実際のところニューヨークの治安ってどうなの?知っておくべき知識5選

憧れのニューヨーク。旅行に行ってみたいけれど、治安が心配と思う人も少なくないのではないでしょうか。日本人だけでなく、アメリカ人でさえも「ニューヨークに行くなら気を付けてね」と言う人も。今回は現地での治安と防犯対策についてご紹介します。


#1 ニューヨークの治安は着実に向上している

ニューヨークの治安は着実に向上している
ニューヨークについて、危険なイメージを持っている方もいるかもしれません。
様々な人種が集まり、経済格差も非常に大きい地域です。

しかし、現地の治安は向上し続けており、危険なイメージが強いハーレムでさえ、犯罪件数は大幅に減少しているのだとか(それでもやはり地域によって雰囲気はかなり違ってきます)。
ニューヨーク市警による犯罪件数の推移の統計を見てみると、1990年から2005年の間で犯罪件数は5分の1に減少しています。
9.11はやはり治安を考える上で、大きなきっかけだったと言えるでしょう。

#2 それでもやはりベースとなるのは「日本とは違う」というところ

それでもやはりベースとなるのは「日本とは違う」というところ
ニューヨークの治安がこれだけ向上し、世界的に「安全だ」と言われていても、確実に言えるのは、「日本よりは安全でない」ということです。
やはり、日本より安全な国を探すのは非常に難しいです。

東京都の平成27年度の犯罪件数は約34,000件で、ニューヨークの三分の一程度。
こう見てみると日本人にとって、ある程度危険だと言えるでしょう。

安全といえども、もともと犯罪件数が少ない日本人がニューヨークを訪れる際には細心の注意を払うことが必要です。
これから以下でご紹介することを頭に入れてから旅行に出かけることをオススメします。

#3 貴重品の取り扱いには細心の注意を

貴重品の取り扱いには細心の注意を
あからさまに観光客という格好で高級なアクセサリーを身につけていたりすると危険です。
さらに、アジア人、特に日本人は海外で「お金を持っている」なんて思われていたりもするので、注意が必要。

また高級なホテルでも、貴重品を目のつくところに置きっぱなしにしていると、帰ってきたら取られていたなんてケースもあります。
心配な場合は、スーツケースに入れ、鍵をかけてクローゼットにしまっておくのがオススメ。
セーフティボックスは、暗証番号でロックするものでなく、鍵で開けることができる場合には注意しましょう。

#4 メトロは怖くない?

メトロは怖くない?

image by iStockphoto

ニューヨークの移動手段と言えば、地下鉄ですよね。
地下鉄の構内や、列車の中でも、音楽を演奏したり、パフォーマンスが急に始まったり、人によっては楽しい経験ができるでしょう。
物乞いをしながら寄付を募る人々もいて、日本のメトロとはかなり違った雰囲気です。
昼間は基本的に人も多く安全なのですが、深夜のメトロは注意が必要です。
乗車する人が少なくなりますので、職員の人が乗る車両を選んで乗りましょう。
そしてあまりにも時間が遅い場合や、酔っ払っている場合は、タクシーやUberで帰ったほうが身のためです。

Writer:

現在京都の大学に通う女子大学生です。ニューヨークでのインターンシップやその他の滞在経験をもとに、主にアメリカでの生活や国際感覚を生かした記事を投稿していきます。

この記事のカテゴリ

コラム

関連記事を見る

コラムの記事を見る

なぜ「天動説」でなく「地動説」なのか?文系でもわかる天文学の歴史
時差ぼけの症状や原因は?対策はあるの?時差ボケを撃退する15の方法
北朝鮮を旅行して感じたこと…地元の人に出会ってびっくり!
私の見たイギリス…いまは斜陽の国イギリスが、新たな道を拓くには
青で彩られたシャウエンの街。その美しい光景は息を呑むよう!
人生最高の旅行をするために、持って行くべき、たったひとつのもの。
砂に埋もれた廃墟。ナミビアで見つけたゴーストタウンで、かつて栄えた町の現在の姿を撮影
仕事を辞めて旅に出たくなるような世界の絶景写真37枚
実写版「ウォーリーをさがせ!」…誰かのふざけたinstagramかと思ったら、がんに苦しむ子供たちに向けたキャンペーンだった
「世界一危険な海」を行く。写真が捉えた南極の絶景を見よ
絵のように美しい!フィルムカメラを通して見たニュージーランドの絶景
知らないほうが良い?海外ホテルで過ごすための20の知恵