砂に埋もれた廃墟。ナミビアで見つけたゴーストタウンで、かつて栄えた町の現在の姿を撮影

ナミビア共和国にあるコールマンスコップはかつてダイヤモンドで栄え、今は廃墟となった古い町。1908年にZacharia Lewalaという鉄道作業員が仕事中にこの地でダイヤモンドを発見し、彼の上司であるドイツ鉄道の監督、August Stauchに知らせたのです。ダイヤモンドが豊富な地域だと分かるとドイツの鉱山労働者たちは移住し始め、ドイツ政府が禁止領域を宣言するとすぐにダイヤモンドの発掘を始めました。

最盛期には何百という人が住み、学校や病院、劇場もありました。ダイヤモンドの地が徐々にやせてきた第一次世界大戦後に町は衰退しはじめ、1954年には廃墟となりました。

そんなコールマンスコップの現在の姿が写真に収められました。ぜひご覧ください。

Reference : boredpanda.com







関連記事を見る

アフリカの記事を見る

【エジプト旅行】憧れのピラミッド&神殿巡りで歴史三昧の旅へ!
アフリカ系アメリカ人選手が活躍した野球リーグ「ニグロリーグ」の歴史とは?
アフリカの歴史に光を!『人類生誕の地』母なる大陸一周の旅へ
マケドニア観光なら次はここ!「オフリド」で見たい絶景10選
移住者が伝える沖縄の魅力!沖縄本島で行けるビーチ20選
ガーナ観光なら次はここ!「アクラ」で見たい絶景10選
モロッコ観光なら絶対ここ!青い絶景の「シャウエン」で見たいスポット10選
タイでボランティアしている筆者が指南♪タイの観光完璧ガイド
ディズニーシーの未来的空間 ポートディズカバリーの ”ホライズンベイ・レストラン”でミッキーと出会おう!
紀元前800年代には港町として栄えていた街。モロッコ「エッサウィラ」観光で見たい絶景10選
ローマ時代の名残そのまま感じる、モロッコの「ヴォルビリスの古代遺跡」
政府公認ガイドが教える!フィレンツェ観光完璧ガイド