ヨーロッパのトイレ事情が想像以上に要注意!旅行者はお気をつけて

海外旅行に出掛けると困ってしまうのがトイレ。どこにトイレがあるのか分からず探し回ったり、使い方がよく分からなかったり…。今回はそんな海外旅行初心者のために、元添乗員がヨーロッパのトイレ事情についてまとめました。


公衆トイレが極端に少ないヨーロッパ

公衆トイレが極端に少ないヨーロッパ
まず最初に困るのが、公衆トイレが見つからないということ。
日本と違いヨーロッパでは街中に公衆トイレがほとんど設置されていないのです。
そのため、各観光場所や駅、レストランなどの施設を利用する際、必ずトイレを済ませるようにしましょう。
行きたくなくても行けるときに行っておくことが大切です。

もし街中で緊急に行きたくなった場合は、近くにあるカフェのトイレを利用させてもらいましょう。
ただしトイレだけ利用するのは非常識です。
飲み物を注文してきちんと席に着いて飲み、その後お店のトイレを使わせてもらうのがマナーなので気を付けてくださいね。

どちらが男性でどちらが女性?性別表記が分かりにくい

どちらが男性でどちらが女性?性別表記が分かりにくい
日本のトイレには男女のイラストがそれぞれ描かれていることが多いので、「男」「女」という表記がなくともどちらが男性用・女性用なのか一目で分かりますよね。
また、男性は青、女性は赤という色分けも多くのところで使われています。

しかしヨーロッパではこの男女のイラストがないトイレが多く、色で区別する習慣もないため、トイレを見つけたはいいもののどちらが男性用・女性用なのか分からないのです。
その国の言語で「男」「女」と書かれているならまだしも、その単語の頭文字だけだったり、○や△などのマークで区別されているところもあります。
この表記方法は国によって異なりますので、必ず事前に調べてから出掛けるようにしましょう。

無料では使えない!トイレチップの払い方

無料では使えない!トイレチップの払い方
日本では当たり前のようにどこでも無料で利用できるトイレ。
ヨーロッパでは、カフェやレストラン、ホテル、一部の観光施設などでは無料で利用できますが、それ以外のところはトイレチップが必要となります。
これはトイレの使用料のようなもので、これによりトイレの清掃・衛生管理等が行われています。

支払い方は様々で、入り口にいる係員に直接支払う方法、設置されている皿や箱に入れて支払う方法、入り口に設置されているボックスにコインを入れてゲートを開けて入る方法、トイレの個室のドアにコインを入れて開ける方法などがあります。
係員がいないところではお釣りがもらえないため、常に50セントや1ユーロコインをストックしておくようにしましょう。

トイレットペーパーは流してはいけない?

トイレットペーパーは流してはいけない?
日本ほど排水処理能力が高くないヨーロッパの多くのトイレでは、トイレットペーパーを流してはいけません。
そういったトイレには必ず横にトイレットペーパーを捨てる箱が設置されていますので、流さずそちらに捨てるようにしましょう。
ホテルなど、設置されていないトイレは流してもOKということです。

中にはそもそもトイレットペーパーが設置されていないトイレもあるので、日本からポケットティッシュを持参したほうが安心です。
個室に設置されていなくとも、手洗い場に共用のペーパーが設置されており自分で取って入る方式や、係員からもらう方式のところもあります。

事前準備をしてヨーロッパへ出掛けよう

いかがでしたか?ヨーロッパのトイレを利用する際、日本と大きく異なる点をご紹介しました。
様々なパターンがあるので実際に利用してみると戸惑うこともあるかもしれませんが、事前に日本と異なる点を知っておけば対処方法もある程度準備しておけると思いますので、ぜひ参考にしてくださいね。
photo by iStock

関連記事を見る

コラムの記事を見る

なぜ「天動説」でなく「地動説」なのか?文系でもわかる天文学の歴史
時差ぼけの症状や原因は?対策はあるの?時差ボケを撃退する15の方法
北朝鮮を旅行して感じたこと…地元の人に出会ってびっくり!
私の見たイギリス…いまは斜陽の国イギリスが、新たな道を拓くには
青で彩られたシャウエンの街。その美しい光景は息を呑むよう!
人生最高の旅行をするために、持って行くべき、たったひとつのもの。
砂に埋もれた廃墟。ナミビアで見つけたゴーストタウンで、かつて栄えた町の現在の姿を撮影
仕事を辞めて旅に出たくなるような世界の絶景写真37枚
実写版「ウォーリーをさがせ!」…誰かのふざけたinstagramかと思ったら、がんに苦しむ子供たちに向けたキャンペーンだった
「世界一危険な海」を行く。写真が捉えた南極の絶景を見よ
絵のように美しい!フィルムカメラを通して見たニュージーランドの絶景
知らないほうが良い?海外ホテルで過ごすための20の知恵