【ベトナム】まるで探検気分!メコン川クルーズが楽しめる「ミトー」の町

ミトーはホーチミン市から車で2時間弱で行くことができます。小さなボートでメコン川を下るメコン川クルーズが楽しめるミトーの町を紹介します。
  • style="display:inline-block;width:336px;height:280px" data-ad-client="ca-pub-1386733479651016" data-ad-slot="6199981080">

悠々と流れるメコン川をクルーズ

悠々と流れるメコン川をクルーズ

image by iStockphoto

ミトーはミトー川に面したメコンデルタの入り口にある町です。
川幅は3kmもあり、トイソン島、フーン島、ロン島、クイ島の4つの中島があります。
海のように広い川となっており、曇っている日や雨の日には川向う側は霞んで見ることができません。
ボートクルーズは川の中島に向かって繰り出します。

ツアーではフルーツ食べ放題も

ツアーではフルーツ食べ放題も

image by iStockphoto

それぞれの島に果樹園などがあり、観光用に開放されています。
バナナ、パイナップル、ドラゴンフルーツ、パパイヤなどが食べ放題で出てきます。
タイソン島内では、ライスペーパー工場を見学できるツアーもあります。
また、名物のココナッツキャンディを作る工場もあり、製造工程を見ることができます。
また、作りたてを買うこともできます。

島内を散策することもできる

島内を散策することもできる

image by iStockphoto

フーン島という島には、椰子の実だけを食べて生活するという椰子の実教団の建物が残っており、この島で共同生活を送っていました。
教祖はダオズアという人で、仏教、キリスト教、イスラム教、カオダイ教などすべてを融合した教えを唱えていました。
ベトナム戦争時代には南北統一を説き、何度も南ベトナム政府に逮捕されています。
教祖が1990年に亡くなると、教団は自然消滅してしまいました。
残された教団の建物があまりにもユニークなので公園としてそのまま残されています。
9本の柱が奇妙な装飾で立っています。
これはメコン川の流れを現わしていました。
教義はともかくとして、ユニークな建物は今やメコン川流域に欠かせない観光名所となっています。

細い水路を行くジャングル・クルーズ

細い水路を行くジャングル・クルーズ

image by iStockphoto

メコン川クルーズは果樹園で新鮮なフルーツを食べ、自家製のハチミツ、酒などの製造所などをまわるのがコースとなっており、カフェもあります。
いずれも観光用に用意されたものばかりです。
しかし、メコン川の持つ魅力はやはり、もう少し奥地に行かなければ実感できません。
それには、小舟で行くニッパヤシのジャングル・クルーズがおすすめです。
ボートでは左右に揺れるボートのバランスをとるために中央に乗り、ブレーキをかけるときは椰子の葉をつかんで調整します。
乗船時間は15分程です。

壁のように草が生い茂る

壁のように草が生い茂る

image by iStockphoto

細い水路がニッパヤシの生い茂るジャングルを突き抜けていて、その中を手漕ぎボートで進んで行きます。
背の丈よりはるかに高いニッパヤシの陰で周囲はまったく見えません。
ジャングルの奥は迷路のようになっていて、水路がなければ方向はまったく分からなくなります。
細い水路を小舟同士がすれ違うと、昔のメコン川の日常を感じることができます。
このジャングルを抜けるとメコン川クルーズは終わります。

ミトー料理を堪能できる

ミトー料理を堪能できる

image by iStockphoto

ミトーの特産品といえば、まっ先に上がるのが米、そしてバナナとなります。
米はベトナム一の高級品と言われています。
もう一つ忘れてならないのがエレファント・フィッシュ。
メコン川で取れる魚ですが、なぜかミトーでしか食べられません。
レストランに行けば必ずあります。
うろこが硬く、鯛を思わせる外観をしています。
白身で味は美味です。
この魚はから揚げで出てきます。
ベトナムでの名前はカー・タイ・トゥオン。
ミトーのメコン川クルーズは昼食も付いてくるパターンが多く、その時の定番料理でもあります。
他にも、ボール状に膨らんだ揚げ餅なども楽しめます。

ホーチミン市から近くて便利

ホーチミン市から近くて便利

image by iStockphoto

ミトーはホーチミン市に近く、大都市の影響を強く受けています。
デルタクルージングが定番となったのも、大都市からの日帰りツアーに対応したためです。
観光化され、他のメコンデルタの町より近代化されています。
ミトーの町は1680年に初めて入植した中国人によって作られました。
そのため町は中国的な雰囲気があります。

眺めのいいラック・ミエウ橋

眺めのいいラック・ミエウ橋

image by iStockphoto

約7年の歳月をかけて造られた、ミトーとベンチェーを結ぶ橋です。
2009年に完成しました。
全長8331mのこの橋は、トイソン島、フーン島とも結ばれており、陸路でふたつの島へも行けるようになりました。

美しく整備された敷地に建つ永長寺(ヴィンチャン寺)

美しく整備された敷地に建つ永長寺(ヴィンチャン寺)

image by iStockphoto

市内から東に約1kmのところにあります。
椰子の木に囲まれた仏教寺院で、1848年に開かれた寺ですが、その造りは日本の寺とは違い、中国とフランスの建築様式を取り入れた曲線的が優美な外観です。
中には僧のための学校もあり、ここで4年間修業を積むと言われています。
敷地内には巨大な観音像と弥勒菩薩像が立っています。

路上市場も広がるミトー市場

路上市場も広がるミトー市場

image by iStockphoto

おもに生鮮食品が売られています。
屋内に設置されており、細い路地には新鮮な野菜や魚がズラリと並び、市場周辺にも路上市場が広がっています。
道を挟んだ北側には国営百貨店があり、こちらでは生活雑貨が売られています。

いろいろな楽しみ方があるクルーズ

メコン川クルーズは、食べたり見学したりと盛りだくさんの内容ですが、島で生活する人々の日常生活の風景を垣間見ることもできるのも楽しみのひとつです。
photo by iStock

アジアの記事を見る

アドリア海の女王と呼ばれるヴェネツィアが巨万の富を得たレヴァント貿易ってどんなもの?
漫画キングダムのその先は…?秦の始皇帝の歴史
タイでボランティアしている筆者が指南♪タイの観光完璧ガイド
韓国旅行なら「興仁之門 東大門/フンインジムン トンデムン」は外せない!行き方、料金や営業時間は?
ベトナム旅行は私に任せて!ホイアンの観光完璧ガイド
中国にヨーロッパが出現!?マカオの世界遺産全部解説!
ベトナム旅行は私に任せて!ホーチミンの観光完璧ガイド
高層ビルが立ち並ぶ広州の都市景観!中国観光「広州(コウシュウ)」で見たい絶景10選
ベトナム旅行は私に任せて!フエの観光完璧ガイド
台北らしさがギュッと詰まった街『永康街』で1日過ごすなら?おすすめ&行き方まとめ
台北観光の代表格!「故宮博物院」のおすすめ展示&行き方まとめ
ベトナム旅行ならベトナムの中華街「チョロン」は外せない!「ティエンハウ廟」他、見どころはここ

関連記事を見る