常夏の国・シンガポール留学の魅力
今流行りのフィリピン留学。実際のところどうなの?
インド観光なら次はここ!「バンガロール」で見たい絶景10選
奇跡を起こさない聖人――東洋道徳の祖〈孔子〉の歴史