ベトナムでのんびりと過ごすならここ!「ファンティエット」で見た絶景10選

ファンティエットは、カータイ川の河口にある人口約16万人の港町です。ホーチミン市からは北東へ約250kmのところにあります。町に入ると独特な魚の香ばしい匂いがしてきますが、これはヌックマム(魚醤)の匂い。ファンティエットの町はベトナムの特産品ヌックマムの産地として知られています。また、新しいシーサイドリゾートとしても脚光を浴びており、大型のリゾートホテルやミニホテルなどが続々とオープンしています。

ベトナム料理に欠かせないヌックマム

ベトナム料理に欠かせないヌックマム

image by iStockphoto

ベトナム料理の味を作るヌックマム。
ヌックマムは、ベトナム人にとっては調味料の主役であり、日本人にとってのしょうゆと同じようなもので、料理には欠かせない調味料です。
ヌックマムはもともとチャム族が考え出したもので、魚が豊富に取れるこの地で、小魚を利用して独特のソースを作りました。
現在ではベトナム料理を代表する調味料となりました。

町のいたるところにヌックマム工場がある

町のいたるところにヌックマム工場がある

image by iStockphoto

ファンティエットは、フーコック島と並ぶヌックマムの名産地。
現在でもファンティエットの町には公営、私営を含めてヌックマム工場がたくさんあります。
ヌックマムは、新鮮な魚を使わなければできないので、港町でしか作ることができないと言われています。
昔はどこの家庭でも自家製のヌックマムが作られていました。
今は公営工場が建ち、大きな建物の中で製造されています。

ファンティエットの住所・アクセスや営業時間など

名称 ファンティエット
名称(英語) Phan Thiết
住所 Phan Thiết, Bình Thuận, Việt Nam
営業時間・開場時間
利用料金や入場料
参考サイト http://gpphanthiet.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ファンティエットのスポットページ

昔ながらの製造方法

昔ながらの製造方法

image by iStockphoto

ヌックマムの製造工程は簡単で、工場内もシンプルです。
大きな工場なのに、作り方も昔のまま。
毎朝、港から運ばれてくる小魚を集め、巨大なタンクに入れます。
塩と砂糖を加えてそのまま樽の中で約4ヵ月寝かします。
2ヵ月の場合もあるそうです。
気候、温度によっても変わり、その後巨大窯で沸騰させ、魚醤を取り出します。
大きな工場でも手仕事が多く、チャム時代と作り方はまったく変わっていません。

お手頃価格のヌックマム

お手頃価格のヌックマム

image by iStockphoto

ヌックマムには度数があり、35度が一番おいしい言われています。
ヌックマムは薄い琥珀色でウイスキーのような色をしています。
あっさりとした味で寿司に合うという人もいます。
慣れるとこの味が忘れられなくなり、ベトナム料理というよりもヌックマムに惹かれるという人もたくさんいます。
ファンティエットで購入すると1リットルで1本あたり1万4500ドン。
日本円で100円ちょっととたいへん安く、少し重たいですがおみやげにも喜ばれます。







おだやかでのんびりとしたムイネービーチ

おだやかでのんびりとしたムイネービーチ

image by iStockphoto

ファンティエットの町から東へ約23km、半島の西側にある小さな漁村です。
そこへ向かう道の両側には高いヤシの木が生い茂り、リゾートホテルやレストランなどが並んでいます。
ファンティエットには立ち寄らず、このリゾートエリアを目指す観光客も増えています。
ムイネーの漁港では無数の漁船が停泊し、岸では小魚や小エビを天日干しする光景が見られます。
また、早朝や夕方は、漁を終えた船が戻ってきて魚を水揚げする様子が見られます。

ムイネーの住所・アクセスや営業時間など

名称 ムイネー
名称(英語) Mũi Né
住所 Mũi Né, Thành phố Phan Thiết, Bình Thuận, Việt Nam
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.longsonmuine.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ムイネーのスポットページ

美しい風紋も見られる砂丘

美しい風紋も見られる砂丘

image by iStockphoto

ムイネー村の北側の一帯には海岸からせりあがるようにして砂丘が広がっています。
グエンディンチュウ通りからムイネー村手前を北東へ行くと、黄砂の砂丘、イエロー・サンデューンが見えてきます。
ここではプラスチック板を使って砂丘滑りを楽しむことができます。
そこからさらに約25km行ったところに、白砂の砂丘、ホワイト・サンデューンがあります。
砂丘の麓には水をたたえた蓮池があります。

イエロー・サンデューンの住所・アクセスや営業時間など

名称 イエロー・サンデューン
名称(英語) Đồi Hồng
住所 706B, Mũi Né, Tp. Phan Thiết, Bình Thuận
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://kay.vn/blog/kham-pha-ve-dep-doi-hong-mui-ne-218.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

イエロー・サンデューンのスポットページ

レッド・キャニオンと呼ばれる赤土の谷

レッド・キャニオンと呼ばれる赤土の谷

image by iStockphoto

砂丘の少し手前には、規模は小さいですがレッド・キャニオンと呼ばれる赤土の谷があります。
これらの砂丘には旅行会社のツアーか、車やバイクタクシーをチャーターして行くことができます。
次のページでは『渓流ウォーキングが楽しめる』を掲載!
次のページを読む >>