【無料送迎バスあり】ディズニーランドの近くの浦安ブライトンホテル東京ベイの魅力

浦安ブライトンホテル東京ベイは1993年7月開業の、パートナーホテルで最も歴史のあるのホテル。お値段を抑えつつ豪華な雰囲気の中に身を置くことができますので、もしホテル探しをしている方にはぜひ見て欲しい内容になっています。

ここでは、そんな浦安ブライトンホテル東京ベイの魅力を紹介します。最後までしっかりチェックしてくださいね。きっと新しい発見があること間違いなし!お部屋だけでなく、レストランの情報も要チェック☆

【ディズニーおすすめ記事はこちら♪】
これで完璧!ディズニーランドのお土産徹底ガイド
凝縮!全パターン網羅!ディズニーのペアルック30案

雰囲気が知りたい!

ホテルの中の雰囲気は、間接照明などを使っていて、館内は落ち着いた大人の雰囲気が漂っています。
2層吹き抜けのアトリウムの中にあるロビーは、天井から優しい自然の光が降り注いでいます。

心からくつろげそうな空間になっていますね。

ピアノの演奏が私たちを出迎えてくれて、優雅な雰囲気のロビーラウンジ。
ウエイトレスさんが注いでくれる、茶葉が紅茶が人気です。

日本紅茶協会から「おいしい紅茶の店」に選ばれています。
ゆったりとしたソファー椅子に座ってオリジナルデザートや軽食を楽しむことができます。

建物は分かりやすいの?

建物はとっても分かりやすい構造をしていて、半円柱というユニークな造りになっています。
22階の高層ホテルになっています。

客室数はパートナーホテルで最も少ない189室となっています。
参考までに次に部屋数の少ないホテルは、ホテルエミオン東京ベイなんですよ。

ちょっとしたディズニー知識自慢になりますよ。

どんなときにおすすめ?

ディズニーリゾートで楽しんだ後の夢のひとときをそのままに…そんな時にぴったり。
家族連れでもカップルでもくつろぐことができるので、さまざまなニーズに対応することができます。

2日間ディズニーを楽しまなくても、初日にディズニーを楽しんで、2日目に東京観光するというようなプランで回るときにもおすすめですよ。

ホテルまでのアクセス方法

電車でも車でも向かいやすい位置にあるので、アクセスは抜群です。

「電車でお越しの場合」

JR新浦安駅から直結で1分!

JR京葉線・武蔵野線の新浦安駅から直結なので、迷うことなく行けることが特徴でもあります。

「お車でお越しの場合」

首都高速湾岸線 「浦安ランプ」より約4分。

駐車場は155台完備していますので、ゆったりと止めることができます。

「浦安駅からのアクセス方法」

東京ベイシティ交通バスの2系統(舞浜駅行き)で「新浦安駅北口」で下車してください。

東京ベイシティ交通バスの3系統(総合公園行き)で「新浦安駅で下車しましょう。

新浦安駅から直結しているので、雨に濡れずに行けるところはとってもメリットを感じますね。







パークからの直通バスが無料!

浦安ブライトンホテルの魅力の1つに、パークからの直通バスが無料で出ているところにあります。

東京ディズニーリゾート・パートナーホテルと東京ディズニーランド、東京ディズニーシー両パークのバスターミナルを結ぶシャトルバスを無料で利用することができます。

東京ディズニーリゾートまでは、バスに乗って約15分。
帰りは疲れているので直通バスはとってもありがたいサービス。
パークへのアクセスがとっても便利★

バスはどれくらいの頻度で出ているの?

「バスが無料で出ているのは分かったけれど、どれくらいの時間で出ているの?」そんな疑問を一気に解消しましょう。

2017年5月現在の時刻表はこちら。
パークへの人の往来が激しくなる時間帯(開園前後)は、1時間に3本出ていますので、1本乗り過ごしても安心。

パークに早く着くためには、乗り遅れはしたくないところではありますね。

閉園近くなると本数がかなり減ってしまいます。
乗り遅れるとそれこそ大変なことになるので、時間をしっかり確認しましょう。

私の友人で、遊びに夢中になっていたら乗り遅れて電車で向かったという話を聞きました。
とても残念だったということと、バスで寝たかった…と嘆いていましたよ。

カップル向けの客室はこちら!

次のページでは『上層階のゲストルーム 「The Upper 12 ~View Bed~」』を掲載!
次のページを読む >>