ディズニーのモノレール「ディズニーリゾートライン」に乗ろう!

4.こんなところにスノーギース発見♪


ステーションの壁の上をよく見てみると、こんな可愛い装飾が♪

こちらは「アナとエルサのフローズンファンタジー」中に飾られている「スノーギース」。

スノーギースは映画『アナと雪の女王』の続編『アナと雪の女王 エルサのサプライズ』で登場したミニ雪だるまのキャラクター。

その愛くるしいビジュアルで今人気を集めています。

5.エントランスは絶好のフォトロケーション


「リゾートゲートウェイ・ステーション」のエントランスには、その時期に開催しているイベントの装飾がなされており、フォトスポットとして人気です。

パークとはまた違うフォトロケーションでぜひ記念の1枚を♪

4つのステーション紹介


ここからは4つのステーションをご紹介していきます。
それぞれ違った趣のステーションですので、ひとつひとつ巡っていくのも面白そうです。

1.リゾートゲートウェイ・ステーション


JR舞浜駅から一番近い駅。
電車でパークへ遊びに行く際は、こちらのステーションを利用することが一番多いかと思います。

大型商業施設の「イクスピアリ」に隣接しており、パークの行き帰りに食事や買い物で利用するにも便利ですよ。

またディズニーブランドホテルのひとつ「アンバサダー・ホテル」の最寄り駅でもあります。

このステーションに車庫があり、ここが始発・最終の駅となっています。

2.東京ディズニーランド・ステーション


東京ディズニーランドとディズニーブランドホテル「ディズニーランド・ホテル」の最寄り駅です。

外観がとてもお洒落な駅で、この前で写真を撮るゲストも多く、フォトスポットとして人気があります。

「リゾートゲートウェイ・ステーション」から出発すると1つ目の駅がこの駅になるのですが、舞浜駅からランドへは徒歩でもすぐに行ける距離なので、ここの駅はシーへ向かう時やオフィシャルホテルへ向かうために利用するゲストが多いです。

2パーク年パスの保有者は、ランドからシーへ行き来する際にこのステーションを利用しています。

3.ベイサイド・ステーション


ディズニーオフィシャルホテルである「サンルートプラザ東京」「ヒルトン東京ベイ」「シェラトン・グランデ・トーキョーベイ」「東京ベイ舞浜ホテル」「京ベイ舞浜ホテルクラブリゾート」「ホテルオークラ東京ベイ」の6つのホテルへ宿泊する際にはこちらの駅で降ります。

駅には各ホテルへ向かうシャトルバスの案内が記されていますので、スムーズにホテルへ移動することができますよ。

4.東京ディズニーシー・ステーション


東京ディズニーシーとディズニーブランドホテル「ホテル・ミラコスタ」の最寄り駅です。

ランドに比べてパークとステーションの距離がかなり近く、ホームからシーのシンボルである「アクアスフィア」が目の前に広がります。

またホームからはディズニーシーの園内まで眺めることができ、早朝に行くとパーク開園前の様子をここから覗くことができちゃいます。

remi

Writer:

はじめまして。神奈川県在住で1歳半の娘を持つ一児の母です。 ディズニーランド・シーには年に1度は行っています。浦安に4年間住んでいた頃には年間パスポートを使い週に5回は遊びに行ってました♪ 一番好きなアトラクションは我が子も大好きなイッツアスモールワールド♡パークのお役立ち情報やワクワクする情報をご紹介させて頂ければと思っています。

この記事のカテゴリ

ディズニー

関連記事を見る

ディズニーの記事を見る

夏はディズニーランドで大暴れ♪「ディズニー夏祭り」の見どころや限定グルメ&グッズ紹介
「ディズニー・フェアリーテイル・ウェディング」で夢の挙式を【ホテル・ミラコスタ編】
ディズニーホテルのレストランが魅力的!おすすめ11選ご紹介
夏のディズニーリゾートを楽しく過ごすための6箇条!真夏の日焼け&暑さ対策は万全に!
ディズニーリゾートで人気の花火エンターテイメント「ハピネス・オン・ハイ」の見どころ&おすすめ鑑賞スポットをご紹介
未知の世界へ海底探検!ディズニーシーの大人向けアトラクション「海底2万マイル」の魅力
東京ディズニーランドにある人気アトラクション「キャッスルカルーセル」の魅力
ディズニーリゾートで風流を感じる!「ディズニー七夕デイズ」の魅力と詳細まとめ
【時代背景】ディズニー/劇団四季「ノートルダムの鐘」を観る前に知っておきたいパリの歴史
世界有数の氷上ミュージカルライブ!「ディズニー・オン・アイス」の魅力と基本情報まとめ
ディズニー限定アメニティーが無料でもらえる♪「東京ディズニーリゾート・ディズニーホテル」アメニティーグッズをホテル別にご紹介!
夏こそ子供と行きたいディズニーシー!親子で楽しむ新イベント「ディズニー・パイレーツ・サマー」