知られざるキューバの事実35選。17番に関しては意外過ぎる…!

米国政府が国民のキューバ旅行を禁じて以来、この国は謎に包まれたまま。それ以来、アメリカ人は政府の承認があれば、特別にカナダから入国することができたようです。私たち日本人にとっても、アメリカが敵対する地域の情報はなかなか降りてこないもの。野球でしかふれあうことがなかった謎多き国家でした。

現在、米国政府とキューバ政府は両国の外交関係を復活。歴史的な外交により、国交正常化したおかげで、これからはキューバを自由に訪れることが可能になるでしょう。ですが、過去50年間でいろんな事実がわかってきています。本記事ではあなたがきっと見たことのないような35の変わった事実をお伝えします。そしてそのうちのいくつかを知ると、きっとこの国に今すぐにでも行きたくなることでしょう。

Reference : lifebuzz.com

#1. 1857年 3月12日、キューバで一度だけ雪が降りました。

#1. 1857年 3月12日、キューバで一度だけ雪が降りました。

#2. 政府車両は必ずヒッチハイクをしている人を車に乗せなければなりません。

#3. ラムとコーラ、そしてライムの入ったお酒は、キューバ以外の南米諸国では「キューバ・リブレ」(Cuba Libre)と呼ばれているのですが、実際にキューバでは「メンティリータ」(mentirita)または「小さな嘘」(little lie)と呼ばれているそうです。

#4. キューバではバレリーナは、最高の名声を誇る職業。給料も医者よりいいのだそう。

#5.たった5%のキューバ人しか、検閲のない、開かれたネット環境にアクセス可能なのだそうです。

#6. キューバはアメリカ人が政府の承認を受けなければ入国できない唯一の国家です

#7. キューバでは、陸軍、警察、空港職員の写真を撮ることは法律違反とされています。

Writer:

現在京都の大学に通う女子大学生です。ニューヨークでのインターンシップやその他の滞在経験をもとに、主にアメリカでの生活や国際感覚を生かした記事を投稿していきます。

この記事のカテゴリ

カリブ・中南米
キューバ
文化
街・都市

関連記事を見る

カリブ・中南米の記事を見る

神様のパワーにあやかりたい!歴史と神秘に包まれた世界の聖地10選
【ブラジルの世界遺産】一度は行きたいブラジルの歴史を感じる!世界遺産を全部解説
成り立ちから内部混乱・人気観光地になるまで「コロンビア」はどのような歴史を歩んだのか?
【パナマの歴史】運河に翻弄されながら繁栄を遂げた熱き国の物語
映画「南極料理人」のロケ地・撮影場所はここ!
メキシコ観光なら次はここ!「リビエラ マヤ」で見たい絶景10選
ドミニカ共和国観光ならここ!「サントドミンゴ周辺」で見たい絶景10選
ブラジル観光なら次はここ!「サンパウロ」で見たい絶景10選
南米有数の世界都市、ベネズエラ観光「カラカス」で見たい絶景10選
ボリビアやウユニ湖のお土産ならこれ!ぴったりのお土産が絶対見つかる9選
高度な文明を持ちながら文字文化がなかった謎の「インカ帝国」
厳しくも美しい人跡未踏の地!南極点到達までの歴史に迫る