ディズニーオフィシャルホテルならここ!「東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾート」について知ろう

ディズニーオフィシャルホテルをご紹介するシリーズ第3弾をお届けします。今回は、「東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾート」について徹底解説していきます。「あれ?似ている名前のホテルをこの前聞いたような…」そうなんです。オフィシャルホテルには似たホテルがありますが、また別のホテルなんですよ。一緒に見ていきましょう。

【ディズニーおすすめ記事はこちら♪】
これで完璧!ディズニーランドのお土産徹底ガイド
凝縮!全パターン網羅!ディズニーのペアルック30案

クラブリゾートに泊まるなら知っておきたい5つの魅力とは

東京ベイ舞浜ホテル・クラブリゾートには、5つの魅力があるのをご存知ですか?すでに宿泊したことのある方でも実は初耳な情報があるかもしれません。

せっかく憧れのディズニーオフィシャルホテルに泊まるならば、魅力を知っているとさらに楽しめますので、頭の片隅に入れておきましょう。

非日常の空間とローケーション

このホテルの最大の魅力とも言っても過言ではない部分が、「どのお部屋も180度パノラマでビュー」の開放的な空間が約束されていることです。
海を見ながら最高の時間を過ごすことが出来ますので、景色の心配は必要ありません。

その景色をもっと楽しみたい!そんな時には、最上階にあるレストランがおすすめ。
本格なフレンチを楽しむことが出来て、レストランオリジナルのカクテルを楽しむことが出来ます。

普段とは違う雰囲気の中で身体をゆっくり休めたり、ちょっぴりリッチな気分に浸ることが出来ますよ。

空間を使った美しいアトリウム

ホテルのロビーに足を踏み入れると、開放的な空間が目の前に広がります。
天井までの広い空間を使って、素敵なアトリウムを展開しています。
ホテルに入って真っ先に入ってくる景色なので、印象に残る方も多いですよ。

天井はガラスになっているので、優しい光がそそぎます。
アトリウムの周辺は歩けるようになっているので、近くまで行ってみるとどこかのリゾート地に足を踏み入れたよう。

すぐにお部屋に行くのもありですが、ちょっと寄り道して、ロビーのアトリウムを楽しんでみましょう。

ファミリー向けのサービスが充実している

東京ベイ舞浜ホテルは、ファミリーで宿泊するときにありがたいサービスを提供しています。
まず、ひろびろとしたお部屋。
疲れていてもゆったりとお休み出来るスペースや、小さいお子様がはしゃいで走り回っても安心の広さがあります。

そして、小さいお子様が一緒の時は、なんとなく心配がつきもの。
そんな時に私たちの味方になってくれるアメニティーも用意があります。

・ベビーベッド

・おねしょパッド

・ベッドガード

・補助便座

・加湿器 などなど…

あると便利だけど、持っていくのは荷物になるから面倒…そんな時に助かるアイテムがしっかり揃っています。

「ホテルで用意してもらうと助かるものがあるな」

そんなときは、公式ホームページに「お子様の備品予約フォーム」があります。
そこから予約出来ますので、時間がない時でも安心。

個別に何か伝えておきたいことなどは、電話で連絡するのがベスト。
快適な時間を過ごすためのお手伝いをしてくれますよ。







どれにしようか迷っちゃう!魅力たっぷりの朝食

1日を充実した日にするために大切な朝食。
ビュッフェスタイルでお好きなものをお好きなだけ食べる事が出来ます。

目の前で舞浜スマイルバーガーやオムレツを作ってくれますので、出来立てのおいしい朝食を楽しむことが出来ます。
和・洋・中が楽しめるのはもちろんですが、ここで外せないメニューがあります。

それは、「舞浜スマイルバーガー」というメニュー。
見た目はごく普通のハンバーガーと思いがちですが、口に入れた瞬間ほっこり幸せな気分になれます。

肉汁がジューシーでそのうまみと、サンドされているオーロラソースが織りなす味は、ここでしか味わえない限定の味。
朝はなかなか食べられないと思っている方も、ぺろっと食べられる味に仕上がっています。

先程ご紹介した、開放感あふれるアトリウムで楽しめる朝食ですので、お料理の味も、空間も楽しめる、贅沢な環境になっています。

パークで食べる朝食ももちろん楽しみですが、ホテルの朝食もぜひ楽しんでくださいね。

レストランやショップが充実している

ホテルにはレストランやショップが充実していて、選ぶ楽しみがあるのもこのホテルの魅力。
レストランは全部で4つあって、

・「ジ・アトリウム」

・「行庵」

・「シュール ラ メール」

・「パティセリー」

このようなラインナップになっています。

「ジ・アトリウム」は先程ご紹介した朝食を食べる事が出来るレストラン。
夜食やバーとして夜は24時まで営業していますので、パークから帰ってきた後でも楽しめます。

「行庵」は日本料理が楽しめます。
パークで洋食をたっぷり食べて、何となく和食が恋しきなったときの味方。
店内も和の雰囲気で落ち着いていて、オーダーバイキングなどを楽しむことが出来ます。

和食が食べたくなったときはこちらがおすすめ。

「シュール ラ メール」は、雰囲気を重視しつつ、本格的な味のフレンチを楽しみたい時に足を運んで欲しいところ。
ホテルの最上階にありますので、素敵な景色がお約束されています。

55席の中には個室もありますので、もし個室ご希望の場合はホテルに連絡するのはベスト。
レストランオリジナルのカクテルのご用意もありますので、大人の雰囲気漂うレストランで、素敵な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?

「パティセリー」はパンやケーキなどを扱うお店です。
8時半から24時まで営業しているので、朝食やパークから帰ってきたときの夜食など、様々なニーズに対応しています。

様々なレストランやショップがありますので、ニーズに合わせてぜひご利用ください。

素敵なお部屋をご紹介☆

ホテルのお部屋のご紹介です。

大きく分けて5つの種類のお部屋をご用意しています。

「スタンダードルーム」

パーク側にあるお部屋ですので、外を見るとパークを見ることが出来ます。
お部屋の角度によってパークの見え方が変わるのですが、どの眺めのお部屋がいいなどの希望は出来ませんので、当日までのお楽しみ。

「コンフォートスーペリアルーム」

パーク側か海側の両方に位置しているので、こちらのお部屋も当日まで景色はお楽しみ。
景色がパーク側・海側のどちらになっても、落ち着いた雰囲気のお部屋です。
オーソドックスなタイプのお部屋を希望している時は、このお部屋のタイプがおすすめ。

「コンフォートデラックスルーム」

お風呂はゆったりと、広々とした空間がいい!そんな方におすすめのお部屋。
お風呂が広いのはもちろんの事、バストイレが別になっていますので、しっかりと湯船に浸かることが出来ます。
40平米の広さがありますので、お部屋の中もひろびろとしています。

「ファミリータイプルーム」

お部屋のタイプは和室、または洋和室になっていて、小さなお子様からご年配の方まで幅広いニーズに対応しているお部屋。
足を伸ばして広々とくつろぐことが出来ますので、快適に家族で泊まるには快適なお部屋になっています。

「ユニバーサルルーム」

身体が不自由な方でも、「快適に過ごしていただきたい」というホテルのホスピタリティー溢れるデザインになっています。
お部屋の中や動線はもちろんのこと、移動が楽なように設計されていますので、快適な時間を過ごすことが出来ます。

お部屋の種類はこの5つ。
どれも素敵なお部屋なんですよ。
予算などを考えて、ベストなお部屋を選んでみてくださいね。

次のページでは『リヴィエラクラブフロアとは?』を掲載!
次のページを読む >>