東京ディズニーランドの「ジャングルクルーズ:ワイルドライフ・エクスペディション」の魅力

東京ディズニーランドのオープン当初から、絶大な人気を誇るアトラクション「ジャングルクルーズ」。アマゾンからアフリカ、東南アジア、インドまで世界各国のジャングルを制覇することができちゃいます!2014年にはリニューアルを果たし、より一層魅力溢れるその詳細をたっぷりご紹介していきます。

【ディズニーおすすめ記事はこちら♪】
これで完璧!ディズニーランドのお土産徹底ガイド
凝縮!全パターン網羅!ディズニーのペアルック30案

愉快なスキッパーと一緒にジャングル探検へ出かけよう!

「アドベンチャーランド」にあるボートタイプのアトラクション。
2014年9月にリニューアルオープンを果たし「ワイルドライフ・エクスペディション」として、新たにパワーアップしました!

スキッパー(船長)と一緒にジャングル探検をしていくアトラクション。
スキッパーの軽快なトークで探検は進み、トーク内容は基本同じですが人によって話し方やアドリブの個性が違うので、何度乗っても楽しめるところが人気の一つ。

ボートは南米「アマゾン川」、アフリカ「ナイル川」、東南アジア「イラワジ川」、インド「ガンジス川」と世界中の大きな川を巡っていきます。

ちなみにディズニーランドの創設者であるウォルト・ディズニーは、南米の川を航行した経験があり、ジャングルクルーズはその体験談を基にしてつくったアトラクションだそうですよ。

アトラクションの設計当初は実際の動物を導入しようと計画していたようですが、パフォーマンス的に難しかったためオーディオ・アニマトロニクス(ロボット)を使用することに。

ジャングルクルーズは、東京ディズニーランドのオープン当初から長年親しまれている、屋外では最大規模の大人気アトラクションなのです。

ここが変わった!10の見どころポイント 

ここからは「ワイルドライフ・エクスペディション」の見どころを10個ご紹介していきます♪

1.ゲスト参加シーンが増え、より一体感を味わうことができるように

以前もクルーズ中、ゲストとスキッパーのコミュニケーションの時間はたくさんありましたが、リニューアル後はさらに進化して掛け声や合いの手など、より一層ゲストが参加できる演出が加わっています。

ボート内で一体感がうまれて、盛り上がること間違いありません。
恥ずかしがらずにどんどん参加して、たっぷりクルーズをエンジョイしましょうね。
小さいお子さんがいるご家族やグループで遊びに来たゲストに特におすすめ♪

2.東京ディズニーランドだけのオリジナル音源で臨場感アップ!

音源も変更し、以前より臨場感がパワーアップしました。
ジャングルクルーズは世界各国のディズニーランドにもありますが、今回のリニューアルで東京ディズニーランドだけのオリジナル音源が誕生。

各シーンによってBGMが変わり、ゲストは映画のワンシーンに入り込んだかのような気分が味わえちゃいますよ♪ぜひ流れる音楽にも集中し、よく耳を澄まして聴いてみてくださいね。







3.ホタルが光り輝く「雨の森」

ボートが出発して一番初めに登場するのが「雨の森」。
昼間は生い茂る森という感じで、特に以前と変わらないように見えますが夜になると一転。

ホタルの光が飛び交い、幻想的な雰囲気に包まれます。
この美しさは写真では伝えきれません。
ぜひナイトクルーズで実際に見て来てくださいね。

4.ゴリラたちもより一層ワイルドに!

雨の森を過ぎ、アフリカゾウたちのエリアを抜けると現れるゴリラたちのテント。
以前にも増してゴリラさんたちがワイルドに暴れています。

ここで新たに加わったのはゴリラが銃を誤射する演出。
人間が持ってきた銃をゴリラが勝手に触り、誤って発砲してしまいます。

間一髪ボートには命中せず川に打ち込まれ、水しぶきが上がる演出が新たに追加されました。
ボートが過ぎてからこの演出が見られるため、振り返って見てみてください。

5.あのディズニー名作映画を彷彿させる「アフリカ大草原」

動物たちの配置は基本的に変わっていません。
何が変わったかというと、このエリアに近づいた瞬間、あのディズニー映画の名曲が流れます。

ディズニーファンの方ならこのシチュエーションを見てピンときたはず!さて一体どんなBGMに変わったのでしょうか。
答えは実際に乗ってからどうぞ。

次のページでは『6.「シュバイツァーの滝」にアナコンダ出現!』を掲載!
次のページを読む >>