ディズニーシーの人気アトラクション「インディ・ジョーンズ」の魅力

ディズニーシーで人気の「インディ・ジョーンズ」は、ハラハラドキドキが止まらないスリリングなアトラクション!ジャングルの奥地にたたずむ、謎に包まれた神秘の神殿で巻き起こるクリスタルスカルの呪い。映画さながらの迫力に大興奮すること間違い無し。今回はその魅力について余すところなく、ご紹介していきます。

【ディズニーおすすめ記事はこちら♪】
これで完璧!ディズニーランドのお土産徹底ガイド
凝縮!全パターン網羅!ディズニーのペアルック30案
  • style="display:inline-block;width:336px;height:280px" data-ad-client="ca-pub-1386733479651016" data-ad-slot="6199981080">

どんなアトラクションなの?


ディズニーシーの奥地にある「ロストリバーデルタ」は、19世紀の古代文明遺跡の発掘現場をモチーフにしています。

こちらのテーマポートにある人気アトラクション「インディ・ジョーンズ®・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮」は、映画『インディ・ジョーンズ・アドベンチャー』シリーズをモチーフにしたスリル系のライドアトラクションです。

大型ジープ(車型のライド)に乗り込み、映画さながらのアドベンチャーを体感できる、ハラハラドキドキ系の乗り物。

コースタータイプのジェットコースターとは違い、激しい動きで左右に揺さぶられ、実際の車で冒険しているかのようなイメージ。

舞台は神秘に満ちあふれた謎の神殿。
遺跡マニアにはたまらないアトラクションですよ♪

様々な特殊効果や最新技術を駆使した演出で、映画を観たことが無い人でも、充分楽しむことができます。

1度体験したら何度も乗りたくなる、不思議な魅力があるアトラクションです。

バックグラウンドストーリー


ディズニーシーのアトラクションには、様々なバックグラウンドストーリーが存在し、知ればより一層深いところで味わうことができます。

ここからはインディ・ジョーンズのバックグラウンドストーリーをご紹介!

インディ博士の助手である「パコ」という男が、博士の調査している謎に満ちた魔宮で、探検ツアーを勝手に開催してしまいます。

この魔宮のどこかにある「若さの泉」を求め、ゲスト達は探検していくというツアー内容。

ところが、神殿を守っている「クリスタルスカル」の怒りに触れ、ゲスト達に次々と罠や災いが降りかかることに。

途中、調査をしていたインディ博士にも遭遇します。
果たしてゲスト達はこの呪われた魔宮から、無事に脱出することができるのか!

ちなみにこのストーリーは、並んでいる途中で聞くことができます。
しばらくキューライン(待ち列)を進んでいくと、テレビモニターが現れ、パコ本人が説明をしてくれていますよ。

またアトラクションに登場するシーンは『レイダース 失われたアーク≪聖櫃≫』と『インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説』の2作に含まれています。

ぜひアトラクションに乗る前にこちらも観てみてくださいね♪

絶叫マシーンが苦手でも乗れる?恐怖レベル


ディズニーシーには「センター・オブ・ジ・アース」や「タワー・オブ・テラー」、「レイジングスピリッツ」など様々なタイプのスリル系ライドアトラクションが存在します。

インディ・ジョーンズも一応スリル系ライドの部類に入るのですが、恐怖レベルで言うと他のアトラクションよりも低いです。

5段階で表すと

・センター・オブ・ジ・アース「5」

・タワー・オブ・テラー「5」

・レイジングスピリッツ「3」

・インディ・ジョーンズ「2」

恐怖の感じ方は人それぞれ違うので、一概には言えませんが、一般的にはこのような具合になります。

スリル系ライドの鉄板とも言える「落下する」「垂直落下する」「1回転」が恐怖レベルを上げる大きなポイントではないでしょうか。

その点においてインディ・ジョーンズは、この鉄板コースから少し離れていると言えます。

「少し」と言うのは、コースターアトラクションまではいかなくても、多少なりともスリルを感じるポイントが存在するからです。

インディ・ジョーンズには「落ちる」瞬間が1度だけあります。

しかし「センター・オブ・ジ・アース」や「スプラッシュ・マウンテン」のラストの落下レベルではありません。

ふわっとした感覚は味わうことになりますが、傾斜角度は低く、感じている時間もかなり短いです。

そのため、絶叫マシーンが苦手な方でもこれなら大丈夫という人が多く、お子さんのスリル系ライドのデビューにもおすすめ。

ここで注意して頂きたいのは「落ちる」ポイントは1度だけですが、常に激しく「横揺れ」する状態になりますので、乗り物酔いをしやすい方は気をつけて乗りましょう。

ちなみに落下ポイントはインディ博士が2度目に登場する場面。
岩がゲストに向かって迫ってくるシーンの直後に落下しますよ。

また撮影ポイントもこの場所になります。
カメラの位置は左側になりますのでカメラ目線にしたい場合は、左の方に顔を向けてください。

意外にスピードはゆっくり?インディ・ジョーンズの最高速度


実はインディ・ジョーンズの最高速度は、他のスリル系ライドのアトラクションに比べて、かなり遅いです。

インディ・ジョーンズの最高速度は24 km/h。

他のアトラクションと比較すると

・センター・オブ・ジ・アース 75km/h

・レイジングスピリッツ 60km/h

・フランダーのフライングフィッシュコースター 32 km/h

こんな感じです。

センター・オブ・ジ・アースの約3分の一のスピードしかありません。
さらにフランダーのフライングフィッシュコースターよりも遅いのは意外だったのでは?

風や音、光など様々な演出で実際のスピードよりも、速く感じるように計算されているのです。

そう考えると普段走らせている乗用車よりも遅いことになり、恐怖が和らいで、爽快感すら感じることができるのではないでしょうか。

待ち時間はどのくらい?


ディズニーシーの人気アトラクションの中でも指折りのインディ・ジョーンズ。
もちろんファストパス対象アトラクションです。

入場制限レベルの時にはスタンバイで120分~200分待ち。
ファストパスもお昼に発券が終了してしまうほど。

平日でも60~120分待ちになることがしばしば。
朝一か閉園間近になると10~20分待ちになることもありますよ。

休日は早めにファストパスをゲットし、平日はスタンバイなら開園・閉園の直後・直前に並ぶのが良いでしょう。

何歳から乗れるの?身長制限はある?


インディ・ジョーンズには、年齢制限はありませんが身長制限はあります。

身長117センチ未満のお子さんは乗ることができません。

117センチの平均年齢は、男女共に6歳~7歳。

小学校に入ってから、ようやくチャレンジできるというイメージですね。

小学校低学年で楽しめる子もいれば、まだ怖い子も。
お子さんにもよりますが、小学校3年生~4年生でデビューするのが好ましいかもしれませんね。

おすすめの席は最前列


インディ・ジョーンズのライドは1台につき、12人まで乗ることができます。
1列につき4人まで座ることができ、全部で3列あります。

おすすめはやはり最前列!

ジープ型のライドのため、一番前の席にはハンドルが設置されているのです。
もちろん操作することはできないただの飾り物ですが、自分が運転している気分を味わうことができ、雰囲気抜群♪

さらに前の人の頭が視界に入ることもないため、臨場感も増します。

一番前の席を希望する場合はキャストに頼みましょう。
1回見送って次のライドで最前列に座らせてくれますよ。

「若さの泉」を見つけてみよう!


「若さの泉」を手に入れるべく、探検ツアーに向かったゲスト達。
結局「若さの泉」ってどこにあるの?そんな疑問を抱く方も多いかと思います。

「若さの泉」は、アトラクションが始まってすぐ登場します。

スタートしてまず現れるのが、光り輝くガイコツ「クリスタルスカル」。
そのクリスタルスカルが登場した直後、ライドは右へ進むのでその時に右奥にご注目。

ゆらゆらと揺れる水面が光に反射して、壁が青く光っています。
実はこちらがその「若さの泉」だったのです。

実物を見ることはできず、泉が光に反射して壁に映っている姿しか確認できません。
あえて実物ではなく、光で反射させて見せるという演出が粋ですよね。

ぜひ次回乗った時に見つけてみてくださいね♪

ライドする度に新鮮!毎回セリフが変わる?


インディ・ジョーンズで耳にする様々なセリフ。
実は何度乗っても楽しめるよう、セリフには複数のパターンがあります。

複数パターンが存在するシーンはこちら。

・インディ博士初登場シーン

・白いスモークを吐き出す石像登場シーン

・岩がゲスト達に迫って来るシーン(インディ博士2度目の登場)

・ラストのシーン(インディ博士3度目の登場)

どのようなセリフがあるのか、ぜひチェックしてみてください。

インディ博士に会える!?グリーティング情報


ディズニーシーでは不定期に実施される「フリーグリーティング」というものがあります。

予告無しでいつ開催されるかわからないフリグリ。
グリーティングスポットに行けば必ず会える、というわけではないので、出会えた時の嬉しさは2倍。

実はインディ博士も「ロストリバーデルタ」に出現してくれます!

腰には発掘に使用する道具がかけられ、肩には味のあるショルダーバッグ。
探検家らしい装いがとても格好良く、ピシっときまったジャケット姿に女性達はメロメロ♡

また同じエリアにあるレストラン「ユカタン・ベースキャンプ・グリル」で食事をしていると、インディ博士が話しかけてくれることも!?

最高にエキサイティングな時間

ディズニーシーのオープン以来、熱烈なファンが多い「インディ・ジョーンズ」。
パークへ遊びに来たら絶対欠かせないというゲストも。
映画でおなじみのあの名曲をBGMに、ジープで神殿を爽快に駆け巡ります。
冒険や伝説が大好きな方に一押しのアトラクションです。
ぜひみんなで一緒にエキサイティングな冒険の旅へ出かけてみませんか?
photo by PIXTA , iStock and so on.

remi

Writer:

はじめまして。神奈川県在住で1歳半の娘を持つ一児の母です。 ディズニーランド・シーには年に1度は行っています。浦安に4年間住んでいた頃には年間パスポートを使い週に5回は遊びに行ってました♪ 一番好きなアトラクションは我が子も大好きなイッツアスモールワールド♡パークのお役立ち情報やワクワクする情報をご紹介させて頂ければと思っています。

この記事のカテゴリ

ディズニー

ディズニーの記事を見る

2歳児の子連れディズニーランドならこう楽しもう!おすすめアトラクションや過ごし方
計画的に行こう♪ディズニーの年間イベントをチェックする方法と、チェックするポイント
ディズニーの混雑予想ができる便利なサイト・アプリまとめ
東京ディズニーシーの大人も楽しめる「ショー」まとめ
ディズニー発着の夜行バスを利用しよう
東京ディズニーランドにある「カントリーベア・シアター」の魅力
ディズニーキャラクターに会えるパーク内の場所や裏技6選
水上散歩を堪能!ディズニーシーのアクアトピアの魅力
ディズニーのキャストにはテーマがあった!?知っておきたい秘密
【スイーツならこれ】ディズニーランドのお土産にお菓子を買おう!キュートなパッケージのものをご紹介!
全員で協力プレイ!東京ディズニーランドにある「グーフィーのペイント&プレイハウス」
東京ディズニーランドの「ペニーアーケード」がとってもお得

関連記事を見る