ディズニーランドに行かなくても十分楽しい!舞浜駅周辺のディズニー関連で遊べる・食べる・ショッピングできる6選

夢溢れる唯一無二のテーマパーク、ディズニーランドには連日多くの人が遊びに訪れており、パークのみならず舞浜駅エリア全体がディズニーリゾート一色に染まっているほど。この周辺には、入園しなくても楽しめるディズニー関連のスポットがたくさん♪そんなおすすめ6選をたっぷりご紹介します。

【ディズニーおすすめ記事はこちら♪】
これで完璧!ディズニーランドのお土産徹底ガイド
凝縮!全パターン網羅!ディズニーのペアルック30案

1.イクスピアリ

舞浜駅から徒歩1分の大型商業施設で、ディズニーリゾートのオフィシャルな建物の一つ。
11のブロックに構成され、映画館やアパレル、レストラン、ディズニーストアーなどが揃うエンターテイメント施設なのです。

南ヨーロッパを思わせるお洒落なつくりが日常を忘れさせてくれます。
建物内からはディズニーの花火を鑑賞することができ、昼間はショーや「ウエスタンリバー鉄道」の汽笛の音も聞こえ、イクスピアリに居ながらパークで遊んでいる気分に浸ることができちゃます♪

ちなみに大晦日に行われるディズニーカウントダウンの抽選に外れてしまった場合でも、イクスピアリからカウントダウン花火を眺めることができますよ。

本格イタリアンや中華、フレンチ、お寿司、すき焼きなど多彩なレストランが立ち並ぶ他、焼きそばやたこ焼き、ベーカリー、おむすびなどが頂けるフードコートも入っています。

週末のパークはどこへ行っても混み合い、食事をするにも一苦労。
そんな時はイクスピアリを使うのも手です。
1階フードコートは子連れファミリーに重宝のスポット。

イベントも随時行われており、夏休みなど大型連休の時には子供と一緒に親子で体験できるワークショップなども開かれています。

ディズニーストアーの前にある中央ステージでは、様々なステージショー・ライブショーが開催!イクスピアリ内にある映画館「シネマイクスピアリ」ではマジックライブショーが開かれたりもしていますよ。

またディズニーブランドホテルの一つ「アンバサダーホテル」も敷地内に隣接しており、リゾート感溢れる雰囲気がこの辺り一帯に広がっています。

賑やかなパークから少し離れて、たまには中庭や花壇などを眺めながら、ゆったりお散歩してみてはいかが?

スポット名:イクスピアリ

住所:千葉県浦安市舞浜1−4

アクセス:JR京葉線 舞浜駅から徒歩1分

営業時間:10時00分~23時00分(店舗により営業時間は異なる)

定休日:無休

電話番号:047-305-2525

2.ボン・ヴォヤージュ  

ディズニーオフィシャルグッズが購入できる国内最大級のディズニーショップです。
1階と2階に分かれており2階はショップ販売、1階では配送などを手配できるサービスカウンターになっています。

舞浜駅からディズニーランドへ向かう途中、左側に見える大きなトランクス型のデザインが目を引きますね。
この建物が見えてくると、いよいよディズニー気分が盛り上がってきます。

こちらはパークの営業時間よりも長く営業しており、パークへ行く前に立ち寄ることも可能です。
少しでもパークに居る時間を増やしたい方は、パーク開園前に先にこちらでファンキャップ(頭にかぶる帽子)やポップコーンバケットを購入しておきましょう。

また、閉園ギリギリまで遊び尽くしたい時も、パーク退園後ここでまとめてお土産を購入して帰るという方法もあります。
ちなみにパークで販売しているグッズと同じものが置いてありますよ。

ボン・ヴォヤージュでは季節・期間限定のアイテムも手に入れることができるのが嬉しいポイント。
さらにランドとシーの両パークのグッズが一度に購入できちゃいます。
もちろん、両パークの限定アイテムも置いてありますよ。

ただし、ディズニーシー限定の「ダッフィー」関連グッズはパークに入らなければ手に入りません。
ダッフィーグッズが欲しい場合には、シーのパスポートが必須です。

ディズニーストアーはイクスピアリの他、全国各地にありますが、販売している商品はパークで販売しているディズニーリゾートグッズとは違います。

ディズニーリゾートグッズをパークチケット無しで購入したい時はこちらへ訪れましょう。
電車ではなく車で来る場合は、イクスピアリの駐車場が駐車サービスの提携をしてくれています。

「ボン・ヴォヤージュ」とはフランス語で「よい旅を」という意味。
入園せずともパークの気分を味わうことができるボン・ヴォヤージュで素敵な旅を♪

スポット名:ボン・ヴォヤージュ

住所:千葉県浦安市舞浜1−1−24

アクセス:JR 京葉線 舞浜駅から徒歩3分

営業時間:7時30分~23時00分

※状況により営業時間が変更になる可能性がございます。

定休日:無休

電話番号:0570-008-632(東京ディズニーリゾート・インフォメーションセンター)

3.ディズニーリゾートライン

ディズニーリゾートラインは、JR舞浜駅から一番近い「リゾートゲートウェイ・ステーション」から「東京ディズニーシー・ステーション駅」までの4駅を結ぶモノレール。
4~13分間隔で運行しており、1週約13分でまわります。

自動運転式になっており、運転手がいないという珍しいモノレールです。
そのため運転手がいるはずの最前車両・一番前の席はゲストが座ることができ、まるで自分が運転しているかのような気分が味わえます。
子供に大人気の席♪

ドライバーキャストはいませんが、安全確認をするガイドキャストはしっかりいますのでご安心を。

前述した2つの駅のほか「東京ディズニーランド・ステーション駅」と「ベイサイド・ステーション駅」の駅があり、ベイサイド・ステーション駅はディズニーオフィシャルホテルへ向かう際に利用します。

イベント毎で車両に様々なラッピングをし、多くのゲストを楽しませています。
人気が最も高い「ダッフィーライナー」は、外観だけではなく内装もダッフィー一色になっています。

ダッフィーの顔がデザインされたつり革、ぬいぐるみ生地でつくったふわっふわの座席。
車内全体でダッフィーを再現しており、かなり細かなところまでこだわって装飾されています。

ダッフィーのほか、新アトラクションがオープンした時や開演15周年など様々なイベントのラッピングが施され、パークへ向かうまでの時間も私たちをたっぷり楽しませてくれます。

車内から見えるパークの景色がとても素晴らしく、入園しなくてもパークで遊んでいるかのような気分を味わうことができますよ♪

ちなみにディズニーリゾートラインの「ナノブロック」や「プラレール」など、男の子が喜びそうな限定グッズがパーク内のショップで販売しています。

スポット名:ディズニーリゾートライン

アクセス:「リゾートゲートウェイ・ステーション」はJR 京葉線 舞浜駅から徒歩1分

電話番号:0570-008-632(東京ディズニーリゾート・インフォメーションセンター)

運賃:普通乗車券 大人(中学生以上)260円 子供130円

4.プロムナードギフト/プロムナードギフト・イースト

ディズニーランドのエントランス付近にあるグッズショップ。
パークに入らなくても、パークで販売しているアイテムを購入することができます。

舞浜駅側にある方が「プロムナードギフト」、ランドの駐車場側にある方が「プロムナードギフト・イースト」となり、エントランスの両サイドに2か所あります。

定番のお土産から期間限定グッズまで揃っており、お菓子類を中心に文房具やパスケース、ファンキャップ(主にカチューシャタイプ)など小物も充実。

比較的空いていることが多いのでスムーズにショッピングを楽しむことができます。
あくまでランドのお土産が中心なので、ボン・ヴォヤージュのようにシーのお土産は置いていませんのでご注意を。

パーク開園30分前にオープンし、パーク閉園後30分まで営業しています。
パーク開園までエントランスで並んでいる時間を使って、先にファンキャップをこちらで手に入れるということもできますよ。

スポット名:プロムナードギフト/プロムナードギフト・イースト

住所:千葉県浦安市舞浜1-1

アクセス:JR京葉線 舞浜駅下車 徒歩10分

営業時間:パーク開園30分前から閉園30分後まで営業

※状況により変動する場合があります

定休日:無休

電話番号0570-008-632(東京ディズニーリゾート・インフォメーションセンター)







5.キャリッジハウス・リフレッシュメント

ディズニーランドの駐車場側のエントランスにあるショップで、マフィンやドリンクなどを販売しています。

オープン時間は決まっておらず、だいたい午後~夕方に開くことが多いようです。
詳しいオープン時間が知りたい場合は、東京ディズニーリゾート・インフォメーションセンターへ問い合わせるとオープン時間を教えてくれますので、行く前に聞いておくと良いかもしれません。

ここで頂けるメニューには、ミッキーシェイプのバナナ&クルミマフィンやダブルチョコマフィン、夏にはミッキー・ミニーアイスバーも。
そのほかコーヒーやホット生茶、トロピカーナオレンジなどドリンクも充実。

さらにパークでも販売しているディズニーオリジナルデザインのボトルキャッパーやボトルポーチも手に入りますよ。

パークで遊んだゲストが帰りに飲み物や軽食を買っていくことが多いため、オープン時間も帰宅タイムに合わせているようです。

少し遅い時間からのオープンですが、近くに来た際はお散歩がてら立ち寄ってみてはいかがでしょう。

スポット名:キャリッジハウス・リフレッシュメン

住所:千葉県浦安市舞浜1-1

アクセス:JR京葉線 舞浜駅下車 徒歩10分

営業時間:15:00~22:00

※パークの営業時間により変動する場合があります

定休日:無休

電話番号:0570-008-632(東京ディズニーリゾート・インフォメーションセンター)

6.パークウェイギフト・サウス/パークウェイギフト・ノース

ディズニーシーのエントランス付近にあるグッズショップ。
ランドにある「プロムナードギフト」と同様エントランスの南側にサウス店、北側にノース店と両サイドに2か所ショップがあります。

こちらもパークで販売している定番のお土産はもちろん、期間限定グッズまで取り揃えており、買い忘れた際にも使える便利なショップです。

帰宅ラッシュ時には多少人が増えますが、その存在自体知らない人が多く、基本的には空いており穴場のショップとなっています。

パーク開園前から営業していますので、ファンキャップやパスケースを事前に購入することも可能。
またアフター6で遊びに来た際、早めに到着してしまった時にも良い時間潰しになりますよ。

ちなみにダッフィー関連グッズはここでも手に入りませんのでご注意を。

パーク内に比べてしまうとやはり種類は少ないものの、一通りの人気アイテムは並んでいますので、パークチケットを買わずシーの雰囲気だけ楽しみたい時はこちらへ。

スポット名:パークウェイギフト・サウス/パークウェイギフト・ノース

住所:千葉県浦安市舞浜1−13

アクセス:ディズニーリゾートライン「東京ディズニーシー・ステーション駅」から徒歩1分

営業時間:パーク開園30分前から閉園30分後まで営業

※状況により変動する場合があります

定休日:無休

電話番号:0570-008-632(東京ディズニーリゾート・インフォメーションセンター)

ディズニーリゾートの 新たな楽しみ方を発掘!

パークで遊ぶ時間やお金は無いけれどディズニーランドの気分に浸りたい♪そんな時はこちらで紹介したスポットがまさに打って付け。
リゾートラインでのんびりモノレールの旅を楽しむのも良し。
イクスピアリで豪華ディナーを堪能した後、パークの花火を鑑賞するのも良し。
ぜひ次のお休みは、パーク周辺にあるスポット巡りを楽しんでみてはいかがでしょう。
photo by PIXTA , iStock and so on.