こんなに違うルールにびっくり!アメリカで車を運転する時に知っておきたい注意点

アメリカで運転するのに国際免許は取ってみたけれど、ルールや注意事項など誰も教えてくれませんでした。国が違うから標識だって違うだろうし、本当にこのまま運転していいの?と不安になった経験は、国際免許による運転経験者ならあるのでは。ここではアメリカで運転する際のルール、注意点を紹介します。

左ハンドル、右側通行

左ハンドル、右側通行
これは皆さん多分ご存知ですね。
アメリカと日本の一番の違いはここ。
でも頭で理解していても、体がついてくるとは限りません。
日常で染みついた左側通行の習慣は頭で考えるより先に出てしまうもの。
うっかり逆走なんていうこともあり得るかも。
アメリカで運転する際は、右側を走るという事を常に意識するよう心がけましょう。

ウィンカーとワイパーの位置が逆

ウィンカーとワイパーの位置が逆
日本だとワイパーがハンドルの左側、ウィンカーが右側にありますが、アメリカではこれが逆になります。
最初のうちはウィンカーを出そうとする度にワイパーが作動するということが良く起こるかもしれませが、すぐに慣れるので安心してください。

赤信号でも右折できる

 赤信号でも右折できる
日本ではここ最近、赤信号でも右折→が表示されて右折出来るという信号が増えましたよね。
アメリカでは赤信号の場合でも一時停止し安全確認をすれば右折出来るというルールがあります。
(NO TURN ONREDという標識がある場合を除く)赤信号なのにいいのかな?と最初は慣れませんが、安全であることが確認できれば思い切って曲がって大丈夫です。

州によっては赤信号での右折が禁止されている所もあるようです。

4-WAY STOP ALL WAY STOPの標識がある交差点

4-WAY STOP ALL WAY STOPの標識がある交差点
アメリカでは信号のない交差点に 4-WAY STOP ALL WAY STOPといった標識があるのを目にします。
このような交差点にさしかかった場合、まずは一旦停止。
その後は、先に交差点に入ってきた順に進む事が出来ます。
同じくらいのタイミングで入ってきたかな?と思った時は右側の車が優先です。






複数人乗っていれば優先車線が使える

複数人乗っていれば優先車線が使える
二車線の高速道路の入り口。
一つの車線は長い列なのにもう一つはガラガラ。
そんな光景を目にしたら多分そのガラガラ車線はカープールレーンです。
CARPOOLS ONLYなどと書かれた標識がないか確認してみてください。
もし車に乗っている人数がその標識に書かれた人数より多ければ、ガラガラ車線を使ってよし。
渋滞緩和のためのルールのようで、長い列に並ばずに高速道路に乗ることが出来ます。

アメリカでドライブを楽しもう!

アメリカは道も広く、景色も綺麗でドライブするには絶好の土地です。
日本と違うルールに戸惑いながら運転するのもまた一つの良い思い出。
いつも日常で行っていることを異国で味わうというのも一つの旅の醍醐味ではないでしょうか。
photo by iStock