ハンドメイド・シリアルバーで自分流ダイエットを楽しむ

夏が目の前に迫っているこの時期、ダイエットにはラストスパートをかけたいと思っている方も多いのではないでしょうか。でもキツイ運動や食事制限は嫌だという方に、栄養素バツグン、ストレスフリーで楽しめるダイエット食品、シリアルバーについてご紹介します。

ハンドメイドシリアルバーでダイエット

聞いたことがある方も多いと思いますが、オーツや麦、コーンフレークなどを水あめやはちみつ、チョコレートなどで練って棒状に固めたもののことをシリアルバーといいます。
手軽で持ち運びもできるので忙しい朝や小腹を満たすのにうってつけ。
海外ではカバンの中にシリアルバーを数本忍ばせている人も少なくないのだとか。

また、栄養素もしっかりと補給でき甘いので心もお腹も十分に満足することができます。
水分をしっかり補給するとお腹の中で膨らむので腹持ちもよいのだそう。
ただしカロリーはおよそ1本150kcal~200kcalと高めなので食べる時間帯や本数には注意がいります。
では、なぜ高カロリーでもダイエットに効果的と言えるのでしょうか。

シリアルバーで体内美人になれるダイエット効果とは

極端なダイエットで栄養価が偏り、肌荒れや貧血を起こしてしまったという経験はありませんか。
栄養たっぷりのシリアルバーなら、そのような問題を回避でき、健康的にダイエットができるのです。
シリアルバーに含まれる栄養素はふつうのお菓子とちがい、食物繊維がたっぷりと含まれているのが特徴です。
食物繊維は体の中の要らないものをどんどん排出してくれます。

また、ドライフルーツやナッツ、大豆などが入っているシリアルバーなら、同時にビタミンやカリウムも補給でき、栄養バランスをさらに高めることができます。
こうしてシリアルバーは、体内の老廃物を排出し、しっかりと体によい栄養素を取り入れることができるため多くのダイエッターの支持を集めているのだそう。
無理な食事制限ではなくシリアルバーで体内美人をめざしてみましょう。

意外と高カロリーなシリアルバーもタイミング次第

ダイエット通でも普段の生活でも、朝は忙しくて食べないという方も多いのではないでしょうか。
人間は朝から昼間にエネルギーを大量に必要とします。
そんな中、朝食でエネルギーを補給出来なかった場合、体の中ではどんなことが起こると思いますか。
体内の脂肪がエネルギーに代わると考える方もいるかもしれませんが、実は不足したエネルギーは筋肉から消費されるのだそう。
つまり朝食を抜くことで筋肉量が減ってしまい代謝が下がってしまう結果に…。

そんなときぜひ、朝食をシリアルバーにすることをおすすめします。
朝には特にナッツやドライフルーツをたっぷり使用したものをチョイスして。
これから1日体も頭もフルに活動させる分、糖分や油分、ビタミンなどをたっぷり含んだものの方が体が喜びます。
そしてシリアルバーを食べるときは、コーヒーやミルクなど水分と一緒に。
そうすることでお腹の中で膨らみ満腹感を味わえます。
ダイエッターにはもちろん、低血圧で朝が苦手、食欲がない人にも◎。

ハンドメイドでストレスフリーにダイエット

ダイエットの目的は様々です。
自分にぴったり合ったシリアルバーが手に入れば嬉しいですよね。
そんな方は自分でシリアルバーを作ってみませんか。
作り方はいたって簡単です!

①ボールにオートミール150g、コーンフレーク50g、レーズン、ナッツなどをお好みで入れましょう。

②よくかき混ぜたあと、はちみつ(または水あめ)を大さじ5入れます。
数回に分けて入れるとなじみやすいですよ。

③全体にしっかりなじんだら型に流し、マッシャーなどで1cm程度の厚さになるよう押し付けて広げます。
しっかり空気を抜くイメージで。

④180℃に温めておいたオーブンで10分~15分焼いた後、冷めたら完成です。

ドライフルーツ、ナッツ、シード、チョコチップなどお好みで自分だけのシリアルバーにアレンジしちゃいましょう。







自分だけのレシピでダイエットを楽しく!

海外セレブもハマっているシリアルバーなら、オシャレで健康的にダイエットが可能です。
間食用ならチョコチップを入れてもいいですし、ごまや大豆、きなこなどを使用すれば美容にも◎。
目的に合わせて自分だけのレシピを作ってみましょう。
激しい運動や厳しい食事制限なしでも手軽に始められるシリアルバーダイエット、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょう?
photo by iStock

関連記事を見る

コラムの記事を見る

なぜ「天動説」でなく「地動説」なのか?文系でもわかる天文学の歴史
北朝鮮を旅行して感じたこと…地元の人に出会ってびっくり!
私の見たイギリス…いまは斜陽の国イギリスが、新たな道を拓くには
人生最高の旅行をするために、持って行くべき、たったひとつのもの。
「世界一危険な海」を行く。写真が捉えた南極の絶景を見よ
世界一周を経験してもやっぱりハワイ!海外旅行リピート率ナンバーワンのハワイの魅力
世界一周中に体調不良はつきもの!これだけは日本から持参したい薬
世界一周して感じた永住したい国ナンバーワン!オーストラリアの魅力
本当は打たなくても良いの!?世界一周予防接種について
誰もがスリに遭遇!?世界一周防犯対策に持っていきたい物とその活用法
食事事情は大問題!世界一周でも美味しい料理が食べられる国
費用対効果抜群!!フィリピン留学のメリット・デメリット