【ディズニー】食物アレルギーがあっても安心のレストランをご紹介

東京ディズニーリゾートでは、多くのゲストの方にお食事を楽しんでいただくために、アレルギーをお持ちのお客様対応のメニューも用意しています。今まで、アレルギーがあるからディズニーリゾートでのお食事を諦めていた方も、実は心行くまで楽しめるようになっています。

どこのレストランでアレルギー対応のメニューを提供しているのかをしておくと、よりパークで有効に時間を過ごすことが出来ます。これまで寂しい思いをしてきた方も、これで安心することが出来ますよ。

【ディズニーおすすめ記事はこちら♪】
これで完璧!ディズニーランドのお土産徹底ガイド
凝縮!全パターン網羅!ディズニーのペアルック30案
  • style="display:inline-block;width:336px;height:280px" data-ad-client="ca-pub-1386733479651016" data-ad-slot="6199981080">

低アレルゲンメニューとは


該当の料理や商品には入っていないが、加工や調理工程の中で、原因となるアレルギー物質が混入する可能性のある物を「低アレルゲンメニュー」と言います。

工場や調理場では、アレルギー物質が入らないように細心の注意を払っていますが、どうしても他の商品を作るうえで、混入する可能性が否定出来ない場合があるということです。

加工や調理の工程で混入する可能性があることでも気になる方もいれば、それくらいなら大丈夫などと言った個人差がありますので、もしお連れの方がアレルギーをお持ちの時は、お連れの方がどちらに該当するのかをしっかり聞いておくことをおすすめします。

低アレルゲンメニューを注文するには、予約が必要?


基本的に予約は必要ありません。
パークに来園した当日に、アレルギー対応メニューを取り扱っているレストランに足を運び、自分が反応してしまう可能性のあるアレルゲン物質について伝えましょう。

対応についてはレストランやアレルゲン物質によって異なることがあります。
例えば卵アレルギーの方が2人いたとしても、1人は少量であれば大丈夫、もう一方は少量でも反応が出てしまう場合、キャストさんの対応は変わってくるということになります。

そしてアレルギーに関しては、同じ症状が出る方でも感じ方や考え方があるので、キャストさんに症状などをしっかり伝えるようにしてください。
とても丁寧に対応してくれますので、安心してくださいね。

そして、一部予約の必要なレストランがあります。
プライオリティ・シーティングといって、レストランの事前予約をするようにしましょう。
以前の記事でお話しましたが、予約はレストラン前で行っていますので、予約の必要なレストランの時は該当のレストランに足を運ぶようにしましょう。

参考までに、ディズニーランドでプライオリティ・シーティングが必要なレストランは、

・ショーレストランのポリネシアンテラス・レストラン

・ザ・ダイヤモンドホースシュー

こちらの2つになっています。

特にこちらの予約が必要なレストランに関しては、開園と同時に足を運んで予約及び、アレルギーに関しての詳細を聞くようにしてください。

低アレルゲンメニューに年齢制限はあるの?


ディズニーリゾートの低アレルゲンメニューは、年齢制限はありません。
ですがディズニーランドでは、

・「クリスタルパレス・レストラン」

・「ハングリーベア・レストラン」

ディズニーシーでは、

・「ホライズンベイ・レストラン(ディズニーキャラクターダイニング)」

・カスバ・フードコート

こちらの4つのレストランの低アレルゲンメニューに関しては、8才以下のお子様を想定したボリュームとなっていますので、注文する際には気を付けましょう。

この4つのレストラン以外では、大人向けのレストランメニューとなっていて、ボリュームも大人用になっていますので、アレルギーに関してしっかり気を付ければ、年齢制限はありませんので、安心してください。

5大アレルゲン以外のアレルギーはどうしたらよいか


さて、アレルギーといっても今指定されているのは27種あるのをご存知ですか?その中でも特に注意が必要で且つ、アレルギーとされている方が多い物質の事を、「5大アレルゲン」といいます。

その5大アレルゲンとは、「小麦、そば、卵、乳、落花生」の5つ。
現在多くの商品のパッケージの裏に記載されています。

5大アレルゲンはもちろんの事、他のアレルゲン物質に関しても、アレルギーの知識を持ったキャストさんが対応してくれます。
ゲストの方の希望する内容や、扱う商品によってはご要望に添えない場合もあります。

レストランは時間帯によっては待ちの列が出来ていることもあります。
入り口には必ずキャストさんがいますので、入り口のキャストさんに食物アレルギーを持ってでいることを必ず伝えるようにしましょう。

前に食べたことのあるメニューなら確認不要?


前に食べてアレルギー反応が出なかったから大丈夫!と思っている方は、少し注意が必要!

パーク内では、不定期に食材が変更になっていることがあります。
その為、以前含まれていなかったアレルゲンが加わっていることもあります。
なので、前に食べたから大丈夫というのは実は危険ということが分かりますね。

少し手間がかかってしまいますが、自分の身体を守るためにも、注文する前にレストランで今何を使っているのか、昔と変わっていないのかという情報を確認するようにしましょう。
常にゲストを楽しませるために、変化をしているディズニーリゾートなので、味も変化していることもあります。

各店舗には、アレルギーの知識を持ったキャストさんがいますので、とても丁寧に対応してくれます。
ゲストの方の要望や、混雑時には時間がかかる場合もありますので、頭に入れておきましょう。

お弁当の持ち込みはしていいの?


アレルゲンに関して、少量でも反応してしまい、外食が困難な方もいらっしゃいます。
その場合に関しては、パークにお弁当を持ち込むことが可能です。
その場合、パークに入る前に、アレルギーの為、お弁当を持ち込むことをキャストさんに伝えるようにしましょう。

ただし、パークに入園するすべての方が持ち込んで良い訳ではなく、アレルギーを持っている本人のみになります。
持ち込んでよいとされているものは、

・お弁当

・レトルト食品等

となっています。
持ち込める場所は、園内レストラン限定ですのでご注意ください。
レストランに持ち込む際も、レストランのキャストさんに、アレルギーの為お弁当を持ち込むことを伝えるようにしてください。

その時には、お連れの方はレストランのメニューを注文することがルールになっていますので、一緒にお食事を楽しみましょう。

そして、持ち込んだお弁当に関してですが、パーク内の冷蔵庫で預かってもらうことが出来ませんので、特に夏は管理に注意して、食中毒にならないようにしましょう。
パークに持ち込んだお弁当で万が一体調が悪くなってしまった時には、救護室へ行きましょう。

食品を持ち込んだ時に、食器を借りることは出来る?~ディズニーランド編~


先程、お弁当と一緒にレトルト食品を持ち込んでいいことをお伝えしました。
自分で食器を持っていければもちろんいいのですが、なかなかそう出来ない場合もあります。
そんな時に、レストランでは食器を貸してくれるサービスもしています。
そのレストランは以下の通りです。



・イーストサイド・カフェ

・センターストリート・コーヒーハウス

・れすとらん北齋

・ブルーバイユー・レストラン

・クリスタルパレス・レストラン

・ポリネシアンテラス・レストラン

・チャイナボイジャー

・プラザパビリオン・レストラン

・ザ・ダイヤモンドホースシュー

・グランマ・サラのキッチン

・クイーン・オブ・ハートのバンケットホール

こんなにたくさんあります。
レストランで使用しているお皿やスプーンを貸してもらえます。

ただし、アレルゲン混入防止のための使い分けはしていませんので、注意しましょう。
そして、食器の小さな傷に入り込むアレルゲンや、アレルゲン混入防止のための食器など、食器の使い分けをしていない人限定になりますので、もし使い分けている時は、持ってくるようにしましょう。

ごん

Writer:

年に数回ですが、ディズニーに遊びに行きます。泊まりで行くことも日帰りで行くことも多く、アトラクションメインで楽しんでいます。食べることも好きなので、グルメもたくさんの種類を食べています。少しでもディズニーを楽しめるような情報をお伝えしていきますね。 そして、ディズニーの他にも、栃木と群馬が大好きでよく旅行や温泉を楽しみます。グルメやショッピングスポットのおすすめの紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事のカテゴリ

ディズニー

ディズニーの記事を見る

全種類コンプリートしたくなる!?ディズニーリゾートの「スーベニアメダル」
ディズニーリゾートを華やかに彩る花々♪おすすめフラワースポット10選
【無料送迎バスあり】ディズニーランドの近くの浦安ブライトンホテル東京ベイの魅力
ディズニーシーで今話題の新キャラ!「ステラ・ルー」の魅力
ディズニーランドで素敵な写真を撮ろう!おすすめフォトスポット20選
ディズニーシー開園時間は変化する?開園時間のパターンとチェック方法
ディズニーシーのタートルトークの話術、その魅力
【知っておこう】ディズニーイースターの楽しみ方、ランドとシーの違い、など
ディズニーランドでゲストが参加できるショープログラム「アトモスフィア」の魅力
東京ディズニーランドのアトラクション「アリスのティーパーティー」の魅力
ディズニーチケットの値段を少しでも安くしたい!1day、2days、3daysなど
ディズニーカチューシャはやっぱり可愛い!パークで買える20個の種類

関連記事を見る