ベトナム旅行は私に任せて!フエの観光完璧ガイド

ベトナムを旅行する場合、ほとんどの場合は北部のハノイ・南部のホーチミン、そして中部のダナンとホイアンのオプショナルツアーとしてフエを追加する場合がほとんどです。しかし滞在経験のある筆者にとって、「なんてもったいない!」という思いから、今回あえてフエを中心にご紹介したいと思います。

ベトナムで初めて登録された世界遺産があり、その際「賞賛すべき建築上のポエム」とまで言わしめた素晴らしい街「フエ」の魅力を全力でお伝えします。

フエ観光の前に知っておこう!

他のベトナムの都市に比べて、積極的に紹介される事の少ないフエですが、世界遺産に登録されているとは言え、いったいどういうところなのか気になりますよね。
おすすめの観光地スポットはもちろん、気候や治安など、色々な側面からお伝えします。

フエってどんなところ?フエ観光って何をするの?

フエってどんなところ?フエ観光って何をするの?

image by iStockphoto

世界遺産に登録されている、ベトナム最後の王朝である「阮(グェン)王朝」をはじめ、王宮の遺跡が広範囲にわたり残るところで、その美しい景観は、突然三国志の世界に迷い込んだような不思議な感覚を覚えます。

フエでの観光は、その王宮が広がる旧市街と、ベトナムの生活が垣間見える新市街を観光する事と、もちろん宮廷料理をはじめとするグルメを楽しむ事が観光のメインになります。

フエの住所・アクセスや営業時間など

名称 フエ
名称(英語) Huế
住所 Huế, Thừa Thiên Huế, Việt Nam
営業時間・開場時間
利用料金や入場料
参考サイト https://www.thuathienhue.gov.vn/vi-vn/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

フエのスポットページ

フエを十分に楽しむ所要時間は?

フエを十分に楽しむ所要時間は?

image by iStockphoto

フエに残る王宮の遺跡は、私たちが思っている以上にたくさんあり、外観だけではなくその絢爛豪華な内装も漏らさず見るなら、2日間は確保したいところです。
その他の市街地を散策する日程を1日を加え、4泊5日あれば大満足の旅行になります。

フエの気温は?おすすめの服装、おすすめの時期は?

フエの気温は?おすすめの服装、おすすめの時期は?

image by iStockphoto

ベトナムの中ほどにあるフエは、熱帯モンスーン気候で、非常に気温が高くなる2月から6月の乾季と、上着が必要なぐらい気温の下がる10月~1月の雨季に分かれます。
もちろん観光のおススメ時期は乾季で、中でも特に5月~8月なら天候を気にせず旅行が楽しめます。
一方雨季に旅行をする場合は、一日中降り続ける為、万全の雨対策で臨んで下さいね。

フエの営業時間や入場料は?

フエの営業時間や入場料は?

image by iStockphoto

各王宮ごとに入場料が設定されていますが、初めて訪れる場合はセットでチケットを購入する事ができます。
阮王朝・ミンマン帝廟・トゥドゥック帝廟・カイディン帝廟の4か所を見学するチケットがあり、大人が2000円、子供は400円で、ほぼ5時か6時で閉園します。
見どころがたくさんあるので、観光する際は少し計画を練っておいた方がスムーズに観光できますね。

フエ周辺の治安は大丈夫?

フエ周辺の治安は大丈夫?

image by iStockphoto

フエは、観光客が多く集まる場所なので、特別治安が悪いというわけではなく、一般的な海外旅行対策で十分賄えます。
ライトアップされた橋を見たり、ナイトマーケットに出かける際は、やはり夜なので対策が必要である事と、市場などに出かける時は、ひったくりなどに気を付ける必要があります。

フエ観光のモデルケースはこう!

他のベトナム地域に比べ、フエをメインにプランを紹介しているサイトはおそらく少ないと思いますので、観光のモデルケースを考えてみました。
ぜひフエをおススメしたい筆者にとっては、このサイトを見て少しでのフエに興味を持っていただけたら嬉しく思います。







フエ観光、2泊3日のモデルケース

フエ観光、2泊3日のモデルケース

image by iStockphoto

やはり、フエの見どころは何と言っても王宮巡りです。
もしベトナムにはフエだけを見に来た!という方は、中1日のみの観光なので、スマートに見たいスポットが回れるように、地図を見ながら計画を立てておきましょう。
先ほども少し触れましたが、阮王朝・ミンマン帝廟・トゥドゥック帝廟・カイディン帝廟の4か所を見学するチケットがおススメです。
3日目にベトナムの別の都市に移動する場合は、移動の時間に融通が利きますので、午前中をショッピングに充てたり、フエの街並みを散策してみましょう。

フエ観光、4泊5日のモデルケース

フエ観光、4泊5日のモデルケース

image by iStockphoto

もちろん、フエの観光では王宮巡りがメインになりますので、ぜひ訪れてほしいのですが、4泊5日あれば中3日を観光に充てられるので、2日間をかけて王宮が各所に点在する旧市街を、街並みを含め隅々まで見て頂きたいと思います。
それぞれのスポットから、内装外装ともに「こだわり」を感じる事ができます。

3日目は、もしもう少し大きな観光地を見たいならば、オプショナルツアーでダナンやホイアンに訪れるのも良いですし、少しゆっくりしたい場合は、旧市街の向かい側である新市街で、街並みを散策したりお買い物を楽しみましょう。

フエ観光の見どころはここ!

フエの見どころはたくさんありますが、やはり外せないのは世界遺産とその周辺の遺跡観光です。
そして世界遺産を含む遺跡以外にもメイン通りやグルメなど、魅力的な場所が多くありますので、それぞれにご紹介していきます。

世界遺産を堪能する!遺跡散策

世界遺産を堪能する!遺跡散策

image by iStockphoto / 18224767

世界遺産でもあり、ベトナム最古の王朝でもある阮朝(グェンチョウ)王宮や、西洋風に作られてはいますが、なぜか不思議な感覚を覚えるカイディン帝廟(ていびょう)、4代目阮朝王のトゥドゥック帝のお墓になっているトゥドゥック帝廟や、中国の文化に影響を受けてミンマン皇帝自らが設計したミンマン帝廟の4か所が、フエ観光では代表的は観光スポットです。
それぞれに似ているようで全く異なる様は、くまなく細部まで見たくなります。
この4か所がセットになった入場券が販売されていますので、ぜひ活用してください。

阮朝王宮の住所・アクセスや営業時間など

名称 阮朝王宮
名称(英語) Đại Nội
住所 Đoàn Thị Điểm, Thuận Thành, Tp. Huế, Thừa Thiên Huế
営業時間・開場時間 7:00−18:00
利用料金や入場料 150,000VND
参考サイト http://hueworldheritage.org.vn/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

阮朝王宮のスポットページ

異国情緒を味わえるフエ宮廷骨董博物館

異国情緒を味わえるフエ宮廷骨董博物館

image by iStockphoto

オレンジの屋根が目印のフエ宮廷骨董博物館は、東洋と西洋の文化がいい具合に混合された骨董品が数多くみられる珍しい博物館です。
ここにある骨董品をはじめ、フエの王宮内にあるものは非常に色鮮やかで、外観の落ち着いた雰囲気とのコントラストも楽しむ事ができます。

フエ宮廷骨董博物館の住所・アクセスや営業時間など

名称 フエ宮廷骨董博物館
名称(英語) Bảo tàng Cổ vật Cung đình Huế
住所 03 Lê Trực, Thuận Thành, Tp. Huế, Thừa Thiên Huế
営業時間・開場時間 6:30−17:30(夏期) 7:00−17:00(冬期)
利用料金や入場料 150,000VND(阮朝王宮と共通)
参考サイト http://hueworldheritage.org.vn/Default.aspx
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

フエ宮廷骨董博物館のスポットページ

天女の寺 ティエンムー寺

天女の寺 ティエンムー寺

image by iStockphoto / 15587363

フォン川のふもとに立つフエのシンボルのような7重の塔は、ティエンムー寺のもので、赤ともオレンジともつかないくすんだ色が、歴史を感じさせ、印象に深く残ります。
別名「天女の寺」とも言われ、地元の人も日常的にお祈りにやってくる、歴史ある仏教寺です。
入り口に塔が大きくそびえたちますが、かなり奥行きがありますので、時間があれば中まで見てみましょう。
次のページでは『世界文化遺産に触れる閲是(ズエットティ)堂』を掲載!
次のページを読む >>