0歳児の子連れディズニーランドならこう楽しもう!おすすめアトラクションや過ごし方

ディズニーランドには赤ちゃんと一緒でも楽しめるアトラクションが22個もあり、0歳児にデビューする子が結構います。今回は赤ちゃんでも楽しめるアトラクションからベビールームの場所まで、当日のお役立ち情報を一挙にご紹介!乗れるけど注意が必要なアトラクションもありますので、そちらもまとめてご紹介していきます。

【ディズニーおすすめ記事はこちら♪】
これで完璧!ディズニーランドのお土産徹底ガイド
凝縮!全パターン網羅!ディズニーのペアルック30案
  • style="display:inline-block;width:336px;height:280px" data-ad-client="ca-pub-1386733479651016" data-ad-slot="6199981080">

いつから楽しめる?


ディズニーランドでは3歳以下のお子さんは入園無料になります。
0歳児でも乗れるアトラクションやプレイスポットがあり、中には新生児の時にディズニーデビューを果たす赤ちゃんも!

基本的にはいつ行っても良いのですが、新生児の頃はまだ抵抗力が弱く、人込みの中を連れてまわる際には何かと心配です。
腰がすわる生後6か月になると、外へのお出かけもそろそろ増える頃。
この時期に合わせて、3~4時間程度の短い時間パークへ遊びに行くのが良いかと思います。

おすすめは生後9~11か月の1歳前後。
この頃には離乳食も進み、周囲に興味を持ち始めるためパークでの過ごし方も楽しくなってきます。
とは言えお子さんによっては夜泣きが終わらない場合も。
子供の体調に合わせ様子を見ながら遊びに行きましょう。

ベビーセンターの場所をご紹介


ディズニーランドには2つのベビーセンターがあり、0歳児と一緒に遊びに来た際はこちらの場所を事前にチェックしておきましょう。

エントランスから最も近いベビーセンターは「ワールドバザール」の中にあります。
もう一つは「トゥーンタウン」の奥にありますのでパークマップで確認してみてくださいね。

ここには授乳室をはじめ、ミルク用のお湯や哺乳瓶が洗える洗い場、子供用の食事テーブル、おむつ交換台など一通りそろい、施設内はとても綺麗で快適です。

さらに大手国内メーカーの粉ミルクや離乳食、紙おむつ、おやつ、ベビー飲料、ガラスの哺乳瓶まで販売!ベビーカー用のレインカバーも販売しており、急にパークで雨が降っても安心です。
こちらを上手に利用してパークを楽しく過ごしましょう。

赤ちゃん連れにおすすめのレストラン


ディズニーランドには「プライオリティシーティング」という便利な予約システムがあります。
事前にディズニーの公式HPからオンラインで予約、または当日レストランで直接予約を取ります。

赤ちゃんと一緒に食事をする際は身動きが取りづらいので大変ですよね。
ランドにはカフェテリア式のレストランも多く、さらに休日は混雑し並ぶ時間も増えます。
そんな時はこのシステムを使ってスムーズに食事をしましょう。

プライオリティシーティング指定レストランではテーブルサービスのお店がほとんど。
料理をテーブルまで運んでもらえ、赤ちゃん連れの時にはとても助かります。

特におすすめのレストランは「アドベンチャーランド」にある「ポリネシアンテラスレストラン」。
ミッキーやスティッチ達と一緒に食事を楽しめるショーレストランです。
こちらは人気のためすぐ予約が埋まってしまいます。
日程が決まり次第早めに予約をしておきましょう。

また「ワールドバザール」内にはプライオリティシーティング指定レストランが多く集まり、赤ちゃん連れでの食事に打ってつけのエリアです。

洋食を中心とした「センターストリート・コーヒーハウス」やイタリアンが味わえる「イーストサイド・カフェ」、和食ダイニング「れすとらん北齋」などがおすすめ。
お子様メニューをはじめ、キッズチェアや可愛いキッズエプロンも用意してくれていますよ♪

赤ちゃんも遊べるキッズエリア「トゥーンパーク」


「トゥーンタウン」にある出入り自由のキッズエリア。
たくさんの子供達に遊んでもらおうとミッキーが作った公園なのです。

クッションになっている床はとってもふかふか♡屋外ですので靴を履いたまま遊ぶエリアなのですが、ハイハイして遊んでいるお子さんもいます。
赤ちゃんが自由に動ける数少ない広場。
ここで元気いっぱい遊ばせてあげましょう!

早い子では生後8~9か月でよちよち歩きをするお子さんも。
ここにはつかまり立ちができる遊具やベンチがたくさんありますので、0歳児のオアシスですよ。
空いた時間に遊びに行ってみてください♪

ベビーカーのまま乗れる!おすすめアトラクション5選


ベビーカーごと乗れるアトラクションがあり、並んでいる途中で赤ちゃんが寝てしまっても安心です。
赤ちゃん一緒に楽しめるおすすめの5つをご紹介します。

1.蒸気船マークトウェイン号


「ウエスタンランド」にあり、優雅な蒸気船の旅を体験できます。
船は3階建てになっており、1階のみベビーカーのまま入船することが可能です。

にぎやかなパークから離れ、ゆったりと静かな時間を過ごすことができディズニーランドに居ることを忘れさせます。

なかなか赤ちゃんと一緒に蒸気船に乗る機会は少ないです。
本物の蒸気船を一緒に楽しむ良いチャンスですのでぜひ乗船してみてくださいね。

2.ミッキーの家とミート・ミッキー


「トゥーンタウン」にありミッキーと写真を撮る事ができるグリーティングスポット。
並んでいる間はミッキーの家の中を見て回ることができ、ワクワクしながら待っていられます。

さらにポイントはキューライン(待ち列)でもベビーカーで入れること。
ランドにあるアトラクションの多くは、入口にベビーカーを置いて並ぶ事がほとんど。
ミッキーの家ではそのまま入れるため、ママやパパたちが助かります。

ミッキーとの記念の一枚は、自身のカメラでも撮る事ができますが、有料でプロに撮ってもらうこともできます。
その際はオリジナルの台紙もセットになり、思い出になるとこ間違いありません。

remi

Writer:

はじめまして。神奈川県在住で1歳半の娘を持つ一児の母です。 ディズニーランド・シーには年に1度は行っています。浦安に4年間住んでいた頃には年間パスポートを使い週に5回は遊びに行ってました♪ 一番好きなアトラクションは我が子も大好きなイッツアスモールワールド♡パークのお役立ち情報やワクワクする情報をご紹介させて頂ければと思っています。

この記事のカテゴリ

ディズニー

ディズニーの記事を見る

全種類コンプリートしたくなる!?ディズニーリゾートの「スーベニアメダル」
ディズニーリゾートを華やかに彩る花々♪おすすめフラワースポット10選
【無料送迎バスあり】ディズニーランドの近くの浦安ブライトンホテル東京ベイの魅力
ディズニーシーで今話題の新キャラ!「ステラ・ルー」の魅力
ディズニーランドで素敵な写真を撮ろう!おすすめフォトスポット20選
ディズニーシー開園時間は変化する?開園時間のパターンとチェック方法
ディズニーシーのタートルトークの話術、その魅力
【知っておこう】ディズニーイースターの楽しみ方、ランドとシーの違い、など
ディズニーランドでゲストが参加できるショープログラム「アトモスフィア」の魅力
東京ディズニーランドのアトラクション「アリスのティーパーティー」の魅力
ディズニーチケットの値段を少しでも安くしたい!1day、2days、3daysなど
ディズニーカチューシャはやっぱり可愛い!パークで買える20個の種類

関連記事を見る