奥が深い!世界の国旗に隠された秘密7選

リオオリンピックが開催される今年は、自然と国旗を目にする機会も増えそうですね。シンプルなものから凝ったものまで様々なデザインがある世界の国旗ですが、実はいろいろな意味が隠されていたり、デザインを決める際のちょっとしたこだわりなど、知られざる秘密があるようです。今回は、そんな世界の国旗に関するトリビアについてお伝えします。


#1 世界でも評価の高い日本の国旗

世界でも評価の高い日本の国旗
白地に赤い丸がデザインされた日本の国旗「日の丸」は、とてもシンプルで、一度見れば覚えることが出来ますね。
世界でもそのデザイン性が高く評価されていて、青空に良く映える配色であることからもひときわ目立つ国旗です。
その歴史は古く、豊臣秀吉の時代にはすでに使われていたと言われています。
この赤い丸は「太陽」を意味しており、世界で一番最初に太陽が昇る極東にある日本=「日いづる国」にピッタリのデザインです。

#2 日本と関係するパラオの国旗

日本と関係するパラオの国旗
そんな日本の国旗にインスパイアされて作られたのが、親日国としても知られる南の国「パラオ」の国旗です。
スペイン、ドイツ、日本、アメリカの植民地におかれたという悲しい歴史を持つパラオですが、独立をする際に満場一致で選ばれたのが現在のパラオ国旗です。
その理由は、数々の国に支配されてきた中でも日本の植民地時代が一番良かったという思いから来ているそうです。
日本の国旗が太陽をあらわしていることに対し、パラオの国旗は満月をあらわしていて、少し中心よりずらしているところは日本に対する敬意を示しているのだそう。

#3 シンプルながらこだわりのあるフランス国旗

シンプルながらこだわりのあるフランス国旗
「トリコロール」の愛称で知られるフランスの国旗。
トリ=3つ、コロール=色をあらわしています。
そんなフランス国旗ですが、実は3色の配色の比率が少しずつ変わっていて、青37、白32、赤30となっています。
その理由は、3色すべてを同じ比率にしてしまうと、インパクトの強い赤の分量が一番多く見えてしまいバランスが悪くなってしまうからなのだそう。
こだわりがあるところは、さすがオシャレの国フランスといったところでしょうか。

#4 スコットランド独立が実現すると変わる可能性のあるイギリス国旗

スコットランド独立が実現すると変わる可能性のあるイギリス国旗
イギリスの国旗といえば「ユニオンジャック」。

この国旗は、イングランド、スコットランド、ウエールズ、アイルランド(現在アイルランドは独立国で、北アイルランドはイギリスに含まれます)の国旗デザインを合わせて作られています。

関連記事を見る

コラムの記事を見る

なぜ「天動説」でなく「地動説」なのか?文系でもわかる天文学の歴史
時差ぼけの症状や原因は?対策はあるの?時差ボケを撃退する15の方法
北朝鮮を旅行して感じたこと…地元の人に出会ってびっくり!
私の見たイギリス…いまは斜陽の国イギリスが、新たな道を拓くには
青で彩られたシャウエンの街。その美しい光景は息を呑むよう!
人生最高の旅行をするために、持って行くべき、たったひとつのもの。
砂に埋もれた廃墟。ナミビアで見つけたゴーストタウンで、かつて栄えた町の現在の姿を撮影
仕事を辞めて旅に出たくなるような世界の絶景写真37枚
実写版「ウォーリーをさがせ!」…誰かのふざけたinstagramかと思ったら、がんに苦しむ子供たちに向けたキャンペーンだった
「世界一危険な海」を行く。写真が捉えた南極の絶景を見よ
絵のように美しい!フィルムカメラを通して見たニュージーランドの絶景
知らないほうが良い?海外ホテルで過ごすための20の知恵