「世界一危険な海」を行く。写真が捉えた南極の絶景を見よ

国際的に活躍するフォトグラファーであるMassimo Rumi氏。

強風にあおられ巨大な波に抗いながらドレーク海峡を航海すること6日。彼らは南極にたどり着き、3週間にわたり氷山やペンギンや極地の荒涼たる風景を写真に収めたそうです。

凍てつく寒さの中、雨も降らず太陽の光だけが絶え間なく降り注ぐ、他の8人に同行する形での旅でした。私はもう100カ国以上訪れていますが、このように遠く離れた未開の地は初めてだそう!すべてが手付かずで独特なこの地では、まさに孤独感を覚えます。

参照: massimorumi.com

Reference : boredpanda.com

Yoshiyuki

Writer:

旅行に食べ歩き(特に和・中華・エスニック系)、冬(暑いのが大の苦手!)、そして何より「翻訳」が大好きです! できるだけ多くの皆さんに読んで楽しめる海外の記事をお届けできたら…よろしくお願いします。

この記事のカテゴリ

カリブ・中南米
コラム
南極
文化
絶景

関連記事を見る

カリブ・中南米の記事を見る

神様のパワーにあやかりたい!歴史と神秘に包まれた世界の聖地10選
【ブラジルの世界遺産】一度は行きたいブラジルの歴史を感じる!世界遺産を全部解説
成り立ちから内部混乱・人気観光地になるまで「コロンビア」はどのような歴史を歩んだのか?
【パナマの歴史】運河に翻弄されながら繁栄を遂げた熱き国の物語
映画「南極料理人」のロケ地・撮影場所はここ!
メキシコ観光なら次はここ!「リビエラ マヤ」で見たい絶景10選
ドミニカ共和国観光ならここ!「サントドミンゴ周辺」で見たい絶景10選
ブラジル観光なら次はここ!「サンパウロ」で見たい絶景10選
南米有数の世界都市、ベネズエラ観光「カラカス」で見たい絶景10選
ボリビアやウユニ湖のお土産ならこれ!ぴったりのお土産が絶対見つかる9選
高度な文明を持ちながら文字文化がなかった謎の「インカ帝国」
厳しくも美しい人跡未踏の地!南極点到達までの歴史に迫る