ディズニーシーのタートルトークの話術、その魅力

東京ディズニーリゾートには、「タートルトーク」というアトラクションがあります。実はこのアトラクションは、カメのクラッシュとお話ができるアトラクションということで、とっても楽しめるんですよ。

ですが、「仕組みはどうなっているの?」「どんな質問をしたらいいの?」そんな疑問を一気に解決します。知っているようで知らなかったタートルトークの魅力に迫ります。

【ディズニーおすすめ記事はこちら♪】
これで完璧!ディズニーランドのお土産徹底ガイド
凝縮!全パターン網羅!ディズニーのペアルック30案

タートルトークの魅力に迫ろう!

「タートルトーク」ってどんなアトラクション?

「タートルトーク」はディズニーシーのアメリカンウォーターフロントにあるアトラクション。

映画「ファインディング・ニモ」に登場するウミガメのクラッシュと会話ができる、新しいシアタータイプのアトラクションとして、2009年10月にできました。

ゲストと直接お話をすることができるので、毎回違った体験ができるのがリピーターを呼んでいます、最近はかなり人気のアトラクションになっていますので、待ち時間も長くなりがち。

オープン当時、私もすぐに入りましたが、どうしてこんなに話ができるのか不思議でおもしろくて、今でも何度行っても内容が違うので、いつでも楽しめます。

小さい子でも楽しめるわけとは…

タートルトークでは、1番前の席が小さいなお子様限定の席になっています。
つまり、カメのクラッシュに最も近い位置でお話することができます。

ですが、クラッシュに指名してもらえないとお話することができません。
さて、どうしたら指名されるのか気になってきませんか?

次にクラッシュに指名されやすくなるポイントをまとめてみましたので、ぜひチェックしてくださいね。

クラッシュに指名されやすくなるポイント







特徴的な服装で注目を集めよう

これなら指名されやすいかもというポイントをお伝えします。
必ず指名されるというお約束はできませんので、ご了承ください。

まずは「特徴的な格好をする」こと。

他の人と違うちょっと派手なスタイルということではなく、例えば「帽子」や、「メガネ」などの小物、目立つ色の服装をしていると指名されやすい傾向があります。

カチューシャは後ろのゲストの方の視界に入ってしまうので、シアター内に入ったら外すようにしてくださいね。

クラッシュは、ゲストを選ぶときや、会話をする時に、服装の特徴を、海の生物などに例える事があります。

例を挙げると…白い帽子をかぶっていると、「頭にホタテを乗せている」や、マフラーを巻いている人には「そこで白いワカメを首に巻いている人」という表現をします。

通路側に座ろう!

もう1つの方法として、「通路の端」や、「座席ブロックの外周」に座るのもチャンスが増えます。

これはアトラクションの特製上、クラッシュに指名されたゲストに、キャストさんがマイクを向けます。

その時に座席の中央付近になると、キャストさんが入りにくくなることと、他のゲストの方の視界に入ってしますという理由から、中央のゲストには指名がいかないことも多いです。

早く席につこう

次におすすめの方法は、シアターに入ったら、早く座席を決めて席につきましょう。

「なんで早く席に着かないといけないの?」と思っている方いますよね。
これは私と一緒に行った友人が指名されたときの話ですが、早く席について「疲れた~」と言っていて、他のゲストの方よりはるかに早く席についたことがあります。

その時、指名されたのはなんとトップバッター。
クラッシュは、ゲストが海底展望室に入ってから、指名するゲストを「探している」かもしれないなと感じました。

本人はそのつもりはなかったようですが、早めに席について、自分の姿を見やすくしておくことで、選ばれる可能性が少し高くなるかもしれませんよ。

これらは確実な方法ではありませんが、少しは選ばれる可能性が高くなるかも…?

もちろん、クラッシュに選ばれなくても、十分楽しめるアトラクションですので、愉快なクラッシュの会話を楽しんでくださいね。

次のページでは『ちょっと待って!タートルトークに向かう時に気を付けたいこと』を掲載!
次のページを読む >>