夏のディズニーランドはこれでOK!暑さ対策を万全にしていこう

夏と言えば、お祭りに花火大会、そして夏ディズニー!びしょ濡れのイベントで楽しめますし、なにより夏休みで時間を気にしないで思いっきり楽しめる時期でもあります。ですが、夏の暑さは想像以上に私たちの体力を奪っていきます。知らないうちに無理していて…なんてことにもなりかねません。

夏ディズニーで気を付けたい事をまとめましたので、参考にしてくださいね。

持っていくといいもの~装備編~

夏は気温も高いですが、日差しもとっても強い!頭を守ることが暑さ対策でとても重要になってきます。ただ、ここで思い出してみてください。夏のディズニーリゾートで帽子をかぶっている人がいたかどうか…

よく考えてみると、帽子をかぶっている人って、意外と少ないことに気が付きますね。帽子は暑さをしのぐためにとても大切なアイテムですので、忘れずに持っていきましょう。

そして、日焼け止めも重要になってきます。日焼けをするときはたくさんあって、

・ショーの待ち時間

・アトラクションの待ち時間

・移動中の日差し

考えただけでも女性から悲鳴が聞こえてきそう…。

日焼け止めを塗ると日焼けを防げますし、何となく暑さを逃れているような気持ちになりますので、しっかり塗っていきましょう。

そして、必須アイテムではありませんが、持っていると便利なものが「レインコート」。夏は、ディズニーランド、ディズニーシーともに濡れるイベントを行っていますので、

・濡れるのが気になる

・イベントには参加したいけど、びしょ濡れは避けたい

そんな人にはぴったりのアイテムになっています。もし、たくさん濡れたい!と思っている人は持っていかなくても大丈夫なアイテムですが、持っていると安心のアイテムがレインコートなんですよ。

持っていくといいもの~食べ物編~

装備は完璧!そうしたら、体内からも夏の暑さ対策をしましょう。

まず、飲み物。ジュース類やスポーツドリンク、お茶など様々な飲み物がありますが、どれをチョイスしたらいいのか考えてみましょう。

やはり、夏の暑さに対抗するには「スポーツドリンク」がおすすめです。そもそも、熱中症は、水分を採っていれば回避できるものではなく、塩分が重要になってきます。なので、塩分やイオンが含まれているスポーツドリンクを持っていくと、厳しい暑さにも負けないで遊ぶことが出来ます。

そして、さらに念をおしておくと、塩分を簡単に摂取できるものを持っていくと安心なんですよ。例えば、干し梅などのポイっと口に含めるものがべスト。スポーツドリンクで水分をしっかり補って、さらに干し梅などで塩分を補給しておくといいでしょう。

「こまめに」がポイント

パークで遊んでいると、夢中になって動くことに集中してしまうこともしばしば。気が付いたら「めっちゃ喉乾いてた~」なんてことになったという経験を持っている人も多いのではないでしょうか?

実は、その「めっちゃ喉乾いた」を感じる前に水分補給をしておくことが大切です。かなり喉が渇いた状態を感じるときは、少しずつ脱水状態になっている合図。つまり、この状態で遊びに集中していると、熱中症などの体調不良になってしまいます。

ディズニーランドではシンデレラ城を中心にパークを回ることが出来る便利さはありますが、ルートによっては飲み物を買うことが出来るワゴンを通らないところもありますので、家からペットボトルを1本持ってきておくといいですよ。

ディズニーシーは、ハーバーをぐるっと回ってパークの奥に行く形なので、ドリンクを販売しているワゴンを通りすぎる確率が高いです。ですので、もし喉の渇きを感じたら、迷わずドリンクを購入して喉を潤しましょう。

ショーの待ち時間の暑さ対策☆彡

ディズニーに行ったら、ショーの待ち時間をどう過ごすかというテーマにぶつかります。夏の暑さの中で待つゲストの方は多いですが、ディズニーランド、ディズニーシー共にショーを待っている場所に屋根はありません。

先程お伝えした、帽子や日焼け止め、スポーツドリンクや塩分はもちろんですが、それだけではまだまだ厳しいこともあります。そんな時におすすめなのが、「ディズニーグルメを食べながら待つ」という作戦を実行しましょう。

夏のディズニーには、かき氷が販売されます。その他にもアイスクリームの販売もしていますので、複数人でショーを待っている時には、誰かが場所取りをして、他の人がひんやりグルメを買ってくるように動くと、待ちの時間も短く感じますし、身体の中からクールダウンすることが出来ます。

ショーの待ち時間は暑さとの戦いでもあります。夏ならではのひんやりグルメを味方につけて、暑さに対抗しましょう。

服装にも気を付けよう☆彡

夏はとっても暑い、それが屋根のないところであればなおさら。半袖・半ズボンで動いていると、昼間は暑さを少しでも回避することができますね。ポイントは「昼間」というところ。

夜になると、昼間はちょうどよかった服装が、少し肌寒く感じることもあります。気温自体の下がり方が緩くても、日差しがない分体感温度は低くなります。そして、1日動き回って汗をたくさんかいています。洋服が吸い込んでいて、その汗が身体を冷やすこともあります。

その2つが相まって、寒く感じることもあります。そんな時に我慢してしまうと風邪を引いてしまうので、薄手の羽織りものをもっていくのがおすすめ。

ちょっと寒さを感じた時や、室内のクーラーが寒いと感じた時に羽織れるので、パークで薄手の物を購入する必要もありません。浮いたお金はグルメやお土産に回すことも出来ますので、荷物にならないような薄手の羽織りものをもっていくといいでしょう。

水筒を持っていると動きやすい!

パークにスポーツドリンクなどの飲み物を持っていくのが、夏ディズニーを攻略するには大切なことということは、先程お話ししましたね。みなさん、持っていく方法、考えましたか?

方法としては、

・ペットボトルでそのまま持っていく方法

・タンブラーや水筒などで持っていく方法

この2つが代表的な方法ですね。どちらが夏のパークでおすすめでしょうか?

実は、水筒やタンブラーで持っていくのがおすすめ。「水筒で持っていくと荷物が増える気がする」そうですよね、そう考えるのも間違いではないんですね。ですが、持っていくとたくさんのメリットがあります。

・食事の時のドリンクを持ち歩くことが出来る

・ふたがついているので、かばんに入れておける

・かばんに入れておけるので、飲み物を確保したままでアトラクションを楽しめる

この3つのメリットがあります。まず、食事の時のドリンクが持ち運べることですが、食事のセットについてくるドリンクですが、夏はどうしてもドリンクが付いているものを選びがち。もし、残ってしまったら…アトラクションにも乗れず、困ってしまいますね。

そんな時に水筒やタンブラーを持っていると、移し替えて持ち運ぶことが出来ます。さらに、かばんに入れることも出来るので、もしファストパスの時間が迫っていたとしても飲み残したり、焦ることもなくなります。

夏はどうしても水分があるものに目が行きがちですので、水筒やタンブラーを持っていると、夏は便利ですよ。

室内のアトラクションを中心に回ろう!

何回もディズニーにいっていると、乗っているアトラクションが決まってしまう傾向がありませんか?いつも乗っているアトラクションでも、暑くなるとスタンバイの列に変化が出たり、夏のアトラクションのイベントで、普段は濡れないはずなのに濡れてしまったりと、ちょっとした困りごとも起こりやすくなります。

そんな時に気を付けたいのが、「室内のアトラクションに注目する」こと。室内のアトラクションは、ディズニーシーでもディズニーランドでも数多く存在します。なんでもない日では通り過ぎてしまっているアトラクションで、屋根のあるアトラクションに気を付けてみましょう。

思わぬ発見が出来て、しかも暑い日差しをしのぐことも出来ますので、屋根のあるアトラクションに気を付けてパークを回ってみるのも大切なことなんですよ。

その中で気を付けるのは、屋根のあるアトラクションでも、スタンバイの列の部分に屋根のない部分があるアトラクションもあります。スタンバイに屋根のない場所では、周囲のゲストの方に気を付けながら日傘をさしたり、工夫してみましょう。

レストランの予約に注意!

ディズニーランド・ディズニーシーには、予約の出来るレストランがあります。晴れの日でも、人気のレストランは、開園と同時に予約がいっぱいになってしまうこともあるくらいなのですが、これが猛暑日となると、さらに予約する人が増えます。

どうしても強い日差しを避けるために座ってゆったり出来る場所を探す人が増えるからなんですね。ですので、予約したいレストランがあるときに気温が高くなるという予報になってしまったら、要注意です。

普段アトラクション重視でも、日差しや暑さだけはどうにかしたい!と思ったら、ファストパスよりも先にレストランの予約を最優先に進めましょう。予約を最優先に動くことで、暑さをしのげる時間を自分で決めることが出来ますので、一般的に日差しが強いと言われている14時に予約をしたり、暑さで疲れたころを見計らって予約を取ったりと、ご自身のペースに合わせて予約をしてみましょう。

夏はいつもと違う楽しみ方をしよう

夏は暑さでへとへとになってしまう季節でもありますが、いつも遊んでいるパークの味方をちょっと変えるチャンスでもあります。日差しを避けるために入ったアトラクションにはまってしまったり、普段いかないレストランでお気に入りのメニューを見つけた!など、楽しみの幅がもっと広がりますよ。

暑さに負けない工夫もお伝えしましたので、水分と塩分をしっかり採って、パークで素敵な1日を過ごしてくださいね。
photo by PIXTA , iStock and so on.

ごん

Writer/Editor:

年に数回ですが、ディズニーに遊びに行きます。泊まりで行くことも日帰りで行くことも多く、アトラクションメインで楽しんでいます。食べることも好きなので、グルメもたくさんの種類を食べています。少しでもディズニーを楽しめるような情報をお伝えしていきますね。

この記事のカテゴリ

ディズニー

ディズニーの記事を見る

ディズニーオフィシャルホテルならここ!「東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾート」について知ろう
小学生の子連れディズニーランドならこう楽しもう!おすすめアトラクションや過ごし方
小学生の子連れディズニーシーならこう楽しもう!おすすめアトラクションや過ごし方
誕生日にディズニーリゾートに行くとどんな特典・楽しみ方があるの?
ディズニーランドで「アフター6」を遊び尽くす方法とおすすめプラン
ディズニーランド「ワンス・アポン・ア・タイム」で抽選に外れた時の鑑賞ポイント8選
ディズニーリゾートオフィシャルホテル徹底攻略!シェラトングランデ東京ベイについて
ディズニーリゾートの見て楽しい食べて美味しい素敵メニュー
ディズニーリゾートオフィシャルホテル徹底攻略!「サンルートプラザ東京」「東京ベイ舞浜ホテル」について
デートなら絶対これ!ディズニーランドでカップルにおすすめのアトラクション10選
ディズニーシーでお酒を楽しむならここ!おすすめ10選
暖かくしてね!冬のディズニーで快適に過ごす方法

おすすめ記事を見る