赤ちゃんと行くディズニーランド。持ち物やアトラクションはこれで完璧!

東京ディズニーランドへ子供と一緒に行きたいと考えている方必見!連れていきたいけどまだ小さいし、果たしてパークで楽しく遊べるのか不安を抱えるご両親も多いと思います。しかし、パーク内には設備が充実したベビールームや赤ちゃんでも乗れるアトラクションが結構ある事をご存じでしたか?これから小さな子供を連れて遊びに行く際に知っておきたい情報をたっぷりご紹介していきます♪

【ディズニーおすすめ記事はこちら♪】
これで完璧!ディズニーランドのお土産徹底ガイド
凝縮!全パターン網羅!ディズニーのペアルック30案

赤ちゃんを連れていく時は準備満タンに!

1歳の誕生日にディズニーデビューをしようと考えている方が多いそうです。
しかし、まだまだお出かけにたくさんの持ち物が必要な時期で大変だと思います。

そこで!何が必要なのか、パークにある便利な施設をまとめて紹介していきたいと思います。

まずいつものお出かけに必要なアイテムを挙げると

・ミルク、ベビーフード、スプーン&フォーク

・マグ(その子が好きなジュースなど)

・おむつ、おしりふき

・ベビーカー

・ばんそうこう

・お気に入りのおもちゃ

・帽子、タオル、よだれかけ

・ビニール袋、ウェットティッシュ

・雨具

・日焼け止め

など。

次に遊びに行く季節で変わる持ち物やパークであったら便利なアイテムを挙げると

夏に行く場合

・冷却タオル、うちわ、扇子、小型のミストファン

・日傘

・着替え数枚、レインコート(ウォーターショー鑑賞の場合)

冬に行く場合

・ホッカイロ

・ひざかけ

・クッション(パレード見る場合)

など。

パレードを見る際にはレジャーシートがあると便利です!冬場は地面がとても冷たくなるので、コンパクトサイズのクッションがあるとお尻が冷えず快適にパレードを楽しむことができると思います。

続いてパーク内の便利な施設についてご紹介します。
ディズニーランド内には2か所に「ベビーセンター」があります。

1つは「ワールドバザール」、もう1つは「トゥーンタウン」にあります。
ここでは粉ミルクや離乳食、ベビー用おやつ・飲料、紙おむつ、ガラス哺乳瓶、子供用パンツ、ベビーカー用のレインカバーまで販売しています。

おむつ台も完備され、ミルクをつくるためのお湯もしっかりそろっており、施設内はとても清潔で数多くあるベビールームの中でもかなり優秀。

有料でベビーカーの貸し出しをしており、電車などの移動で邪魔になる時はレンタルするのも一つの手ですよ。

アトラクションに乗る際は、ベビーカーがあれば一緒に上着や荷物などを置けるのであると便利です。
(ただし盗難にあった際は自己責任)

ベビー連れのお出かけは何かと大変ですが、ディズニーランドはこうした施設が充実しており、ママやパパ達も安心して遊びに行けますね♪

プライオリティ・シーティングでレストランを予約しておきましょう

小さい子供と一緒にランドへ遊びに来た際は、レストランの事前予約をしておくことをお勧めします。

混雑時には席を取るのも困難になり、レストラン探しで一苦労。
予約さえ入れておけば、ストレスフリーでゆっくり食事を楽しむことができますよ♪

そこで活躍するのが「プライオリティ・シーティング」。
これはディズニーリゾートの公式サイトからオンライン上でレストランの予約が取れるシステムのこと。

指定時間にレストランへ行き、席が空き次第優先的に案内されるという便利なシステムです。
これを利用できるレストランが5店あり、ショーを鑑賞しながら食事を楽しむことができるショーレストランは2店あります。

ショーレストラン2店とその他の5店は予約する際の内容が少々異なりますので、詳細は公式HPで確認してください。

2つのショーレストラン「ザ・ダイヤモンドホースシュー」「ポリネシアンレストラン」は、ミッキーやウッディ、スティッチなどキッズ達に大人気のキャラクターが登場し、パーク内のレストランの中で最も予約が取りづらいです。

それぞれランチ、ディナーでショーの内容が変わりますので、気になった方はぜひチェックしてみてください。

予約希望日の1か月前から予約可能になるのですが、週末の予約は受付開始から数時間で満席になるほど。
ショーレストランの予約をしたい場合、受付開始直前にはパソコンの前でスタンバイする位の意気込みが必要かもしれませんね。

子連れにおすすめのまわり方!

ディズニーランドへ遊びに来た時は、いつもどこから回っていますか?ワールドバザールを抜けた後、シンデレラ城を目指して直進するという方も居るとは思いますが、おそらく大半の人が右回りか左回りで進んでいく場合が多いかと。

子供を一緒に訪れた際にはぜひ左まわり(反時計回り)がおすすめです。
この回り方で進んで行くと、子供達に大人気のエリア「トゥーンタウン」にすぐたどり着きます。

「トゥーンタウン」は午後1時~3時までが混雑のピークになりますので、できれば午前中に行っておきたいところです。

このエリアにはミッキーと一緒に写真撮影ができる「ミート・ミッキー」やクッション性の床で赤ちゃんでも安心して遊べるミニ公園「トゥーンパーク」など子連れに最適な施設がそろっています。

早めにランチを済ませ、お昼寝タイムが近づく頃には「アドベンチャーランド」にたどり着き、「カリブの海賊」や「ウエスタンリバー鉄道」など寝ても起こさずに乗れそうな暗くて静かなアトラクションがたくさん出てきます。

ここから先は、ベビーでも乗れるおすすめのアトラクションを左回りの順でご紹介していきますね♪

#1 赤ちゃんも乗れるアトラクション#1 イッツ・ア・スモールワールド

「ファンタジーランド」にあり、ディズニーランドのオープン当初から長い間愛され続けている定番アトラクションです。

ヨーロッパからはじまり、アジア、アフリカ、中南米、南太平洋までボートで世界中を旅するゆったり系のアトラクション。
世界各国の子供達が登場し、それぞれの母国語で「小さな世界」を歌っていきます。

ボートはゆっくり進んでいくため、セーフティバーはありません。
そのためまだ腰がすわっていない赤ちゃんでも抱っこ紐を付けてママと一緒に乗る事ができます。
腰がすわった赤ちゃんはママやパパのお膝の上で♪

音楽が大好きな子は歌ったり、踊ったりしてくれますよ。
天井にも様々な飾り付けがされているので、目をキラキラ輝かせながらキョロキョロする我が子の可愛い姿が見られるかも!?







#2 赤ちゃんも乗れるアトラクション#2 蒸気船マークトウェイン号

「ウエスタンランド」に乗り場があり、3階建ての蒸気船「マークトウェイン号」に乗ってアメリカ河を一周するアトラクションです。

爽やかな風を感じながらのんびり船の旅を楽しむことができ幅広い年代から人気♪アメリカ河がオレンジ色に染まる夕暮れ時には、船もライトアップされ情緒溢れる光景が堪能できますよ。

ベビーカーごと乗船でき、子供が並んでいる途中で寝てしまった場合でも安心です。
多くのゲストが一番眺めの良い3階に向かっていくのですが、小さい子供と一緒の時は空いている1階か2階に向かいましょう。
1階と2階にベンチがいくつかありますので、抱っこしながらゆったり乗船できます。

よちよち歩きができる子なら1階の一番前に連れて行ってあげると喜びますよ!船が進んでいくのを体感することができ、小さい子にとっては刺激的で良い経験になると思います。

#3 赤ちゃんも乗れるアトラクション#3 カントリーベア・シアター

「ウエスタンランド」にあるシアタータイプののアトラクションで、18頭のクマたちによる愉快で楽しいカントリーミュージックのショーを堪能できます。

軽快なリズムとキュートで個性豊かなクマたちに子供達も大喜び♪約300人収容できる大きなホールのため、比較的少ない待ち時間で鑑賞することができます。

そのため寒い冬の時期や暑い夏の時期には、冷暖房を求め多くのゲストがこちらに流れてきます。
ちなみに冬に入るとクリスマスバージョンになり、館内の装飾やショーの内容も変更しますよ。

小さい子供と一緒の場合は、一番後ろの席に座った方が見えやすいです。
基本的にどこからでも十分楽しめるのですが、段差がついているのは後方席のみなので、座高の低い子供にはこちらの席がおすすめ。
また、ぐずったりした際に対処もしやすいというのもあります。

歩き疲れてちょっとゆっくりしたい時に良いアトラクションです。

#4 赤ちゃんも乗れるアトラクション#4 ウエスタンリバー鉄道

「アドベンチャーランド」にあり蒸気機関車でパーク内をめぐるアトラクションです。
「ウエスタンランド」や「クリッターカントリー」のそばを走り、一周約15分でまわります。

熱帯ジャングルを越えていくと、西部開拓時代のアメリカへとタイムスリップ。
さらに進んでいくと太古に絶滅したはずの恐竜の世界へ。
時空を超えた旅を楽しむことができます。

気持ちの良い風に吹かれながらパークを上から見下ろすことができ、赤ちゃん連れにも最適なアトラクションです。

ただし太古の世界へタイムスリップする際に照明が暗くなるので、暗いところが苦手なお子さんには注意が必要。

一度に大人数のゲストを乗せることができるため、比較的に空いていることが多いです。
最も混み合う時間帯はお昼を過ぎた13時~15時の間。
それでも1時間待ちは稀で、長くて40分~50分で乗る事ができます。

ちなみに最前列の席が一両ごとに向かい合わせで乗車できるボックス席になっており、3世帯で遊びに来た際も家族全員そろって乗ることができますよ♪

次のページでは『一生に一度の思い出を♪』を掲載!
次のページを読む >>

Writer:

はじめまして。神奈川県在住で1歳半の娘を持つ一児の母です。 ディズニーランド・シーには年に1度は行っています。浦安に4年間住んでいた頃には年間パスポートを使い週に5回は遊びに行ってました♪ 一番好きなアトラクションは我が子も大好きなイッツアスモールワールド♡パークのお役立ち情報やワクワクする情報をご紹介させて頂ければと思っています。

この記事のカテゴリ

ディズニー

関連記事を見る

ディズニーの記事を見る

夏はディズニーランドで大暴れ♪「ディズニー夏祭り」の見どころや限定グルメ&グッズ紹介
「ディズニー・フェアリーテイル・ウェディング」で夢の挙式を【ホテル・ミラコスタ編】
ディズニーホテルのレストランが魅力的!おすすめ11選ご紹介
夏のディズニーリゾートを楽しく過ごすための6箇条!真夏の日焼け&暑さ対策は万全に!
ディズニーリゾートで人気の花火エンターテイメント「ハピネス・オン・ハイ」の見どころ&おすすめ鑑賞スポットをご紹介
未知の世界へ海底探検!ディズニーシーの大人向けアトラクション「海底2万マイル」の魅力
東京ディズニーランドにある人気アトラクション「キャッスルカルーセル」の魅力
ディズニーリゾートで風流を感じる!「ディズニー七夕デイズ」の魅力と詳細まとめ
【時代背景】ディズニー/劇団四季「ノートルダムの鐘」を観る前に知っておきたいパリの歴史
世界有数の氷上ミュージカルライブ!「ディズニー・オン・アイス」の魅力と基本情報まとめ
ディズニー限定アメニティーが無料でもらえる♪「東京ディズニーリゾート・ディズニーホテル」アメニティーグッズをホテル別にご紹介!
夏こそ子供と行きたいディズニーシー!親子で楽しむ新イベント「ディズニー・パイレーツ・サマー」