日本にも普及してほしい!星空の下で眠れる透明バブルテント

海外のスイートルームもいいですが、このバブルテントも、一生の想い出になるかもしれません。Holleywebの技術者たちは、家と同じような快適な生活が外でもできる、膨らませ式、ポリ塩化ビニル製の透明なバブルテントを発明しました。必要となるものは、テント代2,000ドル、テント、テントを膨らまし続ける為に必要な送風機用の電源です。

雨の時はどうなるのか、プライバシーはどうなるのか。いろいろ気になることはあるのですが、星空の下でスマートフォンの電源を切って過ごせば、きっと掛け替えのない想い出になるはず。

直径4メートルのテントは、人の大きさにもよりますが2人で入ることができます。またゴツゴツした岩場では使用できませんが、雨の夜にテントの中で焼マシュマロクッキーが作れるよう防水で難燃性となっているのです。

Reference : boredpanda

Reference : boredpanda

さあ、旅に出かけよう!

バブルテント、日本国内でも実施している場所もありますが、まだまだ未知の宿泊方法ですね。
外からも丸見えですが、晴れた夜空などを見上げながら自然の真ん中で一夜を過ごすことができるなんて、とてもロマンチックで素敵。
あなたならどんな場所でバブルテントを楽しみたいですか?

関連記事を見る

コラムの記事を見る

なぜ「天動説」でなく「地動説」なのか?文系でもわかる天文学の歴史
時差ぼけの症状や原因は?対策はあるの?時差ボケを撃退する15の方法
北朝鮮を旅行して感じたこと…地元の人に出会ってびっくり!
私の見たイギリス…いまは斜陽の国イギリスが、新たな道を拓くには
青で彩られたシャウエンの街。その美しい光景は息を呑むよう!
人生最高の旅行をするために、持って行くべき、たったひとつのもの。
砂に埋もれた廃墟。ナミビアで見つけたゴーストタウンで、かつて栄えた町の現在の姿を撮影
仕事を辞めて旅に出たくなるような世界の絶景写真37枚
実写版「ウォーリーをさがせ!」…誰かのふざけたinstagramかと思ったら、がんに苦しむ子供たちに向けたキャンペーンだった
「世界一危険な海」を行く。写真が捉えた南極の絶景を見よ
絵のように美しい!フィルムカメラを通して見たニュージーランドの絶景
知らないほうが良い?海外ホテルで過ごすための20の知恵