ディズニーシーの人気スポット「マーメイドラグーン」の魅力

「マーメイドラグーン」は7つのテーマポートに分かれるディズニーシーの中で、最も子連れに人気のエリアです。エリアのほとんどが屋内になっており雨の日でも安心。さらに夏は涼しく、冬は暖かいためオールシーズン楽しめるところも人気の大きな理由。今回はその魅力を徹底解剖していきます♪

【ディズニーおすすめ記事はこちら♪】
これで完璧!ディズニーランドのお土産徹底ガイド
凝縮!全パターン網羅!ディズニーのペアルック30案

アリエルの空中パフォーマンスは必見!「マーメイドラグーンシアター」

このシアターでは映画『リトル・マーメイド』をテーマにした、ミュージカルショー堪能でき「マーメイドラグーン」に訪れたら絶対見逃せないところ。

2015年4月にリニューアルし「キング・トリトンのコンサート」として内容がガラリと変わっています。
まず初めに気が付くのは、新しく設置された6つのスクリーン。

円形のシアター内に、中央ステージを囲うようにして配置されたスクリーンにより、ゲストは360度からショーを楽しむことができるようになりました。
以前にも増してより一層、臨場感溢れるショーに仕上がっています。

さらにショーで使われる楽曲にもご注目。
以前は映画『リトル・マーメイド』に登場する「パート・オブ・ユア・ワールド」「哀れな魂」「アンダー・ザ・シー」の3曲でしたが、リニューアル後は『リトル・マーメイドⅡ Return to the Sea』や『リトル・マーメイドⅢ はじまりの物語』に登場する楽曲が新たに加わっています。

追加された曲は『リトル・マーメイドⅡ』の「陸と海で」、『リトル・マーメイドⅢ』の「歌の力」、そして『リトル・マーメイド』の人気曲「キス・ザ・ガール」の3曲が加わりました。

前作に引き続き「パート・オブ・ユア・ワールド」と」「アンダー・ザ・シー」は健在。

ストーリーもそれに平行して変更されており、以前は海の魔女「アースラ」の力で人間にしてもらい、陸か海のどちらの世界で生きるのか悩むアリエルがテーマの物語でした。

今回のリニューアルではアースラは登場せず、アリエルがトリトン王やセバスチャンと一緒に海へ遊びに来たゲスト達に、歌を披露するという物語になっています。

ちなみにこのシアターは海底に沈んでしまった難破船という設定。
私達ゲストはこの難破船でアリエル達に出会い、アリエルはこの場所で人間への憧れを抱くようになった、というバックグラウンドストーリーがあります。

楽曲やストーリーの他にも新たな見どころが盛りだくさん!6つのスクリーンには最新投影技術、プロジェクションマッピングを使った演出が施され、オープニングではこのスクリーンにアリエルの6人のお姉さん達が登場します。

さらにこのプロジェクションマッピングやシャボン玉を使った特殊演出により、実際の海底にいるかのようなリアルな演出が多数登場。

アリエルの空中パフォーマンス(劇中では海底を泳ぐ設定)では、以前よりもグッと目の前までゲストに接近してくれるように!リニューアル前は中央ステージのある円柱の空間のみでのパフォーマンスでしたが、より一層アリエルとゲストの距離が縮まっています。

リニューアル直後はゲストが集中するため、しばらくファストパス扱いになります。
ここで注意して頂きたいのはファストパスの有効時間。

他のアトラクションの有効時間は60分あるのに対し、マーメイドラグーンシアターは20分と短いです。
うっかりして有効時間を過ぎてしまわぬよう、時計をしっかり確認しておきましょうね。

子供達は大はしゃぎ♪「アリエルのプレイグラウンド」

マーメイドラグーンにある子供達に大人気のプレイスポット。
ウォークスルータイプのアトラクションで、9つのプレイゾーンに分かれています。

映画『リトル・マーメイド』に登場する名シーンを再現した「アリエルのグロット」や「アースラのダンジョン」などが自由に見て回ることができちゃいます。

もちろん映画を観ていなくても充分楽しめますのでご安心を。
身体を動かして遊ぶゾーンや好奇心をくすぐられるプロップス(装飾)など楽しい仕掛けがたくさん♪

夏に楽しい「マーメイド・シースプレー」では水があらゆるところから飛び出します。
はしゃぎすぎるとびしょ濡れに。
お子さんの着替えを持ってくると安心ですよ。

また靴を脱いで遊ぶ「スターフィッシュ・プレイペン」は、ハイハイの赤ちゃんでも遊べるベビーゾーンになっています。
フカフカクッションの積み木もあり、唯一赤ちゃんが自由に遊べる貴重なスポットです。

プカプカクラゲで水中散歩「ジャンピン・ジェリーフィッシュ」

カラフルなジェリーフィッシュ(クラゲ)に乗り込み海底を楽しくお散歩!アップダウンを繰り返すゆったり系のアトラクションで小さいお子さんにも大人気。

ただしおひざの上で抱っこしてでは乗れませんのでご注意を。
一人でしっかりお座りしていられるようになったら乗れますよ。

ここから眺めるマーメイドラグーンの景色は素晴らしく、普段とは違った風景を楽しむことができちゃいます。
混雑レベルは平日で10分待ち、休日で平均30分待ちです。

「ワールプール」でスピン!

コーヒーカップの水中バージョン。
潮のうずに巻き込まれ、ケルプ(海藻)カップでぐるぐる回転!

前のハンドルとカップは連動しており、ハンドルをまわすとカップのスピン力がアップします。
ハンドルを一切触らなければ緩い回転になり、赤ちゃんと一緒でも乗ることができますよ。

ついはしゃいで、ぐるぐる回し過ぎちゃう子が結構多いです。
乗り物酔いにならないよう加減しましょうね。







水中レースにチャレンジ!「ブローフィッシュ・バルーンレース」

回転型のアトラクションで、ブローフィッシュに吊り下げられている貝殻に乗ってクルクルレース。
ちなみにブローフィッシュとはフグのこと。

ぷっくりした愛らしいブローフィッシュの表情に癒されます。
3歳未満の小さなお子さんでも乗ることができますが、こちらも一人座りがしっかりできる事が条件です。

浜辺をドライブ「スカットルのスクーター」

マーメイドラグーンは「アンダー・ザ・シー(海底)」の世界と陸上の世界で分かれており「スカットルのスクーター」は陸上の世界のアトラクション。

映画『リトル・マーメイド』に登場するカモメのスカットルのまわりを、ヤドカリ型のライドに乗ってぐるぐるまわっていきます。

レールは上下にグネグネと曲がっており、まるで本物の海上を走っているかのようです。
さらにヤドカリライド自体もくるくる回るため、途中で進行方向がどっちなのかわからなくなっちゃいます。

ひょうきんで愉快なスカットルらしいご機嫌なアトラクション♪

爽快感抜群!「フランダーのフライングフィッシュコースター」

マーメイドラグーン内で唯一のスリル系ライド。
アリエルの親友であるフランダーが連れてきたフライングフィッシュ(トビウオ)に乗り込み、潮だまりの上を爽快に駆け抜けていきます。

ディズニーランドにある「ガジェットのゴーコースター」のイメージに近いです。

スピードはパーク内にある他のスリルライドよりはありませんが、このアトラクションは身長90センチ以上無いと乗れませんのでご注意を。

スピードこそ負けていますが、小型のコースターならではのスリル感があり、面白さは引けを取りませんよ♪

次のページでは『キュートなキャラクターグルメが勢ぞろい♪「セバスチャンのカリプソキッチン」』を掲載!
次のページを読む >>