ディズニーシー開園時間は変化する?開園時間のパターンとチェック方法

ディズニーシーのパークの開園時間は、時期などで変わることをご存知でしょうか?実はいくつかパターンがあって、閉園時間も前倒しになることもあります。

知らないでパークに行ってしまうと「今日は遊べる時間が短かった!」なんてことになりかねません。長い時間遊びたいときや、混雑回避のポイントにもなる開園時間。ポイントを抑える方法をご紹介します。

【ディズニーおすすめ記事はこちら♪】
これで完璧!ディズニーランドのお土産徹底ガイド
凝縮!全パターン網羅!ディズニーのペアルック30案

パークの開園時間が異なる理由って?

閑散期の調整のため

たくさんのゲストでにぎわっている東京ディズニーシーですが、やはり閑散期というものが存在します。
聞いたことのある方もいるかもしれませんが、お正月明けから2月にかけては閉園時間が早くなります。

閑散期になる理由としては、お正月などの連休の反動・受験シーズンで学生さんの足が遠のく・季節柄ゲストが訪れにくくなるなどがあります。

通常であれば8時から22時や、9時から22時というような時間で開園していますが、閑散期には10時から19時や、10時から20時などというように、普段に比べてかなり短くなっています。

私もあやうく間違えそうになったことがありますが、開園時間が短くなっている日に普段と同じと思って行くと、悲しい思いをすることになりますので、事前に確認しておく必要があります。

企業などへの貸し切り

実はディズニーシー(ランドも含む)は、スポンサー企業へのパーク貸し切りも行っています。
その日は早くに一般のゲストの時間を短くして、閉園した後に企業への貸し切りを行います。

スポンサー企業って一体何?と思いますよね。
ディズニーリゾートのアトラクションやパレード、そしてレストランは、それぞれ企業がスポンサーになっています。

その企業への貸し切りということになります。
いつもパークを支えいている企業へのホスピタリティーも忘れないディズニーはさすがの一言です。

キャストさんに貸切るため

実は貸し切りにはもう1つ種類があって、キャストさんにパークを貸し切りにするイベントもあります。
ゲスト目線で学習することや、キャストさんへの福利厚生として実施されています。

となると、アトラクションを動かすのは誰?と思いますよね。
アトラクションを動かすのは社員さんや上層部の方なんです。

夜の7時くらいから貸し切りになるので、この日はパークが閉園するのは18時くらいになってきます。
18時に閉園するときが必ずしもそうとは限りませんが、このようなイベントのため早くにパークが閉園することもあります。







イベントを行うため

こちらもスポンサー関係のものです。
きっとどこかで見たことがある「商品を買ってポイントを貯めて応募する」。
きっと応募したことのある方もいると思います。

このイベントのために早くにクローズすることもあります。
やはりパークを支えているスポンサーのイベントですので、パークも全面協力します。

私も何回も応募していますが、なかなか当たりません…。
ぜひ行ってみたいと思う方、多いですよね。

開園時間は何で確認すればいいの?

オフィシャルサイトが確実で正確★

東京ディズニーリゾートオフィシャルサイトで確認するのがベスト。
正しくて確実な情報が載っていますし、万が一不測の事態でパークの営業時間に変更が生じた場合、タイムリーに更新されるからです

オフィシャルサイトでは数か月先まで開園時間を確認することができますので、先の予定を立てるときもわかりやすくなています。

次のページでは『開園時間のパターンを知ろう!』を掲載!
次のページを読む >>