英語に自信がない人へ…英語の苦手意識を減らす真実5選

日本人学生の海外留学の減少が話題となる一方、海外へ留学・ワーホリ・就職など、何かチャレンジしたい人は多いかと思います。そんな時に頭によぎるのは、「自分の英語力に自信がない」「もっと日本で勉強してからでないと…」という不安。米国に滞在経験のある筆者が、そんな人たちへのメッセージをお送りします。


#1 日本人にありがちな勘違い「英語が話せない」の定義

日本人にありがちな勘違い「英語が話せない」の定義
よく聞く、「私、英語話せないから」というのは、一体どういったことを意味するのでしょうか。
日本人の友人と話していて筆者が良く感じることは、「英語が話せない」ということの定義が、他の国の友人たちとギャップがあるということです。

「どうして英語が話せないと思うの?」と聞くと、TOEIC○○○点もないから、発音が良くないから、文法の理解が曖昧だから。
良く考えてみてください、これらの要点は「英語が話せない」ということではなく、「完璧、もしくはネイティブのようには話せない」ということではないでしょうか。

#2 「間違えること」は決して悪いことではない

「間違えること」は決して悪いことではない
間違えるのが恥ずかしくて、なかなか会話に入ることの出来ない人をよく見かけます。
いろんな国の留学生を見てきましたが、失敗を心配しすぎて会話に入れないという人、というのはいませんでした。
完璧に話すことは不要なのです!

英語圏以外の国の出身である私の友人の中には、めちゃくちゃな英語を話す人が多々います。
しかし、彼らはそれに臆することなく話し続けています。
「もし私の英語が間違っていたら、教えてね」そう彼らは言います。
失敗することに対してとてもオープン。
間違えることがその後の成長につながることを知っているからです。

 

#3 英語が完璧に話せる人のほうが少ない?

英語が完璧に話せる人のほうが少ない?
実際に筆者が滞在したニューヨークでは、滞在者の半数以上が英語以外を母語とする人々だという統計があります。
実際現地で暮らしていた感想としては、英語を「完璧に」話せる人など、そうはいませんでした。
もちろん、学校、会社により異なると思いますが、ダイバーシティな環境ほど、めちゃくちゃな英語でコミュニケーションが進んでいるというのも、グローバルのひとつの真実ではないでしょうか。

#4 大切なのは、完璧でなくてもとにかく喋ること

大切なのは、完璧でなくてもとにかく喋ること
文法がめちゃくちゃでも、発音がそれほどネイティブに近くなくても、伝えようとする気持ちさえあればなんとかなるものです。
「完璧ではない」という恥ずかしさから会話に入らなかったり、完璧さにこだわりすぎて結局何を伝えたいかの要点が曖昧になったりすることの方がコミュニケーションや英語力の成長における障害になります。

とにかく、必要な単語をつなぎ合わせたようなぶっきらぼうで、「格好悪い」英語でも伝えようとすることが一番の成長につながるのです。

#5 日本人の英語力は高い。自身を持って!

日本人の英語力は高い。自身を持って!
日本人の英語力は高いと思います。
なぜなら、何年も何年も学校で勉強してきているのですから。

難しいと思われるような文法も知っていますし、高度な単語力も持ち合わせています。
その意味でいうと、日本人のいわゆる「受験英語」はレベルがかなり高いと、ニューヨークでのインターンシップ経験を通じて学びました。

ただ、それらを使って会話をするということに慣れていないだけなのだと思います。

さあ、海外へ行ってみよう!

大切なことは、「わからなくてもとにかく話す」ということです。
悩む前に、海外に行きましょう。
海外から来た人と積極的に話をしてみましょう!初めて自転車に乗る練習をした時、初めから完璧に乗れる人はそうはいないでしょう。
それと同じで、最初は「完璧」でなくても徐々に慣れていくものなのです。

日本社会ではどれほと英語が流暢に話せるかというところから「英語が話せる」と定義されていますが、それには練習が必要なのです。
英語に自信がないという人は、とにかく格好悪くても最初は話し続けることが必要なのです。
コミュニケーションツールの一つなのですから、どんな形でも伝えることが一番の目的なのです。

海外へ出て挑戦したい、という皆さん、海外へどんどん行きましょう。
「英語が(完璧に)話せない」というのは、それほど格好悪いことではありません。

photo by iStock

Writer:

現在京都の大学に通う女子大学生です。ニューヨークでのインターンシップやその他の滞在経験をもとに、主にアメリカでの生活や国際感覚を生かした記事を投稿していきます。

この記事のカテゴリ

コラム

関連記事を見る

コラムの記事を見る

なぜ「天動説」でなく「地動説」なのか?文系でもわかる天文学の歴史
時差ぼけの症状や原因は?対策はあるの?時差ボケを撃退する15の方法
北朝鮮を旅行して感じたこと…地元の人に出会ってびっくり!
私の見たイギリス…いまは斜陽の国イギリスが、新たな道を拓くには
青で彩られたシャウエンの街。その美しい光景は息を呑むよう!
人生最高の旅行をするために、持って行くべき、たったひとつのもの。
砂に埋もれた廃墟。ナミビアで見つけたゴーストタウンで、かつて栄えた町の現在の姿を撮影
仕事を辞めて旅に出たくなるような世界の絶景写真37枚
実写版「ウォーリーをさがせ!」…誰かのふざけたinstagramかと思ったら、がんに苦しむ子供たちに向けたキャンペーンだった
「世界一危険な海」を行く。写真が捉えた南極の絶景を見よ
絵のように美しい!フィルムカメラを通して見たニュージーランドの絶景
知らないほうが良い?海外ホテルで過ごすための20の知恵