ディズニーの年パス持っている人はこんな事できます!8選

ディズニーファンならば誰もが憧れる「年パス」。1年中好きな時に遊びに行ける、まさに魔法のパスポート♪今回は年パスの種類や購入方法、年パスを持っているとできること8つをまとめてご紹介していきたいと思います。

【ディズニーおすすめ記事はこちら♪】
これで完璧!ディズニーランドのお土産徹底ガイド
凝縮!全パターン網羅!ディズニーのペアルック30案


ディズニー年間パスポートの種類を紹介

ディズニーの年パスには全部で3つあります。

値段(2017年現在までの価格)と一緒にご紹介しますね。

1.東京ディズニーランド年間パスポート

大人 63,000円

中人 63,000円

小人 41,000円

シニア 53,000円

2.東京ディズニーシー年間パスポート

値段はランドと同額です。

3.2パーク年間パスポート

大人 93,000円

中人 93,000円

小人 60,000円

シニア 79,000円

ランド・シーだけの単体年間パスポート(単パ)では、入場制限がかかっても入園することができるメリットがあります。

ただし企業が貸し切りを行っている日やカウントダウンイベントの日は、年間パスポートを保有していても入園できませんのでご注意を。

2パーク年間パスポートでは、入場制限がかかると入園できなくなってしまいますが、ランド・シーの両パークをいつでも好きな時に行き来することができるメリットがあります。

両パークを楽しみたいのか、入場制限に関係なく入園したいのか、どちらを優先させるのか考えて購入しましょう。

またどちらも手に入れたい場合は、ランド・シーそれぞれの単パを購入する方法も。

コスパは悪いですが、コアなディズニーファンの中には、こうした買い方をするゲストもいますよ。

購入方法は?

年パスを購入できる場所は2つ

・「東京ディズニーリゾート・チケットセンター」(イクスピアリ)

・「イーストゲート・レセプション」(ランド)

電車でパークへ遊びに行く方は、舞浜駅からすぐ近くにある東京ディズニーリゾート・チケットセンターが購入しやすいです。

ランドのエントランス近く(舞浜駅側)にあるイーストゲート・レセプションでもランド・シーの単パスと2パーク年パスが手に入ります。

年パスを購入する上で必要な物は運転免許証、健康保険証、住民票、などの公的な身分証明書。

発行日から1年間有効で更新手続きは、有効期限1ヶ月前から行うことができます。

更新の際には身分証明書は必要ありませんが、書類記載と顔写真の撮影は新規発行の時と同じく必要です。

支払い方法は現金またはクレジットカード。
結構な額ですので、クレジットカードを使ってポイントを貯めるという方も。

その際はカードの限度額を事前にチェックしておきましょう。
家族分まとめて購入するとなるとカードの限度額に到達してしまう可能性があります。

年パスってどのくらいお得なの?

現在大人のワンデーパスポートは7,400円。
そう考えると大人63,000円の年パス(ランド・シー単パス)を購入した場合、9回パークへ遊びに行くと年パスの値段に到達します。

2パーク年間パスポートの場合は、大人93,000円ですので13回遊びに行けば年パスの値段に。

月に平均1~2回遊びに行く方は俄然年パスがお得です。

またお気に入りの季節イベント(ハロウィンやクリスマス)のシーズン中は週に何度も行き、仕事が忙しい月はパークへ遊びに行くのをお休みするなど、月1に縛られず自由に年間スケジュールを決めましょう。

年パス保有者8つのメリット

ここからは年パスを持っていることで、味わえるディズニーの楽しみ方やメリットを8つご紹介していきます。
年パスを持っているとこんな事ができちゃいます♪

1.アトラクション全制覇を目指せる

1日で乗れるアトラクションは限られています。
特に週末や大型連休のパークは激込し、1つか2乗ることができれば良いという日も。

せっかく遊びに来たのだからひとつでも多く乗り物を乗りたいと考え、せかせかして時間を使いがちですよね。

人気アトラクションばかりを狙って乗ろうとすると、遊びに来たのか並びに来たのか、わからなくなってしまいます。

年パスを持っていれば、今日は混んでいるからまた違う日にして、別のアトラクションに乗ろうという考えになります。

いつでも来られると思うと時間にもゆとりができますし、1年間パークへ遊びに行けば全アトラクションが制覇できますよ。

2.思い立ったらすぐに遊びに行ける

パークへ遊びに行くときは一日のスケジュールをしっかり決めて、開園から閉園までフルに遊び尽くしたいところですよね?

そうなると色々と事前準備が必要です。
宿泊はするのか?レンタカーは借りるのか?等々。

年パスを持っていれば、午後からでも夕方からでも、学校・仕事帰りでも行きたい!と思った時にすぐに行けるメリットがあります。

ワンデーパスだと1日遊ばなければもったいないですが、年パスだったらパークの近くに用があった時やお出かけの帰り道にぷらっと立ち寄って遊びに行けちゃいます♪

3.新イベントや季節イベントを目的に遊びに行ける

春はイースター、夏は七夕や夏祭り、秋はハロウィン、冬はクリスマスやアナ雪などディズニーでは季節のイベントがたくさん開催されます。

また季節のイベントの他、開演15周年など特別イベントも定期的に開催され、全国から多くのディズニーファンがパークを訪れます。

イベント初日はやはり一番混み合い、ワンデーパスで入園するとアトラクションも思うように乗れず、レストランや買い物なども大混雑するため、少しほとぼりが冷めてから行こうかなと考えますよね。

年パス保有者はいつでも遊びに来られるので、アトラクションを後回しにしても問題なし。
レストランやトイレもパーク外で済ませれば良いと考えるため、純粋にイベント目的のためだけにパークへ遊びに行けちゃいますよ。

Writer:

はじめまして。神奈川県在住で1歳半の娘を持つ一児の母です。
ディズニーランド・シーには年に1度は行っています。浦安に4年間住んでいた頃には年間パスポートを使い週に5回は遊びに行ってました♪
一番好きなアトラクションは我が子も大好きなイッツアスモールワールド♡パークのお役立ち情報やワクワクする情報をご紹介させて頂ければと思っています。

この記事のカテゴリ

ディズニー

関連記事を見る

ディズニーの記事を見る

夏はディズニーランドで大暴れ♪「ディズニー夏祭り」の見どころや限定グルメ&グッズ紹介
「ディズニー・フェアリーテイル・ウェディング」で夢の挙式を【ホテル・ミラコスタ編】
ディズニーホテルのレストランが魅力的!おすすめ11選ご紹介
夏のディズニーリゾートを楽しく過ごすための6箇条!真夏の日焼け&暑さ対策は万全に!
ディズニーリゾートで人気の花火エンターテイメント「ハピネス・オン・ハイ」の見どころ&おすすめ鑑賞スポットをご紹介
未知の世界へ海底探検!ディズニーシーの大人向けアトラクション「海底2万マイル」の魅力
東京ディズニーランドにある人気アトラクション「キャッスルカルーセル」の魅力
ディズニーリゾートで風流を感じる!「ディズニー七夕デイズ」の魅力と詳細まとめ
【時代背景】ディズニー/劇団四季「ノートルダムの鐘」を観る前に知っておきたいパリの歴史
世界有数の氷上ミュージカルライブ!「ディズニー・オン・アイス」の魅力と基本情報まとめ
ディズニー限定アメニティーが無料でもらえる♪「東京ディズニーリゾート・ディズニーホテル」アメニティーグッズをホテル別にご紹介!
夏こそ子供と行きたいディズニーシー!親子で楽しむ新イベント「ディズニー・パイレーツ・サマー」