ディズニーランドでは日没時間に気を付けよう!早めに行きたいアトラクション・レストラン

ディズニーリゾートには、日没とともにクローズしてしまうアトラクションがあることをご存知ですか?日中は人気アトラクションやグルメ、お土産など、他にもたくさん気になることがたくさんありますよね。ですが、日没でクローズしてしまうアトラクションも実は楽しいものばかりなんです。

知っているともっともっとディズニーリゾートを楽しめるようになりますので、今まで見逃していたアトラクションをここで一緒に勉強していきましょう。

【ディズニーおすすめ記事はこちら♪】
これで完璧!ディズニーランドのお土産徹底ガイド
凝縮!全パターン網羅!ディズニーのペアルック30案

なぜ日没でクローズしてしまうの?

ディズニーリゾートでは、メンテナンスや改装などでクローズすることはご存知の方が多いですね。
ですが、日没とともにクローズするアトラクションがあります。

次でその謎をご紹介しますね。

暗くなると危ないから

アトラクションの中には、水の上を移動するタイプのアトラクションもありますね。
その場合のアトラクションの中には、暗くなると運営が危ないという理由でクローズするアトラクションがあります。

周囲に照明がないので、暗くなると完全にクローズしてしまうのです。
そのため、「乗り忘れちゃった!」となっても、次に乗れるのは次に来た時までお預けとなってしまいます。

ですので、他のアトラクションも気になりますが、ぜひ日没でクローズのアトラクションも時間を上手に使って楽しみましょう。

日没で完全にクローズするアトラクションをご紹介します。

実際のアトラクションの知っておこう!

ではでは実際にどのアトラクションが日没クローズに該当するのかを見てみましょう。

蒸気船マークトウェイン号

ビッグサンダーマウンテンに向かう時に見えてくるこちらのアトラクション。
大きな蒸気船に乗って、パークを上から眺めることができる、少しリッチな体験ができます。

小さなお子様はもちろんのこと、大人の方も楽しめるのは、船の中を移動できるから。
全部で3階建てになっているので、いろいろな目線で楽しめるのが癖になるんですよね。

ですが、暗くなるとその移動も危なくなりますし、ゲストの方の安全を考慮して、日没とともにクローズしてしまいます。
船が乗り場についているので運営しているのかと思いがちですが、入り口にはしっかりと「クローズ」の内容が貼ってあります。
時間でいうと、おおよそ21時にはクローズしていますね。

乗るなら日中の時間を逃さないようにしましょう。







ビーバーブラザーズのカヌー探検

アトラクションの名前からも分かるように、夜にカヌーを漕ぐのは危ないですね。
乗り場に照明がないので、必然的に日没とともにクローズします。
時間でいうと、おおよそ16時にクローズしていることがほとんど。

日没でクローズするのは変わりないですが、強風でもクローズすることがありますので、その日の天候で運営しているかを確認する必要があります。

トムソーヤ島いかだ

トムソーヤ島に向かういかだは、いかだというだけあって、乗り物い柵こそあるものの、暗くなると周囲がほとんど見えなくなってしまいます。
さらにいかだで移動できるトムソーヤ島も、暗くなると足場が見えにくくなって危ないんです。

そのため、日没とともにクローズします。
それに伴い、トムソーヤ島にあるお店も日没でクローズしますので、探検家の気分を味わいたいときは、日が落ちる前に行ってみましょう。

スイスファミリー・ツリーハウス

ジャングルクルーズの向かいにあるアトラクション。
「どこ?」と思っているあなた、きっと気が付かないうちに通っているはず!

高い木の入り口にはしっかりキャストさんが私たちを出迎えてくれて、自分で歩いて楽しむ体験型のアトラクション。
夏は日陰にもなることと、ゲストの方が少ないので、穴場的なアトラクションとして知られています。

体験型のアトラクションで、自分で歩くタイプなので、暗くなるとやはり足元が見えにくくなるので危険!ということで、19時にはクローズします。
大きな看板があるわけではないのでどうしても見逃しやすいアトラクションですが、1度は行ってみたいスポットです。

次のページでは『日没以外でクローズする場合がある』を掲載!
次のページを読む >>