「キラキラネーム」は日本だけじゃなかった!欧米のキラキラネーム事例

これまでの常識では考えられない名前をつける親が増えているとのこと。キラキラネームや、ネットスラングではDQNネームと呼ばれています。日本で発表された最近のキラキラネームには、振門体(ふるもんてぃ) 嗣音羽(つぉねぱ)野風平蔵重親(のかぜへいぞうしげちか)キック今日中(きっくきょうじゅう)なんて名前もあるそうですよ。詩羽楊(じばにゃん)なんて 名前も実際あるそうです。
世界に唯一の変わった名前や特別な名前をつけたいと思う親の気持ちは世界共通のようで、実は欧米にもキラキラネームは存在します。イギリス在住の筆者がお届けします。






世界の名前法律による取り締まり

世界の名前法律による取り締まり
以前に「悪魔」と子供に名前を付けたいという親と東京法務局とで裁判問題になり、メディアもこのニュースを取り上げていたことがありましたが、日本では基本的に人名用漢字と常用漢字の範囲であり、よほどの理由がない限り、名前は受理されるでしょう。
しかし、世界には名付けの法律がとても厳しい国がたくさんあります。
子供の人生に悪影響を及ぼすと見なされた名前を法律で却下している国もたくさんあり、スウェーデンやメキシコ、アルゼンチンもそのうちの国々です。
アイスランドでは女の子の名前は1853の、男の子は1712の国で厳選されたリストの中から選ばなければなりません。

ポルトガルには選んで良い名前例と悪い名前例が80ページにも渡り書かれている資料があります。
デンマークは選べるリストの数が7000と多いものの、やはりこの中から選ばなければなりません。

ドイツは決められた名前を選ばなければいけないだけでなく、名前から性別がはっきりわかるものでなければいけないという法律があります。
欧米には男女で使われてもおかしくない、ユニセックスな名前も多いのですが、これはドイツでは許されないわけですね。

有名人の子供たちの名前にはキラキラネームが多い

有名人の子供たちの名前にはキラキラネームが多い
さて、私が住むイギリスは以外とこの名付け法律が緩く、発音できるもので数字以外の悪影響がない名前ならオーケーとされています。

最近ではイギリスで人気の芸能人シェフが娘に「デイジーブー」、息子に「テディーベア」と名付けた事で話題になっていました。

これは有名な話ですが、マイケル・ジャクソンは子供を「Prince(王子)」と名付け、ブランケットと呼んでいました。
俳優のニコラスケイジの息子はニコラスのマンガ好きからか、スーパーマンの架空の生まれ故郷、「Kal-El」という名前がつけられています。
その他、女優シャニン・ソサモンはどういうわけか、息子に「Audio Science(音響化学)」という名前を与えました。

 







俳優ロブ・モローは名字がモローだということをいいことに、子供に「Tu」という名を与え、読み方を「 Tumorrow (トゥモロー、明日という英単語と同じ音)」 にしてしまいました。

世界の有名人/芸能人の子供のキラキラネームは例を挙げるときりがないほどあります。
目立ったお仕事をする人は、子供の名前も目立つ傾向があるようです。

ニュージーランドにも多いキラキラネーム

ニュージーランドにも多いキラキラネーム
ニュージーランドでの子供のキラキラネームのニュースも多いです。

ある子は「Talula Does the Hula From Hawaii (タルラはハワイのフラダンスを踊るという意味)」 というを名を与えられました。
冗談ではありません。
この文全てが名前です。
しかし、名前による苦痛に苦しみ、9歳になった時、裁判で名を変えることを勝ち取ったといいます。

他の例として、どういう経緯があったのかはわかりませんが、「number 16 bus shelter (16番バス停留所)」 という名前が受理された記録があったり、「4real (若い年代の携帯のメッセージで使われる、「まじで」という意味)」 という申請を却下され、代わりに「Superman(スーパーマン)」として受理された例もあります。

ニュージーランドは子供の人生に悪影響と与えると判断された名前は禁止されていて、名前の申請却下例も多くあります。

その例として、「Fish and Chips (フィッシュアンドチップス、イギリスを代表する国民食で、白身魚の天ぷらとフライドポテトの料理名) 」や、「Mafia No Fear (マフィアノーフィア、恐怖心のないマフィア、という意味です。
) 」
などがあります。
なぜこんな名前を子供に付けたいのかは謎ですが、特別な変わった名前を付けて人生をスタートさせてあげたいという愛情なのでしょうか。

次のページでは『名字とのバランスも忘れずに』を掲載!
次のページを読む >>
MANAMI

Writer:

人生の約半分をイギリスで過ごし、いろいろな世界の街角で、異文化の面白さを見てきました。異文化理解とは言葉で簡単に言えるほど容易なものではありませんが、私の異文化体験をお伝えし、そこから少しでもリーダーさんの異文化理解に繋がればと思います。

この記事のカテゴリ

コラム

関連記事を見る

コラムの記事を見る

なぜ「天動説」でなく「地動説」なのか?文系でもわかる天文学の歴史
北朝鮮を旅行して感じたこと…地元の人に出会ってびっくり!
私の見たイギリス…いまは斜陽の国イギリスが、新たな道を拓くには
人生最高の旅行をするために、持って行くべき、たったひとつのもの。
「世界一危険な海」を行く。写真が捉えた南極の絶景を見よ
世界一周を経験してもやっぱりハワイ!海外旅行リピート率ナンバーワンのハワイの魅力
世界一周中に体調不良はつきもの!これだけは日本から持参したい薬
世界一周して感じた永住したい国ナンバーワン!オーストラリアの魅力
本当は打たなくても良いの!?世界一周予防接種について
誰もがスリに遭遇!?世界一周防犯対策に持っていきたい物とその活用法
食事事情は大問題!世界一周でも美味しい料理が食べられる国
費用対効果抜群!!フィリピン留学のメリット・デメリット