登録販売者は「コスパの良い資格」その理由は?

旅をするように暮らす、とまではいかなくても、数年をサイクルとして自由気ままに定期的に住む場所を変える生き方があります。日本全国あらゆる土地で暮らすために、ひとつはクラウドで仕事を得る方法がありますが、もうひとつは「全国的にニーズがある資格を取ること」も手段のひとつになります。本日は、全国でニーズがある「登録販売者」という資格をご紹介します。

登録販売者ってなに?

登録販売者ってなに?

image by PIXTA / 6950967

登録販売者とは、端的に言えばドラッグストアにいる店員のこと。
しかし、ドラッグストアの店員は、誰でもなれるわけではありません。
例えばお客様から「薬の効果」「症状の悩み」を質問されたときに、医薬品販売のプロとして適格な回問いができなければいけません。
誰ともわからないアルバイトに、根拠もない回答をされてしまっても、困りますもんね。
そのため、ドラッグストアをはじめ医薬品を販売できるお店には、専門の資格をもったひとが必ず在籍しなければいけないと指導されてきたのです。

しかし、薬のことで適格な回答ができる職種がこれまで「薬剤師」に限られていました。
「薬剤師」になるにはとても大変なので、あまり人がいません。
そのため一般顧客としてはドラッグストアをはじめ薬を入手できる手段がなかなかなかったのです。

そのような問題を解消するために、薬剤師よりも比較的難易度を低めにし、ドラッグストアをはじめとした医薬品販売店に配置できる人員の増加を狙った資格として「登録販売者」が誕生しました。

登録販売者のお仕事は?

登録販売者の資格をもったひとは、主に地域のドラッグストアや、一部の医薬品を販売しているコンビニやスーパーに務めることができます。
お店では、医薬品をお買い求めになるお客様への接客が主な業務になります。

お店によっては、レジ打ちから商品の補充といった業務も行うことがありますが、一般的な小売店のアルバイトよりも、登録販売者のほうが時給が良い傾向にあります。

登録販売者の資格を持つといい理由

登録販売者のニーズは全国的にあります。
いまや医療品を販売するコンビニチェーンもありますから、登録販売者の求人がない都道府県はまずありません。

比較的簡単に取得でき、全国的にニーズがあり、給与も比較的高い。
登録販売者は、当メディアを読まれる旅好きのような方からすれば「コスパのいい資格」といえるのではないでしょうか。

もっと知りたい登録販売者

登録販売者になるための方法や、受験方法、勉強方法など、こちらにまとまっています。
参考にしてください。







photo by PIXTA