東京ディズニーシーの「ミッキー&フレンズ・グリーティングトレイル」の魅力

ディズニーリゾートにせっかく来たんだもの、好きなキャラクターに近くで会いたい!そう思いますよね。ディズニーリゾートは混んでいる日が多いのでなかなかショーも近くでは見れないことが多いです。そんな時にはグリーティングエリアへ行ってみるのがグッド!

ディズニーシーでは、ロストリバーデルタにある”グリーティングトレイル”ではミッキー・ミニー・グーフィーに、もう一つ別の”サルードス・アミーゴス”ではドナルド・ダックに会える、というよりもほんのひと時ではありますがふれあうことが出来ちゃうのです。どんな雰囲気のエリアなのか確認してみましょう。

【ディズニーおすすめ記事はこちら♪】
これで完璧!ディズニーランドのお土産徹底ガイド
凝縮!全パターン網羅!ディズニーのペアルック30案

グリーティングトレイルは探検エリア

グリーティングトレイルは緑豊かな木々生い茂る場所で、遺跡や植物、ジャングルに生息する蝶々などの虫をミッキーたちは調査、研究をしているそうです。
いろいろと観察ができる自然豊かな探検エリアって感じでしょうかね。

そして、入り口は一つですが、その後にミッキーかミニーかグーフィどのキャラクターに会いたいかで、並ぶ列がわかれます。

標本のようなミッキー蝶の絵

並んで待っている道中には、ミッキーたちが調査して見つけた昆虫なのかなぁ~?リアルにうまくその虫が詳細に描かれたものなどが展示されています。

ミッキー、ミニー、グフィー誰が描いたのかなぁ?素晴らしい!こんな風に並んで待っている間にはミッキーたちの調査・研究の様子がうかがえるのも魅力の一つです。

ミッキーデザイン蝶々?

先ほどの描かれていた虫が実際に木にとまっています。
並んで待っている間にはこんな風景がいくつか見つけられるので探してみてください。

ちょっと耳をすませてみると、虫の鳴き声もします。
スマホでパチリと撮ってみたりしていれば待ち時間も退屈しないでしょう。

夕暮れ以降のグリーティングトレイル

少し暗くなってからのここ、グリーティングトレイルもお昼間とは違ってまたいいかもしれません。
冬は寒いから並んで待っているのが厳しいけど、夏場は涼しくて夕暮れもよいかも。

ミニーちゃんみたいなドット模様の蝶

はい、こちらにはミニーちゃんイメージの羽がドット模様の蝶々。
こんな蝶々が本当に飛んでいたら、なんだか素敵ですよね。
虫が苦手な人でも興味を持ってしまいそう、捕獲してうちで飼って観察してみたくなっちゃうかもしれません。






ミニーちゃんの研究の場

こちらはきっとミニーちゃんの調査、研究をするときに使うデスクなのでしょう。
ピンクのランプやテントの繕い布がドット模様でかわいらしいですね。

キュートなイメージのミニーちゃん、こんな昆虫の調査が出来ちゃうって、意外にもけっこうアクティブなところもあるのですね。
本に描かれている昆虫の模様もキャラクターのデザインになっています。

ロストリバーデルタの中にあるミッキーたちの調査・研究エリアであるグリーティングトレイルは花や木々など緑豊かなジャングルなので、昆虫などいろいろな生き物が生息しているようにうかがえます。

SEE OUR PROGRESS!

ミッキーに会うために並んで待つ列を進んでいきもうすぐミッキーに会える~ってあたりにミッキー&ミニー、ドナルド&デイジー、グーフィが調査している様子の写真が展示してあります。
楽しそうに調査している様子。
グーフィは疲れてちょっと一休みしているのかな?
次のページでは『ミッキーフェイスの遺跡?』を掲載!
次のページを読む >>