世界で大論争が勃発中!最新ゲノム編集技術の進歩

2015年9月、2016年4月に中国で「受精卵の遺伝子操作」が行われ、大きな論争を巻き起こしました。今やSFでなく現実の物となったゲノム編集技術とはどのようなものなのでしょうか。


もうSFの中だけではない。デザイナーベイビーも可能?

もうSFの中だけではない。デザイナーベイビーも可能?
2015年、中国の研究チームがヒトの受精卵を用いて遺伝子操作を行ったというニュースが報道されました。
このニュースは中国内だけでなく、世界中で報道され、世界中の科学者から驚きと共に大きな非難を受けました。

中国での研究は、不妊治療クリニックから提供された、将来的には赤ちゃんになれないような受精卵を、ゲノム編集技術と言う物を用いて、人為的に遺伝子の改変を行うものでした。
実験の結果は、思い通りの遺伝子の改変が出来たものの、それ以外にも遺伝子に変異がおこってしまうというものでした。

世界中から猛反発の一方、他の動物ではすでに実用化

世界中から猛反発の一方、他の動物ではすでに実用化
このニュースに際し、アメリカの科学者たちは直に会議を開催し、ルールや規制の無いヒト受精卵のゲノム編集、遺伝子操作に反対する声明を出しました。
まだヒトでの研究が十分進んでいないことや、ヒトの遺伝子を人為的に操作していいのか等の倫理問題をまだまだ十分に話し合ってはいないと言う理由でした。

ヒトの受精卵での研究は規制や、倫理の点でまだ中国のこの例以外は具体的に知られていません。
しかしながら、基礎研究において他の動物の受精卵を使ったゲノム編集、遺伝子操作は盛んに行われています。
例えば、マウスの受精卵に遺伝子操作を行い、病気の原因となる遺伝子の改変を行うという研究は盛んに行われています。

遺伝子の情報からあなたがわかる

遺伝子の情報からあなたがわかる
医学研究の進展により、人類は様々な知識、技術を手に入れました。
このゲノム編集技術のみでなく、個人の遺伝子情報を読み解き、それによりどのような病気になりやすいか、またどのような形質(髪の色、目の色、肌の色等)を持っているかなどが徐々に解明され始めました。

例えば、両親の遺伝子を調べることで、生まれてくる子どもがある特定の病気にかかりやすいということが分かってきました。
特に乳がんはある特定の遺伝子のパターンによって、ガンになる確立が高いかどうかが、かなり正確なレベルで分かってきています。

遺伝子改変は倫理違反?直すことのできる病気を見逃すのが倫理的?

遺伝子改変は倫理違反?直すことのできる病気を見逃すのが倫理的?
ではあなたと、あなたのパートナーの子どもがそのような遺伝子を持つであろう場合、この最新の技術を使うことを諦めきれるでしょうか?他の動物では実用化 されている物を、倫理問題のみでヒトでの研究を禁止することは理にかなっているのでしょうか?もちろん実際のところ他の動物のようにヒトでも同様にうまく 行くかどうかはわかりませんし、実用化の前には膨大な量の基礎研究が必要です。

しかしながら現実的には倫理的な規制で、これらの基礎研究でさえ行うことが 困難です。
このように非常に有用で、将来性のある科学技術をどのように使い、規制していくかは科学者のみの問題ではなく、一般の我々も考えていかなければ いけない問題だと思います。

ゲノム編集技術は人類の考えるべき課題

ゲノム編集技術はすでに実用化に近い所まで来ています。
これをどう有用に使い、どのように規制していくかは科学者のみでなく我々も考えていかなくてはいけない課題であります。
photo by PIXTA
katsuya

Writer:

かつて仕事の都合で東京←→京都を年100回往復していました。京都の西七条に家を借り、なんと結婚相手も京都で見つけました。「地元民ではないけど、だからこそわかる京都」の魅力をお伝えします。

この記事のカテゴリ

コラム
文化

関連記事を見る

コラムの記事を見る

なぜ「天動説」でなく「地動説」なのか?文系でもわかる天文学の歴史
時差ぼけの症状や原因は?対策はあるの?時差ボケを撃退する15の方法
北朝鮮を旅行して感じたこと…地元の人に出会ってびっくり!
私の見たイギリス…いまは斜陽の国イギリスが、新たな道を拓くには
青で彩られたシャウエンの街。その美しい光景は息を呑むよう!
人生最高の旅行をするために、持って行くべき、たったひとつのもの。
砂に埋もれた廃墟。ナミビアで見つけたゴーストタウンで、かつて栄えた町の現在の姿を撮影
仕事を辞めて旅に出たくなるような世界の絶景写真37枚
実写版「ウォーリーをさがせ!」…誰かのふざけたinstagramかと思ったら、がんに苦しむ子供たちに向けたキャンペーンだった
「世界一危険な海」を行く。写真が捉えた南極の絶景を見よ
絵のように美しい!フィルムカメラを通して見たニュージーランドの絶景
知らないほうが良い?海外ホテルで過ごすための20の知恵