ディズニーランドでゲストが参加できるショープログラム「アトモスフィア」の魅力

「アトモスフィア」という言葉をご存じですか?ディズニーランドには素敵なショーが数多くありますが、その中でもゲストと距離が近く、一緒に参加できるプログラムの事をパークではアトモスフィアと呼んでいます。個性豊かなパフォーマー達が繰り広げる、多彩なショーの魅力をこれからたっぷりお伝えしていきます。

【ディズニーおすすめ記事はこちら♪】
これで完璧!ディズニーランドのお土産徹底ガイド
凝縮!全パターン網羅!ディズニーのペアルック30案

「アトモスフィア」とは?

ショーステージで公演されるショーやパレードとは違い、パーク内の至るところで公演される、言わば「路上ライブ」のショーバージョン。

ディズニーの公式HPやパーク内でもらえるガイドブックにも公演日時や時間は記載しておらず、突如始まるショーエンターテイメントとして多くのゲストから人気があります。

ディズニーファンの間では「アトモス」と略されることも。
アトモスフィアはもともと英語の「atmosphere」からきており、直訳すと「雰囲気」となります。

その場の空気や雰囲気を盛り上げるという意味合いで、こちらのエンターテイメントに「アトモスフィア」と名付けられたと考えられますね。

「アトモスフィア」の魅力とは?

アトモスの魅力は何と言っても「ライブ感」!

通常のショーと比べ、パフォーマーとゲストとの距離が近く、さらにゲストがショーに参加する場面もあり、一体感が生まれライブ感が楽しめます。

バンドやサックスなど演奏を中心としたオーソドックスなアトモスから、キャラクターが途中から登場してくるアトモスまで、バラエティに富んだエンターテイメントが展開されています。

また、イースターやハロウィンなど季節のイベントに合わせたコスチュームが楽しめるのも魅力のひとつ。

予告が無いのでどのショーがいつ公演されるかわからないという事と、天候によって中止になる場合もあり、パーク内で遭遇できた時はラッキーです♪

個性豊かな13種類のアトモスフィアをご紹介!

ここからは、各テーマランドで開催される13種類のアトモスをそれぞれご紹介していきます。
テーマランドに合わせた魅力溢れる多彩なショーが盛りだくさん♪

1.東京ディズニーランドバンド

「ワールドバザール」で開催されるブラスバンドのショーで、立ったまま演奏を披露してくれるランドで王道のアトモス。

「ミッキーマウス・マーチ」をはじめとする定番のディズニーソングを約20分間演奏してくれます。

エントランスでこちらのアトモスに出会ったら、これからパークで遊ぶぞ!というゲスト達のテンションがさらに上がる事間違いありません。

一日の始まりを飾るにふさわしいアトモスです。







2.サックス・フォー

4人組のグループで演奏を披露してくれるブラスバンド。
こちらも「ワールドバザール」にて公演しています。

普段はワールドバザールを守っている消防士。
練習を重ねサックスを手に今日もゲスト達に最高の生演奏をプレゼントしています。

息の合わせ方から楽器の持ち替えまで、その腕はもはやプロ並み。
普段は消防士ということが信じられませんよ。

3.バイシクルピアノ

ピアノを弾きながら「ワールドバザール」を三輪自転車に乗ってまわるミュージシャンの姿を一度は目にした事があるのでは?

こちらは10年以上続く昔ながらの人気アトモス。

明るくて陽気なミュージシャンが軽快にピアノの生演奏を披露。
ゲスト達とのコミュニケーションも多く、小さなお子さん連れにもおすすめのアトモスです。

4.ジャングリズム

2017年4月からスタートした新しいアトモスが「アドベンチャーランド」に登場!

モンキーの衣装に身を包んだ3人のパフォーマー達が、ジャングルらしいリズミカルな音楽を披露してくれます。

力強く打楽器を演奏する姿にゲスト達は心打たれます。
手拍子やダンスなどゲスト達が一緒になって参加するシーンもあり、ノリノリなダンシングリズムが大好きな方に打ってつけのアトモス♪

ショーの終盤にはアドベンチャーランドでおなじみのあのキャラクターも登場します。
お楽しみに!

次のページでは『5.パイレーツ・ブラス』を掲載!
次のページを読む >>