ディズニー好きなら一度は考える?憧れのディズニーキャストになる方法

ディズニーランドやディズニーシーに遊びに行っていると、ふと「キャストになれたら毎日夢の国にいられる」そんな風に思ったことのある方も多いのではないでしょうか?実は、キャストの面接会は年に数回行われていて、今この記事を読んでいるあなたも、魔法の国のキャストになるチャンスがあるんです。

実際にキャストになるにはどうしたらいいのかを知って、もっとディズニーの世界を極めましょう。

【ディズニーおすすめ記事はこちら♪】
これで完璧!ディズニーランドのお土産徹底ガイド
凝縮!全パターン網羅!ディズニーのペアルック30案

ディズニーキャストの面接に行くには?

まず、パークで働きたいと思ったら、面接を受ける事からスタートします。
その為には、キャストの募集がいつ行われているのかを知っておくことが大切です。

キャスト募集は、応募状況や募集状況によって行われる時期が異なります。
つまり、キャストの募集は不定期ということになります。
募集媒体は電車の中釣り広告や公式ホームページ、そして、メルマガに登録している方はキャストの募集が始まると、メールが届くようになります。

ですので、キャストになるための面接のステップに進むには、常にキャスト募集のアンテナを張っていることが重要になってきます。

そして、いざキャスト募集の情報を見つけても、働き始める時期によっては面接にいくことを考えてしまうこともありますよね?採用元の「株式会社オリエンタルランド」では、採用されたその月、または翌月から勤務可能な方となっています。
ですので、タイミングが重要。

タイミングがどうしても合わなくて、でもどうしてもキャストになりたい時は、電話で問い合わせをするようにしてください。

応募の手順を確認しよう

では、応募の手順を見ていきましょう。

通常のアルバイトの面接では、写真付きの履歴書を準備して、身なりを整えて…たくさんやることがあって大変ですよね。

ですが、ディズニーリゾートの面接会では、まず履歴書が必要ありません。
当日、面接会の会場で履歴書の代わりになる「申込書」を書くので、履歴書を持ってくる必要はありません。

さらに、筆記用具も用意してくれるという対応。
さすがディズニーリゾート!服装はスーツなどかしこまった服装の指定はありませんので、普段の自然体な姿で面接に行っていいのです。

ですが、面接会ということを忘れずに、TPOをわきまえた服装で会場に足を運ぶようにしてくださいね。

そして、面接会の会場には駐車場の用意がありません。
公式サイトでも案内がありますが、公共交通機関で会場にいくことをおすすめします。
どうしても車の場合は、近くのコインパーキングを探して車を止めましょう。

面接会は何をするのか気になる…

image by PIXTA / 9331566

いざ面接です。
面接会ではいったい何をするのかを確認しておきましょう。

1. 受付で申込票(履歴書の代わりになる物)を受け取る。

2. 申込票に添付する顔写真を撮影して、制服のサイズを確認するために、サイズを測ります。

3. 申込票を記入する。

4. 面接の順番が来るまでひたすら待つ。

5. 面接官とと1対1の面接を、20分~30分ほどします。

このような流れになっています。

面接と言っても、個室で行うタイプの面接とは異なり、体育館のような広いところで一斉に行うので、堅苦しい印象というよりは、フランクな感じで面接をします。

こちらの希望やどうしてキャストになりたいのかなどを聞かれますので、しっかり心に希望を秘めておきましょう。
面接会はとってもフランクな雰囲気で行われていますので、緊張しすぎて何も話せないという心配はしなくて大丈夫♪

申込票って何を記入するの?

image by PIXTA / 1849230

あくまで履歴書と同じ扱いをするものなので、名前や住所、これまでの経歴などを記入します。
ここで、希望の職種を書くことになりますが、配属に関しては希望を聞くだけで、書いたところに配属になるわけではありません。

面接は、ここで書いた申込票を元にお話する形になりますので、キャストになりたいからといって嘘を書くのはやめましょう。

面接会に来るときに、申込票に書く内容で事前に調べておく必要のある情報があります。
それは、最寄り駅と、そこからディズニーリゾートに移動する際の始発と終電の時間。

自宅から最短のルートを記入する形ですので、遠回りするルートにならないように気を付けましょう。
虚偽の申請はすぐにばれてしまいます。
そして、勤務の時間にも大きく関わってくる部分ですので、しっかりと正しい情報を調べるようにしましょう。







学生や主婦でも出来るの?

ここまでディズニーキャストになるための手順や、準備するものなどをご紹介してきましたが、いざ応募となると年齢などの制限が気になった方もいるかもしれませんね。

実はディズニーキャストは学生でも応募可能で、実際に土日祝日に夢を届けている素敵なキャストさんもいます。
なんと高校生でも活躍できるので、応募出来る年齢はとても幅広いです。
ただし職種によっては年齢制限を設けている職種がありますので、詳しくは面接会の時に面接官にしっかり質問しましょう。

最も気を付けて欲しい点は、通学している高校と保護者の同意が必要になることです。
アルバイトが禁止されている高校などは少し難しいかもしれません。

もちろん主婦の方でも活躍されている方もいらっしゃいます。
勤務の時間帯や職種などは、面接会で相談してみましょう。

公式ホームページには、どの時間帯がパークで必要とされているかが載っています。
開園前を含む朝早い時間帯か、閉園後を含む夜遅い時間帯のどちらかの時間帯で多くのキャストを必要としています。
もちろん開園時間内の勤務も募集がありますが、なかなか空きが出ないのが現状です。
ですので、もし開園時間内の勤務を希望している場合は、タイミングが大きい部分があります。
長い目でみて、長期戦になることを心しておきましょう。

面接会では志望動機など基本的な質問はもちろんですが、その人が1番輝ける場所を一緒に考えてくれますので、自分の希望や時間帯、心配な事などを遠慮なく話ましょう。

必要な資格はあるの?

基本的には特別な資格は必要ありません。

ですが、ナースキャスト(救護室に来た体調不良やケガをしたゲストを対応する)や、ヘアアンドメイクアップキャスト(ディズニーランドホテルで、小さいお子様にメイクや髪などのおめかしをするキャスト)などは、資格を必要とします。

専門的なお仕事は資格がないと出来ないものがありますので、もし資格を持っている方で、そのキャスト部門に空きがある場合はチャンスかもしれません。
空きは電話で確認する方法が1番確実ですので、もし気になった仕事の資格を持っている方は、ぜひチャレンジしてみましょう。

髪の毛の色は黒!身だしなみについて~女性編~

ディズニーキャストは、身だしなみが重要です。
まず覚えておきたいのは髪の色。
パークには様々な年齢の方がいらっしゃることもあり、黒を基本としています。

地毛が茶色の場合も、黒に染めてくることになりますので、しっかり頭に入れておきましょう。
特に女性のみなさんは、以下のことに気を付けましょう。

・髪の毛でネームタグ(名札)が隠れてしまうスタイル

・ほつれ毛を垂らしたスタイル

・前髪で目が隠れるスタイル

・前髪が顔に垂れ下がっているスタイル

・高い位置にまとめたスタイル

・無造作に束ねたスタイル

この6つは禁止されているスタイルです。
思い返してみると、このような髪型のスタッフさんはいないですね。
あとは、女性の魅力を引き立たせてくれるお化粧。
自然なお化粧であれば問題ありませんが、規定が細かくなっていますので、必ず公式ホームページで確認しましょう。

ネイルはアートやグラデーションはデザインに関わらず禁止です。
ミッキーのアートならOKという問題でもないのでご注意を。
ジェルネイルは、シンプルであれば使用可能ですが、根元が2ミリ以上空いてしまう場合は、リペアして、常にきれいな状態を保つようにしてください。

ちなみに付け爪はできません。

次のページでは『身だしなみについて~男性編~』を掲載!
次のページを読む >>