危険な所ばかり…イラン、パキスタン、北朝鮮に潜入して写真を収めた少年の作品

旅をしながら生活する、というのは若い世代の人々が憧れを持ちつつも、現実にするのは難しいライフスタイルですよね。しかし、ほんの少しの勇気と計画、そして大胆な冒険心を基に、クリスチャン・リンドグレンは、18歳で学校を退学し、世界中への旅を開始しました。そして現在、彼は人々が想像もできないようば場所へ出かけ、ユニークな写真を撮っています。

リンドグレンは、危険な場所にも旅をしてきました。例えば、イラン、パキスタン、そして北朝鮮。このノルウェー出身の若い旅人は、彼の日記にあらゆる素晴らしいドキュメンタリー写真をいくつも追加し、そして彼の写真というのは本当にびっくりさせられます。これらはあなたが見たこともないような写真ばかりでしょう。

Reference : lifebuzz.com

パキスタン北部に位置する、アッタバード湖の前に停車する鮮やかなトラック

世界一大きな仏教の学校がある、中国のLarung Gar (ラルンガル)

圧巻のラルンガルの人々と景色

日中と同じく、夜のラルンガルの景色も素晴らしい

北朝鮮の内部を見る機会はほとんどの人にとってないのですが、リンドグレンはそれを成し遂げました

彼は訪れた国の変わった(ほとんど荒廃した)場所もカメラに収めました

北朝鮮は基本的には不毛の地で、そこには資源も伝統的な観光地もあまりない

Writer:

現在京都の大学に通う女子大学生です。ニューヨークでのインターンシップやその他の滞在経験をもとに、主にアメリカでの生活や国際感覚を生かした記事を投稿していきます。

この記事のカテゴリ

コラム
建築
文化
絶景
街・都市

関連記事を見る

コラムの記事を見る

なぜ「天動説」でなく「地動説」なのか?文系でもわかる天文学の歴史
時差ぼけの症状や原因は?対策はあるの?時差ボケを撃退する15の方法
北朝鮮を旅行して感じたこと…地元の人に出会ってびっくり!
私の見たイギリス…いまは斜陽の国イギリスが、新たな道を拓くには
青で彩られたシャウエンの街。その美しい光景は息を呑むよう!
人生最高の旅行をするために、持って行くべき、たったひとつのもの。
砂に埋もれた廃墟。ナミビアで見つけたゴーストタウンで、かつて栄えた町の現在の姿を撮影
仕事を辞めて旅に出たくなるような世界の絶景写真37枚
実写版「ウォーリーをさがせ!」…誰かのふざけたinstagramかと思ったら、がんに苦しむ子供たちに向けたキャンペーンだった
「世界一危険な海」を行く。写真が捉えた南極の絶景を見よ
絵のように美しい!フィルムカメラを通して見たニュージーランドの絶景
知らないほうが良い?海外ホテルで過ごすための20の知恵