世界で一番長い地名にまつわる話:Llanfair­pwllgwyngyll­gogery­chwyrn­drobwll­llan­tysilio­gogo­goch村の場合

イギリスのウェールズにある村が一夜にして大人気となりました。それは天気予報士のリアム・ダットンが、ある地域の名前の予報を行ったことがきっかけです。その地域の名前とは“Llanfairpwllgwyngyllgogerychwyrndrobwllllantysiliogogogoch”。彼のそのヨーロッパの町の長すぎる名前を完璧に発音したことが、多くの注目を集めました。ウェールズ出身であるキャサリン・ゼタ=ジョーンズでさえ、ダットンの発音を称賛したのだとか。

その名前は1860年代、イギリスで一番長い名前の駅名をつけたことから公衆の注目を集めた時代にまで遡ります。本記事ではその町の興味深い事実や写真についてご紹介します。もしこの地を訪れたくなったのであれば、行く前にその発音を練習してから行きましょう。

ちなみに日本語にすると「ランヴァイル・プルグウィンギル・ゴゲリフウィルンドロブル・ランティシリオゴゴゴホ」というそうです。

Reference : lifebuzz.com

Llanfair­pwllgwyngyll­gogery­chwyrn­drobwll­llan­tysilio­gogo­goch村には、3,107人が暮らしています

その町の名前の意味とは:赤の洞窟であるLlantysilioの、流れの速い渦巻きの近くにある、ホワイトヘーゼルの空洞の中にあるセントメアリー教会

町名の冒頭部分に出てくる、セントメアリー教会

その町はLlanfairpwllもしくはLlanfair PGとしても知られています

ヨーロッパで一番長い名前をつけた事に対し、売名行為だ!という声もあがりました。

このウェールズの村は、紀元前4000-2000年まで遡ります

Writer:

現在京都の大学に通う女子大学生です。ニューヨークでのインターンシップやその他の滞在経験をもとに、主にアメリカでの生活や国際感覚を生かした記事を投稿していきます。

この記事のカテゴリ

イギリス
ヨーロッパ
文化
街・都市

関連記事を見る

イギリスの記事を見る

ビッグ・ベンって何だっけ?知っておきたいイギリスの歴史的建造物6選
ロンドン観光で絶対行きたい!歴史的観光スポット13選
大英帝国になるまでのイギリスの歴史を知ろう!中世イングランドをひも解くスポット6選
【イギリスの世界遺産一覧】王室伝統のスポットから手つかずの自然まで。イギリスに残る世界遺産紹介!
鉄道の歴史を変えた「蒸気機関車の父」ジョージ・スチーブンソンとはどのような人物?
古代ミステリーから近代建築まで!イギリス世界遺産を全部解説
恋も愛も捨てた処女王・エリザベス1世の波乱の生涯
【香港の歴史】4億年前から21世紀まで~できる限り調べてみました!
元住民が解説!スコットランドの観光の観光完璧ガイド
イギリス・フランス・ロシア間の友好協力体制が出来上がった結果起こったのは、第一次世界大戦だった
元住民が解説!ロンドン観光完璧ガイド
イギリス観光なら次はここ!「エジンバラ」で見たい絶景10選