狩野派ってよく聞くけど何?日本美術界のエリート「狩野永徳」の生涯

日本画に関するテレビ番組や書籍などで、「狩野派」という言葉をよく目にします。知ってはいるけど、何なのかよく知らない、という人も多いのではないでしょうか。狩野派とは室町時代から江戸時代にかけておよそ400年にも渡って続いた日本絵画史上最大の画派。中でも”天才”と謳われたのが、織田信長や豊巨秀吉に仕えて数々の大作を世に送り出していった狩野永徳です。華麗なる桃山文化の一端を担ったとも言える天才画師、狩野永徳とはどんな人物だったのか、その半生を追いながら、当時の絵画・美術事情なども探ってみたいと思います。


優れたDNAを受け継ぐ美術界のエリート「狩野永徳」

ひいおじいちゃんもおじいちゃんも・代々絵師の家柄

狩野永徳(かのうえいとく)は1543年(天文12年)、京都で生まれました。
父はボストン美術館所蔵の「花鳥図屏風」などで知られる安土桃山時代の絵師・狩野松栄(かのうしょうえい)、祖父は室町時代の絵師で狩野派繁栄の基礎を築いたと言われる狩野元信(かのうもとのぶ)。
さらに曾祖父が狩野派の祖と称される狩野正信(かのうまさのぶ)と、代々一流絵師として活躍する名門であった狩野家。
正信は既に室町幕府に御用絵師として仕えていたと見られており、単に絵師というだけでなく、幕府御用絵師という高い地位にいたものと思われます。

現代のように、写真や動画など記録を残す手段がなかった時代のこと。
自身の偉業を後世に伝えるため、力を誇示するために、時の権力者たちが腕の良い絵師を雇い絵を描かせる…決して珍しいことではありませんでした。
特に室町時代は、足利家の旗のもと、北山文化・東山文化に代表されるような様々な絵画や芸術文化が花開きます。
あるときは城や館の壁に龍や獅子の絵を描かせ、あるときは自分の猛々しい肖像画を、あるときは屋敷に飾る絵を、あるときは近しい知り合いに贈るための絵を。
権力者たちにとって、良い絵師とは、護りの固い館や機転の利く家臣と同じくらい、重要な存在だったのでしょう。

天下人の心を捉えた誉れ高き天才

祖父の狩野元信は、中国から渡ってきた水墨画の技術(漢画)と、日本古来の伝統的な絵画(大和絵)を融合させ、仏教などの宗教美術とは一線を一線を画す絵画文化を確立。
画材も仏や菩薩だけでなく、庶民の暮らしや俗世的なものを多く扱い、これが後の”狩野派”と呼ばれる画派へと繋がっていきます。
力を持つ者たちが絵を欲し、資金を提供。
絵師たちは腕を磨き、新しい絵画を世に送り出す。
そのような時代だからこそ、狩野家は代々、絵師としての地位を保ち続けることができたのでしょう。
中でも狩野永徳は、名門の家柄やより良い環境というだけでなく、持って生まれた類稀な才能にも恵まれていました。

永徳は若いころから秀でていました。
父・松栄は早くから息子の才能に気づいていたようで、狩野派のトップの座は永徳に任せ、自分は宮廷や公家との交渉や顧客獲得に奔走するなど、永徳のバックアップに徹していたようです。
また、永徳との共作もいくつか残しており、1566年(永禄9年)には父子で大徳寺塔頭聚光院の障壁画を仕上げています。

祖父に学び、父のサポートを受けて、永徳は若きリーダーとして狩野派を引っ張り、自らも創作に邁進しました。
名門家とのつながりも深くなり、近衛家や大友家など名家の招きで多くの障壁画を描いています。

そして1576年(天正4年)頃、ついに織田信長のもとへ。
安土城に障壁画を描くためです。
さらに1583年(天正11年)には豊臣秀吉に呼ばれて大坂城の、1586年(天正14年)には聚楽第の障壁画を描いたと伝わっています。
どれも建物としては現存しないため、どのような絵図であったかもはや知ることはできませんが、永徳は織田信長、豊臣秀吉といった覇者たちからも珍重されるまでになっていたのです。

過労死か?一門を率いた天才画師の最期

永徳は信長や秀吉の仕事を受けるようになった頃に、実弟で同じく狩野派の絵師であった狩野宗秀に家屋敷を譲っています。
理由は定かではありませんが、天下人の気に入る絵が描けなかったときは逆鱗に触れ切り捨てられる可能性もある、と考えて、身辺を整理していたのではないか、との見方もあるようです。
画壇では名門率いる長であったとしても、時の権力者の前では単なる従者。
相手の気分ひとつで命を落とすことも考えられます。
実際、信長や秀吉の怒りをかった、といった話は残っていないようですが、満身創痍、文字通り命を削って絵筆を握っていた、ということなのかもしれません。

そんな中永徳は、まだまだ働き盛りの48歳という年齢で亡くなってしまいます。
京都東山にある東福寺法堂の天井画の龍図を制作中に突然病に倒れ、そのまま帰らぬ人となってしまったのです。

秀吉からの仕事を抱え、寺院や宮廷からの仕事もこなし、狩野派を取りまとめ、意欲的に活動を続ける中での突然の死でした。
あまりの忙しさと心労で、過労死ではなかったかとも言われています。
制作中だった天井画は弟子の狩野山楽に引き継がれ完成しましたが、残念ながら今はもう残っていないのだそうです。

父・松栄は永徳が亡くなった2年後に、74歳でこの世を去っています。

刀ではなく筆で勝負!時代を彩った狩野永徳の好敵手たち

狩野派、土佐派、琳派…そもそも画派とは何なのか

「狩野派」の他にも、○○派と呼ばれるグループはあるのでしょうか。

同じく室町時代から江戸時代まで続いたとされる「土佐派」と呼ばれる画派があります。
主に朝廷からの依頼で、大和絵と呼ばれる日本古来の画風を中心に活躍しました。
特に室町時代から戦国時代にかけて活躍した土佐光信は有名で、宮廷や足利将軍家とも強いつながりを持って権勢を振るっていました。
江戸時代に活躍した岩佐又兵衛や菱川師宣も、土佐派で学んだことがあると言われています。

同じく○○派と呼ばれる画派として「琳派」という名称を聞いたことがある人も多いでしょう。
実際には琳派という血族やグループが存在していたわけではなく、美術工芸の流派のようなものの総称で、狩野派や土佐派とは意味合いが異なるようです。

江戸時代の絵師・俵屋宗達や尾形光琳の画風を酒井抱一が受け継ぎ、他の絵師たちにもその画風が受け継がれていったことで、そうした影響を受けた絵師たちを後の世で「琳派」と称するようになりました。

画風・流派という意味では、他にもいろいろな○○派が存在していたかもしれません。
しかし、狩野派ほど、長い期間存在し続けた派閥は他に類を見ないでしょう。
狩野正信から血縁や師弟関係によって継承され続けた絵師集団。
絵を描くときはあくまでも個人で行動するため、グループを形成する必要はないと思われがちですが、狩野派は組織を形成することで、絵師の育成から絵を描く場の提供まで、絵師をトータルプロデュースする役割も担っていたようです。

狩野永徳最大のライバル・長谷川等伯

狩野永徳最大のライバル・長谷川等伯

image by PIXTA / 14822379

今日の都に於いて、宮廷や将軍家、寺院名刹、大名家など多くの権力者から絵の注文を一手に引き受けていた狩野派。
そのトップで名門の血を受け継ぎ、天才の名をほしいままにしていた狩野永徳。
そんな彼の前にあるとき、とある人物が立ちはだかります。
1539年(天文8年)、能登の下級武士の家に生まれ、染物屋の養子として働きながら仏画の修行を積んできた無名の絵師・長谷川等伯。
可能永徳の最大のライバルと言われ、永徳に危機感を抱かせるほどの才能の持ち主だった等伯は、遅咲きながら数々の名作を残し、普通なら狩野派でなければ任せてもらえないような仕事を次々と獲得していきます。
背後には、等伯を支援していた千利休の存在があったようです。

等伯の若いころに関する資料は少ないのですが、永徳が描いた絵を見て衝撃を受け、本格的な修行を始めたとも言われています。
一時は狩野派に入門して学んでいたこともあったようです。

1589年(天正17年)、千利休は大徳寺山門(三門)の天井画と柱絵を狩野派の絵師ではなく、長谷川等伯に依頼します。
大徳寺といえば京都でも指折りの名刹。
絵はその評判は朝廷にも届くようになり、等伯は一流絵師の仲間入りを果たします。
これをよしとしなかったのが狩野派の絵師たちでした。

次のページでは『永徳vs等伯!プライドをかけた直接対決』を掲載!
次のページを読む >>

Writer:

歴史と歴史小説と遺跡を愛してやまない東京都在住の主婦。子供のころからの大の時代劇ファン。国内外問わず歴史小説を読むようになり、NHK人形劇「三国志」を見て中国史にはまって大学では東洋史学を専攻。愛猫とじゃれながら歴史小説を読み漁る毎日を送っている。趣味は古地図を眺めることとカメラ片手の街散策。

この記事のカテゴリ

文化

関連記事を見る

文化の記事を見る

長崎市の観光スポット21選!実際に行って決めた編集部厳選スポットはここ
京都観光前に知りたい「建仁寺」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
死ぬまでに1度は行ってみたい!日本の絶景・秘境112選
歴史的建造物の宝庫!魅惑の国オーストリアで中世へタイムトリップ
世界遺産「カトマンズ」の魅力と歴史。ヒマラヤに抱かれし栄光の都
金沢観光で行きたい!憧れの城下町の歴史的スポット16選
【プーケット観光で行きたい!】タイの楽園リゾートで見られる歴史的スポット10選
桜に囲まれた格式高い「仁和寺」の天皇をめぐる歴史ロマン
インド旅行で行きたい、定番&歴史的観光スポット13選
登録販売者は「コスパの良い資格」その理由は?
【マリメッコの歴史】かわいらしくて斬新なデザインが特徴、フィンランド生まれの「マリメッコ」
一生に一度は行ってみたい!昔に栄えた古の街並みがそのまま残る「旧市街」16選